【阪神大賞典2022】最終追い切り後の追い切り考察

当記事では阪神大賞典2022出走予定馬の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切り含む中間全体の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り後の追い切り考察

アイアンバローズ
最終前:3ヶ月 A
最終:栗CW 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込み十分ですし、久々でも順調に仕上がりは進んでいるイメージです。ただ、個人的にはまだ奥のある馬だと思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、そう大きく変わってきたという印象はないものの、乗り込み本数は豊富ですし、休み明けでもそれなりの出来にはあるとみています。ただ、まだ良い時との比較では見劣るかなというイメージもありますので、その中でどういった走りが出来るのか注目です。
アドマイヤアルバ
最終前:中3週 A
最終:美南W 良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、追い切りは動くタイプですので、その点を考慮するといくらか物足りないかなという印象です。個人的にはまだ良くなってきても良い段階にあるとみていますし、良い時との比較でも見劣りするのが現状ですので、あともうひと追いでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、1週前追い切りでしっかりと追われたことにより、グンと良くなってきたと思いますし、上昇気配を感じます。近走はさっぱりですが、状態は近走の中では1番良いくらいにも感じていますので、穴で面白い存在と化しても不思議はないかなとみています。
キングオブドラゴン
最終前:中1週 F
最終:栗坂 良 併せ遅れ 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中1週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、中1週と間隔は詰まるものの、上積みは感じていますし、坂路でこの馬なりに良く動いてきたと思います。戦績を見てもわかるように、充実期に入ってきたかなという感じで、馬の具合は引き続き良いと思っていますので、重賞でも楽しみがあって良い1頭なのかなとみています。
ゴースト
最終前:中3週 B
最終:栗坂 良 併せ先着 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、追い切りはかなり動くタイプですので、その点を考慮するといくらか物足りないかなという印象です。個人的にはまだ良くなってきても良い段階にあるとみていますし、前走時の方がまだ良かったかなと思うのが現状ですので、あともうひと追いでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、坂路でまずまず良い内容をこなしてきました。ただ、普段はウッドチップコースをメインに使用してくる馬でして、それにより坂路でのサンプルは少なくなっていますので、この内容を過剰に評価するのは禁物かなと個人的には思っています。また、全体の仕上がり具合を見ても、絶好時との比較では一枚落ちるイメージですので、その中でどういった走りが出来るのか注目です。
サンアップルトン
最終前:9ヶ月 B
最終:美南W 良 併せ同入 一杯 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、久々も併用で乗り込み十分ですし、仕上がりは少しずつ進んでいるとみています。ただ、まだ良化の余地だらけだと思いますし、まずは1度使ってからという感じもしていますので、一先ずあともうひと追いによる上昇度合いは確認したいです。その最終追い切りですが、しっかりと追われて動きは少しずつ良化してきているものの、まだ本調子にはないかなという印象です。個人的にはまだ良化の余地を残している段階にあるとみていますし、9ヶ月の休養明けということで多少のブランクは感じさせますので、現状でどれだけやれるのか注目です。
シルヴァーソニック
最終前:2ヶ月半 A
最終:栗CW 良 併せ同入 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込み十分ですし、前走の出来は保てていると感じます。ただ、良い時との比較ではまだ見劣りするイメージですし、もっと良くなってきて良い馬かなと思っていますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、大きく変わってきたという印象はないものの、引き続き良い状態は保てているとみています。ただ、絶好時との比較では一枚落ちるイメージですし、まだ良くなってきても良いのではないかと個人的には思っていますので、その中で今回どれだけの走りを披露してくれるのか楽しみです。
シロニイ
最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 併せ同入 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週と間隔は詰まるものの、坂路で意欲的に追えているという点は良いと思います。個人的には現状でも前回と同じくらいの気配を感じていますので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、変わってきた様子こそないものの、一連の出来は保てているというイメージです。ただ、個人的にはまだ奥のある馬だと思っていますし、良い時との比較でも多少見劣りすると思っていますので、現状でどれだけやれるのか注目です。
タイセイモナーク ※回避
最終前:中2週 F
最終:栗CW 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週と間隔は詰まるものの、ウッドチップコースで意欲的に追えているという点は良いと思います。個人的には現状でも前回と同じくらいの気配を感じていますので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、大きく変わってきたという印象はないものの、引き続き一連の出来は保てていると思っています。ただ個人的にはまだ奥があって良い存在かなとみていますので、現状でどれだけやれるのか注目です。
ダンビュライト
最終前:2ヶ月 A+
最終:栗坂 良 併せ先着 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路でいつも通りしっかりと乗れていますし、こなしている内容も目を惹きます。追うごとにどんどん良くなってきているという印象ですし、近走の中では1番良いくらいにも映っていますので、あともうひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、最後まで意欲的に追えましたし、久々でも好仕上がりにあるとみています。年齢的に大幅上昇というのはないと思いますが、それでも近走の中では良い状態にあるとみていますし、長いところであればまだ見せ場を作れても良いのではないでしょうか。状態の良さを生かしてどこまでやれるのか注目です。
ディープボンド
最終前:2ヶ月半 A
最終:栗CW 良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、1週前追い切りでびっしりと追ったことにより、休み明け感は抜けてくるかなと思いますし、もうひと追いであらかた態勢は整うのではないかとみています。ただ、昨年とは立場が全く異なりますので、ここは目一杯作ってこない可能性の方が高いのではないかと予想しています。個人的には良い時との比較ではまだ見劣りするかなと思っていますので、最終追い切りでどれだけ良くなってくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、この馬なりに動けていると思いますし、休み明けでもそれなりの出来にはあるとみています。ただ、先程も述べた通り、昨年の阪神大賞典時とは立場が異なり、今年は天皇賞(春)を狙える有力馬としての立場にまわると思いますので、休み明けのここを全力でというのは考えにくいですし、調整過程を見ても今回は7割から9割仕上げというイメージを持っています。もちろん実力的には抜けていると思いますし、この出来でも勝つ可能性は大いにあると感じていますが、強く買うなら次が良いかなと思っていますし、他馬としても隙を付くならここの方が確率は高いのではないかとみています。
トーセンカンビーナ
最終前:中3週 B
最終:美南W 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、前走を割としっかり仕上げていたと思っていますので、そう大きな上積みはないのではないかとみています。内容自体も目立ちませんし、状態維持に努めているというイメージですので、あともうひと追いの内容次第で評価の上げ下げをしたいと思っています。その最終追い切りですが、前走時が良い出来だったと思っていますので、ここに向けて更に良くなってきたという印象はありません。個人的にはまだ良くなってきて良い馬だと思っていますし、良い時との比較でもやや見劣りしますので、その中でどういった走りが出来るのか注目です。
マカオンドール
最終前:2ヶ月半 A
最終:栗CW 良 併せ先着 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、追い切りは動くタイプという認識ですので、その点を考慮するとまだ良化の余地は残されているかなというイメージです。ただ、追うごとに良くなってきていると思いますし、1週前追い切りでも意欲的に追われていますので、このひと追いでガラッと良くなってくれば良いなと思っています。その最終追い切りですが、ウッドチップコースで長めからしっかりと追ってきましたし、負荷の度合いだけで見れば素晴らしいと思います。絶好時との比較ではどうかも、個人的には前回より良い出来にあると思っていますし、長丁場も合うようですので、この舞台でも通用して不思議ない局面にはあるとみています。
マンオブスピリット
最終前:2ヶ月半 A
最終:栗CW 良 併せ遅れ 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、非常に意欲的な追い切り内容が目立ちますし、追うごとに仕上がりはどんどん進んでいるとみています。ただ、絶好時との比較ではやや見劣りするイメージですし、まだまだ奥のある馬だと思っていますので、最終追い切りで更にグンと上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、最後まで意欲的に追われてきましたし、、前走時の良い出来はしっかりと保てていると感じます。絶好時との比較ではまだ見劣りすると思っていますが、長いところは合っていると思っていますし、状態は良好と判断していますので、その中でどういった走りが出来るのか注目です。
ユーキャンスマイル
最終前:2ヶ月半 B
最終:栗P 良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、この厩舎らしく豊富な乗り込み量ではあるものの、こなしている内容は強調材料に欠ける印象です。個人的にはまだまだ良くなる余地を残している段階にあるとみていますし、良い時との比較でも明らかに見劣りするイメージですので、あともうひと追いでどこまで上向いてくるのか注目です。その最終追い切りですが、ポリトラックコースとはいえ、良い内容を消化してきましたし、このひと追いでグンと良くなってきたように感じます。絶好調かと言われると疑問も、これまで使ってきているレースの格はトップクラスですし、今回はメンバー弱化に加えて得意舞台に移りますので、上手く噛み合えば復調を感じさせる走りを披露してくれる可能性はあるのではないでしょうか。




各追い切りピック4

⑴最終追い切り前ピック4(※五十音順)

☑︎アイアンバローズ

☑︎サンアップルトン

☑︎ダンビュライト

☑︎ディープボンド

⑵最終追い切りピック4(※五十音順)

☑︎アドマイヤアルバ

☑︎キングオブドラゴン

☑︎ダンビュライト

☑︎ディープボンド

⑶最終追い切り後ピック4(※五十音順)

☑︎アドマイヤアルバ

☑︎キングオブドラゴン

☑︎ダンビュライト

☑︎ディープボンド




調子指数




また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE