【札幌2歳ステークス 2021】最終追い切り後の追い切り考察

どうも、優太です。

当記事では札幌2歳ステークス2021出走予定馬の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切り含む中間全体の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り後の追い切り考察

アスクワイルドモア
最終前:中3週 A
最終:札幌芝 良 併せ同入 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、大きく変わってきた様子はないものの、引き続き状態は維持しているという印象です。とはいえ、まだ良くなってきて良い馬だと思いますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、芝コースで動きは悪くないものの、変わってきたという様子はありません。引き続き状態維持に努めているというイメージですので、その中でどれだけの走りが出来るのか注目したいです。
エーティーマクフィ
最終前:中2週 F
最終:札幌芝 良 併せ同入 強め A+ ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、自己ベストを塗り替えてきたように、具合は良好と判断しています。先週よりも良くなっていると思いますし、前走以上の仕上がりとみていますので、ここでも引き続き楽しみがあって良い1頭なのではないでしょうか。
オンリーオピニオン
最終前:2ヶ月 A
最終:札幌芝 良 併せ先着 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻めはかなり動くタイプという認識ですので、その点を考慮するといくらか物足りなく感じるものの、動きは悪くないです。このひと追いでしっかり上向いてくれば良いですし、最終追い切り次第の1頭かなと思います。その最終追い切りですが、前走も好仕上がりでしたので大きく変わってきたという様子はないものの、格上の古馬相手に併せ馬で先着出来たという点は評価したいです。まだ良化の余地は残されていそうなものの、力は出せるとみていますので、現状でどれだけの走りが出来るのか注目したいです。
クリノメガミエース
最終前:連闘 F
最終:軽調整 F
最終追い切り前の内容からみていきますと、連闘のため時計は出していない状況です。最終追い切りが行われるかわかりませんが、やるのであればそこに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、連闘のため時計は出せておりません。現状でどこまで走れるかに注目です。
ジオグリフ
最終前:2ヶ月半 A+
最終:札幌芝 良 併せ先着 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、新馬戦前よりも気配は良好と判断していますし、1度使われた効果は大きいと感じます。この中間の攻め過程も非常に充実していますし、かなり良い仕上がりで出走出来るのではないでしょうか。あともうひと追いありますので、更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、直線では抑えが効かなくなるくらい抜群の手応えで駆け抜けましたし、追えばかなり弾けるのではないかというイメージが湧きました。先週までにだいぶしっかり追っていますので、最終追い切りはこんなもんでも十分かなという印象ですし、新馬戦前と同じか、それ以上と言えるくらいの出来にはあると思いますので、ここでも持てる力は出し切れるとみています。
ダークエクリプス
最終前:中3週 A ◆中間自己ベスト(函館W4F)
最終:札幌ダ 良 併せ遅れ 一杯 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、間隔は詰まりますが意欲的に乗り込まれていますし、変わってきたという様子はないものの順調に仕上がりは進んでいるという印象です。ただ、まだ良くなってきて良い馬だとは思いますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、中3週も意欲的なのは好感が持てるものの、変わってきたという様子はありませんし、まだ良化の余地は残されているという印象です。もっと良くなってきて良いと思っていますので、現状でどれだけの走りが出来るのか注目したいです。
トーセンヴァンノ
最終前:中2週 A+
最終:札幌ダ 良 単走 馬也 A+ ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週と間隔は詰まりますが前走以上の気配を感じていますし、前走から更に良くなってくる可能性もあるとみています。1週前追い切りも上々の内容でしたので、このひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、先週のひと追いも良かったのですが、最終追い切りでは更に上向いてきたように感じます。自己ベストも塗り替えてきましたし、山田騎手が付きっきりという点にも好感が持てますので、ここに向けて態勢は整っているように感じます。
トップキャスト
最終前:中5週 A+
最終:札幌芝 良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、新馬戦もそれなりの仕上がりにあったと思っていますので、大きく変わってきたという様子はないものの、引き続き状態は高いレベルで安定しているという印象です。週を追うごとに良くなってきているとも思いますし、最終追い切りで更に上げてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、先週までにしっかり追われていますので、最終追い切りは軽めの内容となっています。それでも動きは良いですし、態勢は整っているとみていますので、楽しみがあって良い1頭かなと思っています。
モチベーション ※回避
最終前:連闘 F
最終:軽調整 F
最終追い切り前の内容からみていきますと、連闘のため時計は出していない状況です。最終追い切りが行われるかわかりませんが、やるのであればそこに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、連闘のため時計は出せておりません。現状でどこまで走れるかに注目です。
ユキノオウジサマ
最終前:中2週 F
最終:札幌ダ 良 併せ同入 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、新馬戦前から完成度は高かったという認識ですので、そこまで変わってきた様子はないと感じるものの、動きは良く映りましたし、引き続き状態は高いレベルにあるというイメージです。間隔は詰まりますが、ここでも力は出せるとみていますので、どれだけ走れるのか注目したいです。
リューベック
最終前:中6週 A
最終:札幌芝 良 併せ先着 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、前走からグンと良くなってきたという様子はないものの、引き続き状態は維持していると感じます。4Fからとはいえ、終いまでしっかりやれていますので、最終追い切りで更に良化を感じられるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、大きく変わってきたという様子はないものの、引き続き状態は高いレベルにあると感じます。動きも良いですし、引き続き力は出せる状態にあるとみていますから、現状でどれだけ走れるのか注目したい存在です。
レモンケーキ ※回避
最終前:連闘 F
最終:軽調整 F
最終追い切り前の内容からみていきますと、連闘のため時計は出していない状況です。最終追い切りが行われるかわかりませんが、やるのであればそこに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、連闘のため時計は出せておりません。現状でどこまで走れるかに注目です。




各追い切りピック4

⑴最終追い切り前ピック4

☑︎ジオグリフ

☑︎トーセンヴァンノ

☑︎トップキャスト

☑︎リューベック

⑵最終追い切りピック4

☑︎ジオグリフ

☑︎トップキャスト

☑︎トーセンヴァンノ

☑︎ユキノオウジサマ

⑶最終追い切り後ピック4

☑︎ジオグリフ

☑︎トップキャスト

☑︎トーセンヴァンノ

☑︎ユキノオウジサマ




調子指数

 

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE