【神戸新聞杯 2021】追い切り党の軸馬

当記事では基本的に近走以上の出来にあると見た上昇馬調子指数縦横比較から独自の目線で選別させて頂いております。

上昇(変身)=それすなわち近走以上のパフォーマンスを発揮する可能性や、これまで見せたことがなかった走りを期待出来る局面にあるという解釈のもと馬を選んでいますので、1つこういったファクターもあるんだなくらいの気持ちで参考にして頂けると嬉しいです。

必ずしも毎回的中をお届け出来るコンテンツではありませんが、もし良ければ参考にしてみて下さい。

その他、平場や新馬戦などここに記載のない好追い切り馬に関しましては「追い切り専門紙」をご覧下さい。

※追い切りに特化した新聞のようなものをご自身のお手元の端末で

私自身、毎週全レース全馬の追い切り内容をチェックしていますので、その過程を元に1本の記事を作成しています。個人的に買いだと思った馬には☆、★印を打たせていただき、そうでない馬には空白と、シンプルな構成ですが、人気の記事となっています。その日の中央競馬終了後というルールは設けているものの返金申請も受け付けていますので、もし良ければこの際にご利用してみて下さい。

追い切り専門紙を購読する

また、Twitterでは最新情報(ブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




追い切り党の軸馬

中京11R 神戸新聞杯 15:35
◎2.ワンダフルタウン 調子指数105
最終追い切り前評価:A+
最終追い切り後評価:A+
最終追い切り前ピック4:☑︎
最終追い切りピック4:☑︎
最終追い切り後ピック4:☑︎
一夏を越して最も成長を感じているのがこのワンダフルタウンです。追い切りの時計的にはそこまでの変化はないのですが、動きが以前よりも良くなっていますし、ここにきて中身がしっかりしてきたという印象を持っています。菊が目標と公言されていますが、この中間も併用で乗り込み十分ですし、こなしている内容も質の高さが目立っていますので、休み明けの前哨戦でも問題なく仕上がったという見立てです。日本ダービーでは惨敗していますが、上位とは切れ味の差が出ただけだと思っていますし、中京2200mに舞台を移せばまた違った結果になるのではないかと思っています。重賞を2つ勝っているように、既に力のあることは証明済みですし、青葉賞は爪不安による約5ヶ月間の休み明けでも勝利していますから、久々も苦にせず走ってくれるのではないかとみています。今では春先にあった爪の不安も解消されているようで、しっかりと攻め馬を消化出来ていますので、日本ダービー上位組との逆転を期待します。




※追い切りに特化した新聞のようなものをご自身のお手元の端末で

追い切り専門紙を購読する

また、Twitterでは最新情報(ブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE