【CBC賞 2021】最終追い切り後の追い切り考察

どうも、優太です。

当記事ではCBC賞2021出走予定馬の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切り含む中間全体の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

また、Twitterでは最新情報(ブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り後の追い切り考察

アウィルアウェイ
最終前:3ヶ月 A
最終:栗坂 良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、終い重視の内容が並んでいますが、この馬なりに良い内容を消化出来ていると思います。大幅に変わってきたという様子はありませんが、現状でも悪くない出来にあるとみていますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、最後まで溜めを利かした終い重視の内容が一貫したとはいえ、毎度のこと前肢が高くまで上がって動きは良いですから、力は出してくるとみています。ただ、小倉の開幕週ということで、展開の助けは必要になってくるとは思いますが、楽しみはありそうです。
クーファウェヌス
最終前:2ヶ月半 A ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め量こそ足りない気もしていますが、1週前追い切りでは自己ベストを塗り替えてきましたので、仕上がりは悪くないように感じます。ただ、個人的にはまだ良くなってきて良いと思っていますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、まだ奥はあって良い馬だとは思いますけど、仕上がりは悪くないと思います。良い時との比較でもほとんど遜色はありませんから、見せ場のある競馬は可能とみています。
クリノアリエル
最終前:中6週 A
最終:小倉ダ 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め量こそ足りない気もしていますが、1週前追い切りでは自己ベストに迫る好時計をマークしてきましたので、仕上がりは悪くないように感じます。元々坂路では動くタイプとはいえ評価出来る内容ですので、あともうひと追いで更に良化を感じられるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、小倉に前乗りしての調整。この点は他馬よりプラスに働くと思いますし、最後まで意欲的追えたという点は評価できると思います。大きく変わってきた様子こそないものの、力は出せる仕上がりにあると思いますので、現状でどれだけ走れるのか注目したいです。
タイセイビジョン
最終前:中6週 A
最終:栗CW 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、大きく変わってきた様子はないものの、引き続き体調は維持しているとみています。短いところしか追えていない点は気になるものの、順調に仕上がりは進んでいる印象ですので、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、あまり変わってきた様子はなく、引き続き体調キープというイメージです。もっと良くなってきて良い馬だと思っていますので、その中でどれだけ走れるのか注目したいです。
ノーワン
最終前:連闘 F
最終:軽調整 F
最終追い切り前の内容からみていきますと、連闘のため時計は出していない状況です。最終追い切りが行われるかわかりませんが、やるのであればそこに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、連闘のため速い時計は出せておりません。現状でどこまで走れるかに注目です。
ビオグラフィー
最終前:中6週 A
最終:栗坂 良 併せ同入 強め A+ ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路ではムラのあるタイプではありますが、今回は良い内容が目立っている印象です。個人的には前走以上の気配も感じていますし、それでいて前走も見せ場は十分でしたから、あともうひと追いで更に良化を感じ取れるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、素晴らしい動きを披露してきました。これまで見られなかったラップ推移ですし、自己ベストのオマケ付きですから、この点は素直に評価してあげたいです。前走は初の重賞挑戦でも見せ場十分でしたし、そこからの1F短縮ですから、個人的には今回かなり楽しみがあると思っている1頭ではあります。
ピクシーナイト
最終前:2ヶ月 A
最終:栗坂 良 併せ先着 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、字面的にはシンザン記念を勝った時と同じくらい動けているように感じますが、見た目的にはシンザン記念の方が上とみています。現状でも仕上がりは悪くないとみていますが、まだ動きは良くなってくると思いますし、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく良い動きでしたし、前走以上の出来にはあるとみています。また、まとまりある走りをしますから、短縮は良い方へ振れても不思議ないと思いますし、噛み合えば古馬混合の重賞でも見せ場は作れると思っています。
ファストフォース
最終前:8ヶ月 A+
最終:栗坂 良 単走 一杯 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で動くタイプらしく良い内容が並んでいますし、久々でも仕上がりは上々とみています。格上挑戦にはなりますが、出てくれば楽しみはあると思っていますし、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく最後まで良い動きを披露してくれましたし、久々でもあらかた仕上がっていると感じます。格上挑戦にはなりますが、この出来なら穴として面白い存在になり得る1頭かなとは思いますし、抑えには回したい存在です。
プリカジュール
最終前:中1週 F
最終:栗CW 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中1週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、中1週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプですので動きは相変わらず良いですが、この間隔ですから大きく変わってきた様子はありませんし、状態維持に努めているというイメージです。良い時との比較でもやや見劣りますし、もっと動けて良い馬だと思いますので、その中でどれだけ走れるのか注目したいです。障害帰りですから、何か良さが出てくるようなら見せ場も。
メイショウカリン
最終前:2ヶ月 B
最終:栗坂 良 併せ遅れ 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、大きく変わってきた様子はありませんが、意欲的な調整が目立っていますので、この点には好感が持てます。とはいえまだ良くなってくると思っていますので、あともうひと追いでどれだけ上向いてくるのか注目です。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく良い内容を消化してきたと思います。ただ、良い時はもっと動けるという認識ですので、そう言った意味ではまだ良くなる余地は残しているのかなとは思っていますから、その中で今回どれだけ走れるのか注目です。加えて、エンジンの掛かりも遅い印象を最終追い切りからは受けていますので、開幕週の馬場がどうかというところも鍵になりそうです。
メイショウケイメイ
最終前:中4週 B
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、この馬なりに良い内容はこなせていますが、坂路ではかなり動ける馬ですので、過剰に評価はしません。まだ奥はありそうですし、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、状態は上向きと判断しますが、坂路ではかなり動ける馬ですので、過剰に評価はしたくないというのが本音です。ただ、どこか条件が合致すれば走ってきそうなイメージは2歳時からずっと持っていますので、気にはかけておきたい1頭です。
メイショウチタン
最終前:中4週 A
最終:栗坂 良 併せ先着 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、大きく変わってきた様子こそないものの、引き続き良い状態は保てていると思います。個人的には近走も出来は良かったと思っていますので、あともうひと追いで更に上向いてこれるかが鍵になる1頭かなとは思っています。その最終追い切りですが、坂路で動くイメージはそこまでなかった馬なので、これだけ楽に動けたことは1つ高く評価したいです。2.3歳時以来久々のスプリント戦を2走前に使っているわけですが、その効果が前走の1400m戦でも見られていますので、再度短縮する今回はしっかり流れに乗ることは可能だと思っていますし、楽しみを持って挑める状況にあるとみています。
ヨカヨカ
最終前:中4週 A+ ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で動くタイプ、時計の出やすい馬場ということを考えても1週前追い切りは評価して良いと思っていますし、ここに向け右肩上がりで良化していると感じます。前走も推させて頂きましたが、その時よりも良くなっていると現状でも感じているほどですので、あともうひと追いで更に良くなってくるようならここでも楽しみです。その最終追い切りですが、先週しっかり攻めた分、折り合いメインの内容に。それでも51秒台に楽に乗せてきますから、スピードは素晴らしいものがありますし、小倉ではそのスピードが存分に生きるのではないでしょうか。




各追い切りピック4

【最終追い切り前ピック4】※五十音順

☑︎ビオグラフィー

☑︎ファストフォース

☑︎メイショウチタン

☑︎ヨカヨカ

【最終追い切りピック4】※五十音順

☑︎アウィルアウェイ

☑︎ビオグラフィー

☑︎ピクシーナイト

☑︎ヨカヨカ

【最終追い切り後ピック4】※五十音順

☑︎ビオグラフィー

☑︎ピクシーナイト

☑︎ファストフォース

☑︎ヨカヨカ




調子指数

 

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE