【ダービー卿チャレンジトロフィー2022】最終追い切り後の追い切り考察

当記事ではダービー卿チャレンジトロフィー2022出走予定馬の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切り含む中間全体の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも競馬予想を楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り後の追い切り考察

インターミッション
最終前:4ヶ月 A
最終:美南W 稍重 併せ同入 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、まだ本調子にはないかなとは思うものの、1週前追い切りの動きは良かったと思いますし、このひと追いによって、あらかた態勢は整うのではないかと思っています。中山のマイルは相性が良いですし、最終追い切りの内容次第では楽しみになってくると思っています。その最終追い切りですが、追い切りで動くタイプらしく良い内容を積んできましたし、久々でも好仕上がりにあるとみています。良い時との比較ではどうかも、力は出せそうですし、この舞台も得意にしていますので、穴で魅力のある1頭です。
インテンスライト
最終前:中4週 A
最終:美坂 稍重 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、グンと上向いてきたという印象はないものの、引き続き好状態は維持出来ていると思っています。ただ、個人的にはまだ奥のある段階にあると思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、この馬なりに動けているとは思いますし、出来は保てているという印象です。ただ、まだ奥はありそうに映っていますし、更に良くなってきそうな雰囲気は感じていますので、その中でどういった走りが出来るのか注目です。
カイザーミノル
最終前:2ヶ月半 A+
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込み十分ですし、良い内容も数本こなせています。ただ、まだ本調子にはないかなという印象ですし、ここから更に良くなってくる馬だと思いますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、前走時よりは上向きと判断していますし、久々でも仕上がりは悪くないように映っています。ただ、絶好時との比較ではどうかなという感じもしていますし、良化の余地も残している段階にあるとみていますので、現状でどういった走りが出来るのか注目です。
カテドラル
最終前:2ヶ月 B
最終:栗坂 良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路では動くタイプという認識ですので、この内容だとやや物足りなく感じてしまいます。まだ良くなってくる馬だと思いますし、1週前追い切りでしっかりと追われたことにより、最終追い切りで少しでも良くなった姿を披露してくれるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく悪くない動きは披露出来ていると思うものの、近走からは特に変わらずという印象です。個人的にはまだ奥のある馬だと思っていますし、仕上がり途上の段階ではあるかなというイメージですので、その中でどういった走りが出来るのか注目です。
ギルデッドミラー
最終前:中5週 A
最終:栗坂 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、いつも通り坂路で良く乗れていますし、引き続き状態は維持出来ているとみています。ただ、絶好時との比較ではまだ見劣りする印象ですし、ここから更に良くなってくる馬だと思いますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、坂路で好時計を掲示してきましたし、状態は悪くないように感じます。ただ、近走からグンと上向いてきたという印象はありませんし、まだ奥もあるように映っていますので、その中でどういった走りが出来るのか注目です。
グラティアス ※抽選対象(2/3)当選
最終前:中2週 F
最終:美南芝 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、中2週ということで、本馬場で軽めの最終調整に。動きは悪くなかったものの、変わってきた様子はありませんでしたし、状態維持に努めているという印象ですので、現状でどれだけの走りが出来るのか注目です。
ザダル
最終前:2ヶ月半 A
最終:美南W 稍重 併せ同入 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、まだ絶好時の出来には及ばないかもしれませんが、この馬なりに動けてはいると思いますし、前走と同じくらいの出来にはあるとみています。個人的にはここから更に良くなってくる馬だと思っていますので、最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、絶好時との比較ではどうかも、この馬なりに良い動きを披露してくれていますし、状態は前回よりも良いくらいに感じています。手前替えに課題があると感じるため、中山コースでうまく加速出来るかは疑問ですが、能力的にはここでも十分通用する器でしょうし、ここに向けての仕上がりも十分だと思っていますので、勝負になっても不思議ない存在なのではないでしょうか。
サトノフェイバー
最終前:中3週 A+
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、使いつつ状態を上げてきていると思いますし、休み明け3戦目の今回はピークに近い状態で挑めるのではないでしょうか。能力は高いと思っていますし、最終追い切り前の段階でも既に楽しみがあっても良い状態にあると思わせてくれていますので、あともうひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、1週前追い切りでしっかりとやっていますので、最終追い切りは軽めの登坂で締め。それでも動きは悪くなかったですし、前回からの上積みも感じていますので、ハマればやれても不思議ない存在かなと思っています。
ダーリントンホール ※抽選対象(2/3)当選
最終前:中6週 A
最終:美南W 稍重 併せ同入 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、除外の影響もなくしっかりと乗れていますし、順調に仕上がりは進んでいるのではないでしょうか。ただ、まだ絶好時の出来にはないかという印象ですし、良化途上の段階だと思っていますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、追い切りで動くタイプらしく良い内容を積んできましたし、状態は凄く良いと思っています。最近は勝ち星から遠ざかっているものの、能力的には十分通用の器だと思っていますし、このメンバーであれば走れても良いのではないかと思っています。
タイムトゥヘヴン
最終前:中2週 F
最終:美南W 稍重 併せ同入 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、特に変わりはなくという印象ではあるものの、引き続き好状態をキープ出来ていると思っていますし、楽しみがあっても良い存在かなとみています。コース形態はどうかも、ハマれば重賞でもやれる馬だと思っていますし、人気次第では買いたい1頭かなとみています。
トーラスジェミニ
最終前:中1週 F
最終:美南W 稍重 併せ先着 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、黒船賞から中1週から中2週くらいの間隔のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、追い切りで動くタイプらしく良く動けていると思いますし、中1週と間隔は詰まるものの、気配は使われつつ上向いてきているかなというイメージです。仕上がりは近走の中で1番良いくらいにも映っていますし、十分力は出せそうですので、相性の良い舞台で巻き返しを期待している1頭です。
ノルカソルカ
最終前:中5週 A
最終:栗CW 良 併せ同入 一杯 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、個人的には実戦向きのタイプという認識ですので、これくらいの内容でも問題はないかなという印象です。ただ、絶好時との比較では見劣りするイメージですし、まだ良くなってきても良い段階にあるとみていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、1週前追い切りでしっかと追った効果もあってか、最終追い切りでグンと良化してきたなと感じます。良い時との比較でも大差ないように感じますし、力は出せる状態だと思いますので、前目でいつも通り楽に運べるようなら楽しみがあっても良いのではないでしょうか。
フォルコメン
最終前:中6週 A
最終:美南W 稍重 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、追い切りでは動くタイプという認識ですので、過剰に評価はしません。ただ、引き続き状態は維持出来ていると思っていますし、1週前追い切りのひと追いで馬は変わってくると思いますので、最後のひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、1週前追い切りでしっかりと追っているため、最終追い切りは軽めの内容に。それでも動きは良く映りましたし、仕上がりは良好と判断していますので、上積み感じる今回は楽しみがあっても良いのではないでしょうか。
ボンセルヴィーソ
最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、坂路では良く見せてくるタイプではあるものの、動きは良かったですし、前回以上の気配も感じています。この舞台は得意としていますし、出来も凄く良さそうなので、引き続き楽しみがあって良い存在なのではないでしょうか。
ミッキーブリランテ
最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 併せ先着 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週と間隔は詰まるものの、坂路で意欲的に追えているという点は良いと思います。個人的には現状でも前回と同じくらいの気配を感じていますので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路でこの馬なりに動けていると思いますし、引き続き出来は良好と判断しています。ただ、絶好時との比較ではまだ一枚落ちる印象ですので、その中でどういった走りが出来るのか注目です。
リフレイム
最終前:2ヶ月 A+
最終:美南W 稍重 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、いつも通りウッドチップコースで意欲的に追えていますし、こなしている追い切り内容の質も高いものが目立っていると思います。個人的には前回以上の気配を感じていますし、それでいてあともうひと追い残していますので、最後のひと追いまで注目したいです。その最終追い切りですが、追い切りで動くタイプらしく良い内容を最後まで積んできましたし、状態は前回よりも良いと感じます。この舞台設定がどうかも、能力は確かですし、スムーズに走れれば当然チャンスのある存在とみています。
ワーケア ※抽選対象(2/3)落選
最終前:中2週 F
最終:美坂 稍重 併せ遅れ 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、坂路で意欲的に追われてはいるものの、まだ物足りなさが残るかなという印象です。個人的には仕上がり途上の段階にあるとみていますし、更に良くなってきても良い馬だと思っていますので、その中でどれだけの走りが出来るのか注目です。




各追い切りピック4

⑴最終追い切り前ピック4(※五十音順)

☑︎カイザーミノル

☑︎サトノフェイバー

☑︎フォルコメン

☑︎リフレイム

⑵最終追い切りピック4(※五十音順)

☑︎ダーリントンホール

☑︎トーラスジェミニ

☑︎ノルカソルカ

☑︎ボンセルヴィーソ

⑶最終追い切り後ピック4(※五十音順)

☑︎ダーリントンホール

☑︎トーラスジェミニ

☑︎ノルカソルカ

☑︎ボンセルヴィーソ




調子指数




また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE