【高松宮記念2022】最終追い切り後の追い切り考察

当記事では高松宮記念2022出走予定馬の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切り含む中間全体の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも競馬予想を楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り後の追い切り考察

エイティーンガール
最終前:中3週 A
最終:栗CW 稍重 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、前走から中3週と間隔は詰まるものの、1週前追い切りからは状態の良さが窺えますし、休み明けをひと叩きした効果はありそうに感じています。週末追いも取り入れ、このひと追い、ふた追いにより更に上向いてきても不思議ないと感じますので、最後のひと追いまで注目したい存在です。その最終追い切りですが、1度休み明けを使われた効果は大きいと思いますし、前回からの上積みも見込めるのではないかと感じています。絶好時との比較ではどうかも、十分力は出せると思いますし、ハマれば終いは良いものを持っている馬でもありますから、この大舞台でも相手にいれてみるのは面白いと思っています。
キルロード
最終前:中2週 F
最終:美坂 重 単走 強め B ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、内容は悪くないものの、動きはそこまで目立たずという印象です。自己ベストは更新してきましたが、これまでウッドチップコースをメインに追い切られてきた馬ですし、過剰に評価する局面でもないかなと思い、抑えめの評価に。相手も一気に強化されますので、その中でどういった走りが出来るのか注目です。
クリノガウディー
最終前:中3週 A
最終:栗坂 稍重 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路でこの馬なりに乗れていると思いますし、引き続き出来は保てていると思っています。ただ、まだ本調子にはないかなと思っていますし、良化の余地を残している段階にあるとみていますので、あともうひと追いでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、坂路でこの馬なりに乗れてはいるものの、ここに向けて大きく変わってきたという印象はありません。個人的にはまだ仕上がり途上かなと思っていますし、絶好の買い時にはないかなと思っていますので、現状でどういった走りを披露してくれるのか注目です。
グレナディアガーズ
最終前:3ヶ月 A+
最終:栗坂 稍重 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用でここまで乗り込み十分ですし、こなしている追い切り内容の質も高いものが並んでいると思っています。走法からは短距離向きという感じもしていますし、馬の性格からも短いところはフィットすると思っていますので、現時点でも既に素晴らしい出来にあると思いつつも、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみだなと思っています。その最終追い切りですが、最後まで攻め切ってきましたし、素晴らしい登坂内容でまとめてきたなというのが率直な感想です。これまでは馬のテンションを必要以上に上げないよう、最終追い切りはいくらかソフトな内容で締めてくるイメージが強かったのですが、今回は1200mに短縮するということで、ある程度馬任せと言いますか、スピード競馬に合わせた調整を課してきているなという印象があります。つまり、これまでは道中で溜めを利かせる必要がある1400mや1600mを中心に使われてきていたため、追い切りの段階からテンションを上げないよう慎重になる必要があったと思うのですが、今回は1200mに短縮されるということで、その必要性が緩和され、その結果最後までいつも以上に攻め切れたのかなと思っています。これがマイル戦の前とかですと、攻め過ぎという可能性も否定出来なくはないのですが、今回に限っては良い方へ振れて良い気がしていますし、この馬のスピードが生きるような綺麗な馬場であればレベルの高いパフォーマンスを披露してくれるのではないかと思っています。現状頭1つ抜けて良い調整過程を歩めている1頭だと思っていますし、当日の馬場次第では狙える存在とみています。良ならより注目。
サリオス
最終前:3ヶ月 A+
最終:美南W 稍重 併せ同入 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、追い切りで動くタイプらしく良い動きを1週前追い切りでは披露してくれましたし、追うごとに状態は上がってきているというイメージです。2週続けて意欲的に追われており、このひと追い、ふた追いにより更に上向いてきても良いと思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、1週前追い切りでしっかりと追った効果もあってか、動きは良化してきたと思いますし、ここに向けて態勢は整ったのではないでしょうか。初の1200mにはなりますが、重厚でパワフルな走りは短距離馬に見られやすい特徴の1つでもあると思っていますし、古馬になってからは適性のズレで凡走が続いているようにも映っていますので、条件替わりで新味が出る可能性は十分あると思っています。
サンライズオネスト
最終前:中3週 A+
最終:栗坂 稍重 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路でいつも通りしっかりと乗り込まれており、引き続き出来は維持しているとみています。1週前追い切りでこなした内容も良く、しっかりと追われたこのひと追いで更に上向く可能性もあるとみていますから、最後のひと追いまで注目したいです。その最終追い切りですが、坂路でこの馬らしくしっかりと動いてきましたし、今回も良い状態で使えるのではないでしょうか。個人的には1200mにより適性がある馬だと思っていますし、今年に入ってから馬がグンと良くなってきたような気もしていますので、今の充実度でどれだけのパフォーマンスを披露出来るのか注目です。
シャインガーネット
最終前:2ヶ月 A
最終:美南W 稍重 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用でしっかりと乗り込まれており、状態は引き続き保てているとみています。ただ、1週前追い切りの動きからはまだ奥があるようにも映りましたし、高いレベルではありながらも、まだ上のある馬だと思っていますので、最後のひと追いまで注目したいです。その最終追い切りですが、追い切りで動くタイプらしく最後まで良い内容を積んできましたし、引き続き好状態を維持出来ていると思っています。大幅上昇はどうかも、シルクロードステークス時もかなり良い出来にあったという認識ですので、今回も楽しみがあっても不思議ない存在なのではないでしょうか。
ジャンダルム
最終前:中2週 F
最終:栗坂 稍重 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく良い動きだったと思いますし、好状態はしっかりと維持出来ていると思っています。前走時の出来も良かったので、グンと変わってきたという印象はありませんが、力を出せればここでも勝負になる馬だと思っていますし、昨年のセントウルステークスでの内容からも楽しみがあって良い存在とみています。
ダイアトニック
最終前:中3週 A
最終:栗坂 稍重 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路では動くタイプですので、これくらいは動けても特に驚きはありません。絶好時との比較ではまだ見劣りするものの、中3週でも引き続き意欲を見せて追えている点は良いですし、出来も保てていると思っていますので、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、特に変わってきたという印象はなく、引き続き状態維持に努めているというイメージです。個人的に買い時は2年前の同時期か、前走だったかなと思いますし、絶好時との比較でもやや見劣りするかなと思っていますので、その中でどういった走りを披露してくれるのか注目です。
ダイメイフジ
最終前:中2週 F
最終:栗坂 稍重 単走 強め B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、内容は悪くはないものの、近走から特に変わらずという印象です。個人的にはまだ奥のある馬だと思っていますし、良い時との比較でも見劣りするイメージですので、現状でどの程度走ってくるのか注目です。
トゥラヴェスーラ
最終前:中3週 A ◆中間自己ベストタイ(栗坂)
最終:栗坂 稍重 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で自己ベストタイの好時計をマーク出来ていますし、状態は引き続き良好と判断しています。久々を使われた効果もあると思いますし、1週前追い切りのひと追いで更に上向いてくる可能性もあるとみていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、前回からそう大きく変わってきたという印象はないものの、引き続き良い状態は保てているのではないでしょうか。昨年も最後は良い脚で伸びてきていましたし、馬場や展開も不問という強みがありますので、昨年以上に充実している今なら、更に見せ場のある競馬を披露してきても不思議はないとみています。
ナランフレグ
最終前:中2週 F
最終:美南W 稍重 併せ同入 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、前走時もかなり良い出来にあったという認識ですので、ガラリと変わってきた印象はないですが、今回も引き続き素晴らしい仕上がりにあるとみています。未だ重賞未勝利ではあるものの、能力的には引けを取らないと思いますし、終いが生きるような形になれば、チャンスはあって良い1頭かなとみています。
ファストフォース
最終前:中2週 F
最終:栗坂 稍重 単走 強め B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、間隔は詰まりますので、無理はさせないというのがコンセプトだとは思うのですが、もう少し動けても良いのかなという動きに映りました。個人的にはまだ良い時との比較で見劣りするかなと思っていますし、良化の余地も残されている段階にあるとみていますので、その中でどういった競馬が出来るのか注目です。
メイケイエール
最終前:2ヶ月 A ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗CW 稍重 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込み十分ですし、状態は引き続き良好と判断しています。週末追いも意欲的に取り入れてきており、こなしている内容も評価出来るものが並びますので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、いつも通りの最終調整という感じで、今回も好状態でレースに挑める存在とみています。昨年のスプリンターズステークスでは4着ですし、高松宮記念の前哨戦であるシルクロードステークスでは見事勝利を挙げていますので、能力を出せればここでも通用の素材とみています。
ライトオンキュー
最終前:4ヶ月 A+
最終:栗坂 稍重 併せ先着 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で動くタイプらしく良い内容を積めていますし、久々でも順調に仕上がりは進んでいるとみています。個人的には現時点でも良い時と比較して遜色ない出来にあるとみていますし、手前2つでしっかりとやったことで、更に上向いてくる可能性もあるとみていますので、最後のひと追いまで注目したいです。その最終追い切りですが、先週までにしっかりと攻め込んでいますので、レース当該週はサラッと流す程度の登坂に。個人的には休み明けでもこれで十分だと思っていますし、昨年の高松宮記念と同じか、それ以上の仕上がりにあると思っていますので、鼻出血で走り切れなかった昨年からの巻き返しを期待している1頭です。今年も昨年に引き続き馬場に恵まれるようであれば、狙う価値は高まりそうな気がしていますので、雨の影響をどこまで受けるのかチェックしていきたいです。道悪ならより注目。
レイハリア
最終前:4ヶ月 A
最終:美南W 稍重 併せ先着 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用でしっかりと乗り込まれていますし、1週前追い切りの動きも良く映りました。馬は休ませたことですっかり立て直っていると思いますし、最終追い切り前の時点でも既に気配は上々とみていますので、あともうひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、最後までウッドチップコースでの調整に。動きは良いですし、1週前追い切りからの良化も感じ取れましたので、ここに向けて態勢は整ったとみています。あとは気持ちの面で難しいところがあったり、揉まれ弱いところもあるようなので、当日の馬場や枠の並びには目を向けたいところです。
レシステンシア
最終前:3ヶ月 A+
最終:栗坂 稍重 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、この馬なりに坂路で良く動けていると思いますし、久々も順調に仕上がりは進んでいるイメージです。良い時との比較でも遜色ないところまで状態は上がってきていると思っていますし、1週前追い切りでしっかり追ったことで、更に仕上がりは進むと思っていますので、最後のひと追いまで注目したいです。その最終追い切りですが、この馬なりに良い登坂だったと思いますし、1週前追い切りをジョッキー騎乗でしっかりやりましたので、これで十分だと思っています。まだ絶好時の出来にはないかもしれませんが、十分G1でも勝負になる出来にあると思っていますので、かなり強いと思っている4歳スプリント世代や、未知の魅力を秘めた他路線組と、現時点でどれだけの力量差があるのか、今後のためにも注目したい1戦です。
ロータスランド
最終前:中4週 A+
最終:栗坂 稍重 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、追い切りで動くタイプらしく良い動きを1週前追い切りでは披露してくれましたし、引き続き好状態を保てていると思っています。前走からもう1段階上向いてくるようならここでも面白いと思いますし、その点に注目しながら最後のひと追いまで注目したいです。その最終追い切りですが、坂路でこの馬とすれば軽めの登坂にはなったものの、1週前追い切りまでにしっかりと負荷は掛けられていますし、これで態勢は整ったとみています。初の1200m戦、それもG1ですので、流れに戸惑う可能性はあるとみていますが、馬場は味方になる可能性がありますし、土曜日の降り方次第では買いたい存在かなとみています。




各追い切りピック4

⑴最終追い切り前ピック4(※五十音順)

☑︎グレナディアガーズ

☑︎サンライズオネスト

☑︎ライトオンキュー

☑︎ロータスランド

⑵最終追い切りピック4(※五十音順)

☑︎グレナディアガーズ

☑︎サリオス

☑︎シャインガーネット

☑︎ライトオンキュー

⑶最終追い切り後ピック4(※五十音順)

☑︎グレナディアガーズ

☑︎サンライズオネスト

☑︎シャインガーネット

☑︎ライトオンキュー




調子指数




また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE