【スプリングステークス2022】最終追い切り後の追い切り考察

当記事ではスプリングステークス2022出走予定馬の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切り含む中間全体の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り後の追い切り考察

アサヒ
最終前:中4週 A+
最終:美南W 良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、1週前追い切りは良く動けていましたし、順調に仕上がりは進んでいる印象です。既に良い時との比較でも遜色ない感じですし、実力も既に示している馬ですので、あともうひと追いの内容次第では楽しみになってくる1頭かなとみています。その最終追い切りですが、追い切りで動くタイプらしく最後まで良い内容をこなしてきましたし、ここに向けて好仕上がりと言えるのではないでしょうか。休み明けを叩いた効果もありそうですし、ここは勝負気配が漂っているとみていますので、人気でも逆らいにくいような気はしています。
アライバル
最終前:2ヶ月 A
最終:美南W 良 併せ同入 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込めており、1週前追い切りの動きもこの馬なりに良かったと思っています。ただ、まだ良化の余地はありそうですし、仕上がり途上という感じもしていますので、あともうひと追いによる上昇度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、変わってきた様子はないものの、今回も前回と同じくらいの出来にはあるとみています。それでも良い時との比較では見劣りする気がしていますし、走法からは中山よりも広いコース向きなのかなと思っていますので、この条件下でどれだけの走りが出来るのか注目です。
アルナシーム
最終前:中3週 B
最終:栗CW 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、折り合いに難しいところがある馬ですので、この中間はその点にフォーカスをあてた調整が課されています。負荷という面ではどうかも、乗り難しい部分が少しでも改善されてくればレースでのパフォーマンスは上がってくると思いますので、最終追い切りで更なる進展があれば良いなと思っています。その最終追い切りですが、追い切りでは動くタイプなので動きは悪くないものの、最後まで折り合い重視の内容と言いますか、イマイチ攻め切れていないと感じる点は気掛かりです。陣営としても、1週前追い切りは思ったより軽かったとコメントしており、それでいてこの最終追い切りですので、負荷不足という可能性もあるのかなと個人的には思ったりしています。もちろんポテンシャルは高い馬だと思っていますが、多少攻め控えられている点が吉と出るか凶と出るか注目です。
エンギダルマ
最終前:2ヶ月 A+
最終:美南W 良 併せ同入 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、元々追い切りでは動くタイプとはいえ、非常に良い内容をこなせていますし、1週前追い切りは攻め駆けする格上馬に対して互角の動きを披露してきました。ここまで順調に仕上がりは進んでそうですし、1週前追い切りのひと追いにより更に良くなってきそうですので、最後のひと追いまで目が離せません。その最終追い切りですが、追い切りで動くタイプらしく良い内容を積んできましたし、久々でも好仕上がりにあるとみています。乗り替わってしまう点は多少気になるものの、この馬の持つ力は出せるとみていますし、楽しみがあっても不思議ない存在とみています。
オウケンボルト
最終前:中2週 F
最終:美坂 良 併せ先着 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週と間隔は詰まるものの、坂路で意欲的に追えているという点は良いと思います。個人的には現状でも前回と同じくらいの気配を感じていますので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく良い内容を積めていますし、自己ベストにも迫る好時計を掲示出来ています。ただ、グンと上向いてきた印象はありませんし、個人的にはまだ奥のある存在だと思っていますので、その中でどういった走りが出来るのか注目です。
グランドライン
最終前:2ヶ月半 A+
最終:美南W 良 併せ先着 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用でしっかりと乗り込まれており、こなしている内容も目を惹くものが並んでいます。久々でも状態は凄く良さそうですし、権利獲得に意欲を見せている1頭だと思いますので、最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、最後まで良い内容を積んできましたし、久々でも好仕上がりにあるとみています。良い時との比較でも遜色ないと感じますし、この舞台設定や状態面から楽しみを持てる存在だと思いますので、どれだけの走りを披露してくれるのか注目です。
サトノヘリオス
最終前:2ヶ月半 A
最終:栗CW 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、久々にはなるものの、ウッドチップコースで長めを意欲的に追われていますし、順調に仕上がりは進んでいる印象です。ただ、まだ良い時との比較では一枚落ちるイメージですし、仕上がり途上の段階にあるとみていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、休養明けでもそれなりの出来にはあると思っていますし、ある程度の力は出せるとみています。ただ、絶好時との比較では一枚落ちるイメージですし、個人的にはまだ良化の余地を残している段階にあるとみていますので、現状でどれだけやれるのか注目です。
サノラキ
最終前:2ヶ月半 B
最終:美南W 良 併せ先着 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、ウッドチップコースで乗れてはいるものの、内容自体はそこまで目立ちません。それにダートで勝ち上がった馬ですし、出てくるとすれば初重賞が初芝という厳しい条件になりますので、例え最終追い切りでグンと良化してきたとしても買いづらさはあるかなと思っています。その最終追い切りですが、前回と同じくらいの出来にはあるとみていますし、力は出せるのではないでしょうか。ただ、良い時との比較では一枚落ちると思っていますし、初の芝実戦が重賞レースというのはそれなりにハードルが高いと思っていますので、その中でどれだけやれるのか注目です。
ソリタリオ
最終前:2ヶ月半 A+ ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗坂 良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路メインの調整にはなっているものの、意欲的な登坂内容が目立ちますし、1週前追い切りも最後までバテずに鋭い脚を伸ばせました。2週続けてびっしりと追われており、このひと追い、ふた追いで更に上向いてくることが予想されますから、最後のひと追いまで注目したいです。その最終追い切りですが、終い重点も坂路で良い動きを披露してくれましたし、好状態に仕上がったとみています。出来は良い時との比較でも遜色ないと感じますし、1Fの延長も前走跨ったC.デムーロ騎手からの進言によるものということなので、パフォーマンスの向上に期待しても良い局面にあるのではないでしょうか。
ディオ
最終前:中4週 A+
最終:栗坂 良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路での登坂内容は目立ちますし、前回からの上積みもあるとみています。まだ全体的に奥はありそうですが、現時点でも力は出せる好仕上がりにあるとみていますし、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路で最後まで良く動いてきましたし、出来は良好と判断しています。まだ先々で良くはなってきそうですが、現状でもある程度持てる力は出し切ってくるのではないかとみていますので、現時点でどれだけ走れるのか注目です。
トーセンヴァンノ
最終前:中2週 F
最終:美南W 良 単走 強め B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週と間隔は詰まるものの、ウッドチップコースで意欲的に追えているという点は良いと思います。個人的には現状でも前回と同じくらいの気配を感じていますので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、特に変わりなくという印象です。個人的にはもっと良くなってきて良い馬だと思っていますし、良い時との比較でも見劣りするのが現状ですので、その中でどういった走りが出来るのか注目です。
ドーブネ
最終前:3ヶ月 A ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗CW 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、スピードタイプなのか、1週前追い切りは追われてからダラっとしたなという印象です。となると、1800mという距離は鍵になってくるかなと思いますし、もう少し反応面に鋭さが出てくれば良いなと思っていますので、その点が最終追い切りのひと追いで変わってくればなと思っています。その最終追い切りですが、追い切りで動くタイプらしくまずまず良い内容を積んできましたし、2週に渡り自己ベストを更新してきたあたりにはポテンシャルの高さを感じています。追うごとに良くなってきたという感じで、レース当該週の内容も良かったと感じていますので、攻めの良さが少しでも実戦に生きてくるようなら楽しみがあっても良さそうです。
ニシノスーベニア ※回避
最終前:中2週 F
最終:美南W 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週と間隔は詰まるものの、ウッドチップコースで意欲的に追えているという点は良いと思います。個人的には現状でも前回と同じくらいの気配を感じていますので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、良く動けていると思いますし、中2週でも上積みはあるように感じます。芝がどうかも、良い時との比較でも見劣りしませんし、状態は良好と判断していますので、見せ場はあっても不思議ないかなとみています。
ビーアストニッシド
最終前:中4週 A+ ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗坂 良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、追い切りでは動くタイプではあるものの、坂路での好登坂が目立ちますし、1週前追い切りの内容も評価出来るものだったと思います。2週続けてしっかりとやれており、このひと追い、ふた追いにより更に良くなってくる可能性も秘めていると思いますので、最後のひと追いまで注目したいです。その最終追い切りですが、終い重視も坂路で良い登坂を披露してくれましたし、出来は良好と判断しています。岩田康成騎手が1度も追い切りに跨らなかったという点は1つ気になるものの、力は出せる出来にあるとみていますし、既に重賞でもやれることは実証済みですので、今回も楽しみがあって良い存在とみています。
リューベック ※回避
最終前:中1週 F
最終:栗坂 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中1週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく良い内容を積んできましたし、状態は引き続き良いのではないでしょうか。ただ、ローテーション的には厳しいでしょうし、大きく変わってきたという印象はありませんので、その中でどういった走りが出来るのか注目です。




各追い切りピック4

⑴最終追い切り前ピック4(※五十音順)

☑︎アサヒ

☑︎グランドライン

☑︎ソリタリオ

☑︎ビーアストニッシド

⑵最終追い切りピック4(※五十音順)

☑︎エンギダルマ

☑︎グランドライン

☑︎ソリタリオ

☑︎ビーアストニッシド

⑶最終追い切り後ピック4(※五十音順)

☑︎エンギダルマ

☑︎グランドライン

☑︎ソリタリオ

☑︎ビーアストニッシド




調子指数




また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE