【ジャパンカップ 2021】追い切り党の軸馬

当記事では基本的に近走以上の出来にあると見た上昇馬調子指数縦横比較から独自の目線で選別させて頂いております。

上昇(変身)=それすなわち近走以上のパフォーマンスを発揮する可能性や、これまで見せたことがなかった走りを期待出来る局面にあるという解釈のもと馬を選んでいますので、1つこういったファクターもあるんだなくらいの気持ちで参考にして頂けると嬉しいです。

必ずしも毎回的中をお届け出来るコンテンツではありませんが、もし良ければ参考にしてみて下さい。

その他、平場や新馬戦などここに記載のない好追い切り馬に関しましては「追い切り専門紙」をご覧下さい。

※追い切りに特化した新聞のようなものをご自身のお手元の端末で

私自身、毎週全レース全馬の追い切り内容をチェックしていますので、その過程を元に1本の記事を作成しています。個人的に買いだと思った馬には☆、★印を打たせていただき、そうでない馬には空白と、シンプルな構成ですが、人気の記事となっています。その日の中央競馬終了後というルールは設けているものの返金申請も受け付けていますので、もし良ければこの際にご利用してみて下さい。

11/28(日)中央競馬の追い切り専門紙

また、Twitterでは最新情報(ブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




追い切り党の軸馬

東京12R ジャパンカップ 15:40
◎12.サンレイポケット 調子指数100
最終追い切り前評価:A+
最終追い切り後評価:A+
最終追い切り前ピック4:☑︎
最終追い切りピック4:☑︎
最終追い切り後ピック4:☑︎
個人的には前走の天皇賞(秋)よりもやや上向きとみていますし、そうと仮定すればここでも足りるだけの状況下にあるのではないかと思っています。1週前追い切りではレベルの高い併せ馬で先着を果たし、動きも切れていましたから、このひと追いでほぼほぼ仕上がり切ったと感じていました。最終追い切りは併走馬の後ろで我慢させ、最後だけ抜け出すという終い重点の内容でしたが、動きは良かったですし、ここに向けてキッチリ仕上がったとみています。前走の天皇賞(秋)では3強に次ぐ4着と胸を張れる内容だったと思いますし、2コーナー付近でスムーズさを欠いたことを考えれば、負けて強い内容だったのではないかと思っています。決して展開に恵まれてなだれ込んだ4着ではなく、レースに参加して有力馬と同じような位置から伸びての4着ですから価値があると思うのです。あれだけ走れるのであれば、メンバーレベルが落ちそうな今回はチャンスのあって良い1頭かなと思いますし、距離延長も短縮よりは歓迎とみていますので、充実期にある現状でどこまでやれるのか注目したいです。




※追い切りに特化した新聞のようなものをご自身のお手元の端末で

11/28(日)中央競馬の追い切り専門紙

また、Twitterでは最新情報(ブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE