【武蔵野ステークス 2021】最終追い切り後の追い切り考察

当記事では武蔵野ステークス2021出走予定馬の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切り含む中間全体の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り後の追い切り考察

エアスピネル
最終前:中4週 B
最終:栗坂 稍重 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路では動ける馬だと思っていますので、その点を考慮するといくらか物足りない攻め過程が並んでいるイメージです。個人的にはもっと良くなってきて良い馬だと思っていますから、最終追い切りでどこまで上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、1週前追い切りのひと追いでグンと良くなった印象で、坂路で動くタイプらしく良い登坂を見せてくれたと思っています。最終追い切りのひと追いで態勢は整ったとみていますし、舞台設定も良いですから、十分見直せる状況下にあるのではないでしょうか。
オメガレインボー
最終前:3ヶ月 A+
最終:栗CW 稍重 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で良い内容をこなせていますし、久々でも仕上がりは良好とみています。2週続けてしっかり追われているので、最終追い切りでは更に良くなる可能性もありますから、最後のひと追いまで注目したいです。その最終追い切りですが、終い重点の内容にはなったものの、動きは良かったと思います。前走と似たような最終調整ですし、最終追い切り前までの過程は近走の中で1番良いくらいに映っていますので、ここでも楽しみを持って挑める1頭なのではないでしょうか。
サトノアーサー
最終前:2ヶ月半 A
最終:栗坂 稍重 単走 強め B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で動くタイプらしく良い内容を積めています。ただ、絶好時との比較ではどうかなとも思っていますので、最終追い切りでどれだけ良くなってくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、大きく変わってきた様子はないものの、坂路で動くタイプらしくまずまずの内容をこなしてきました。個人的にはまだ本調子にはないと思っていますが、力は出せる仕上がりにあるとみていますので、初ダートでどこまでやれるのか注目したいです。
スマッシャー
最終前:中4週 A
最終:栗坂 稍重 併せ先着 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、休み明けの前走を使われて大幅に良くなってきたというイメージはないものの、引き続き状態維持は出来ていると感じます。ただ、個人的にはまだ良くなる余地を残していると感じていますので、あともうひと追いでどこまで上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、終い重視も良いラップ推移で登坂出来ましたし、この馬なりに坂路で良く動けていると思います。手応えにもまだまだ余裕が見られましたし、追えば弾けそうな動きにも映りましたから、前走を1度使われた効果は大きいのではないかと思っています。
スリーグランド
最終前:中4週 A
最終:栗坂 稍重 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、とても良いとは言えないものの、この馬なりに動けていると思いますし、出来も保てている印象です。とはいえ、個人的にはまだ良くなる余地を残している段階にあるとみていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、近走の中では出来ていない部類に入るとは思うものの、攻めでは地味でも実戦に向かえばある程度動けてしまうタイプだと思っていますので、そこまで気にしなくて良いのかなとは思っています。ただ、良い時との比較では見劣りしますし、絶好の買い時にあるかと言われるとそうではないと思っていますので、現状でどれだけ走れるのか注目したいです。
ソリストサンダー
最終前:中4週 A+
最終:栗坂 稍重 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、前走も走りましたが、個人的には今回の方が良い仕上がりなのではないかと感じています。併用でしっかりと乗れていますし、こなしている内容も良いですから、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく良い内容を積んできましたし、個人的には前回以上の出来にあるとみています。昨年も走っている舞台ですし、能力は高い馬ですので、今年も昨年くらいは走れても良いと思っています。
ダイワキャグニー
最終前:中4週 A
最終:美南W 稍重 併せ同入 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻めはやれば動くタイプという認識ですので、その点を考慮するといくらか物足りない攻め内容が並んでいるイメージです。もっと良くなってきても良い馬だと思いますから、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い内容を消化してきましたし、1週前追い切りからの良化も感じられました。近走との比較でもいくらか出来は上向いているとみていますので、初ダートでどれだけやれるのか注目したいです。
タガノビューティー
最終前:5ヶ月 A
最終:栗CW 稍重 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、実戦向きとは思うものの、まだ仕上がり途上なのかなという印象を持っています。個人的にはもっと良くなってきて良い馬だと思っていますし、3週続けてしっかり追われていますので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、休み明けでもあらかた態勢は整っているように感じますし、力は出せる仕上がりにあるとみています。ただ、絶好時との比較ではまだ物足りなさが残りますので、得意舞台のここでは現状でどれくらいやれるのか注目したいです。
テイエムサウスダン
最終前:中6週 A+
最終:栗坂 稍重 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路でいつも通り良い内容をこなせていますし、引き続き出来は保てていると思っています。この中間は岩田康騎手が付きっ切りという点も良いと思いますし、週を追うごとに良くなってきているイメージですから、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく良い内容を消化してきましたし、デビュー以来1番良いくらいにも感じています。岩田康騎手が付きっきりで馬を作っているという点にも好感が持てますし、マイルさえこなせれば見せ場を作れる存在かなとみています。ただ、JBCスプリントが本命だっただけに、除外でやむなくこちらへという感じならどうだろうという気はしていますが。現状1400mがベストというのは馬柱を見ていればわかりますので、今回は1Fの延長が鍵に。
バスラットレオン
最終前:中2週 F
最終:栗坂 稍重 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週と間隔は詰まるものの、坂路で意欲的に追えている点は高く評価したいです。また、前回追い切りに跨っていた坂井騎手は「まだ本調子ではなさそう」と公言していましたので、1度使われた上積みもあるのではないでしょうか。あともうひと追いありますので、更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路では動けるタイプとはいえ、2週続けて良い内容をこなしてきましたし、前走を使った効果も大きいと感じます。中2週でこれだけ攻めれれば十分ですし、春先からの成長も感じますので、ダートをこなせれば面白い存在になるのではないでしょうか。
ヒロシゲゴールド
最終前:中4週 A
最終:栗坂 稍重 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で動くタイプらしく良い内容を積めていると思いますし、引き続き良い状態は保てていると思います。ただ、まだ良くなりそうなイメージもありますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく良い内容を積めています。絶好時との比較では見劣りするものの、前回よりは良いと感じていますので、力は出し切れるとみています。ただ、前回は馬場や展開も向いた印象ですから、この舞台替わりでどうでしょうか。
ブルベアイリーデ
最終前:中5週 B
最終:栗坂 稍重 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路では動くタイプという認識ですので、その点を考慮するといくらか物足りない攻め内容が並んでいるイメージです。もっと動けて良いと思いますから、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく良い内容は積んできました。ただ、大きく変わってきたという様子はありませんし、まだ良くなる余地も残されている段階にあるとみていますので、その中でどれだけの走りが出来るのか注目したいです。
リアンヴェリテ
最終前:中5週 B
最終:栗坂 稍重 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路では動けるタイプですので、その点を考慮するといくらか物足りなく感じます。個人的にはまだ良くなってくる段階にあるとみていますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく良い内容を積んできましたし、1週前追い切りからの良化も感じ取れました。絶好時との比較ではどうかも、復調の気配は感じますので、自分の競馬をしてどこまでやれるでしょうか。
レピアーウィット
最終前:3ヶ月 A
最終:美南W 稍重 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、本数はしっかりと乗れていますし、追うごとに良くなってきているイメージはあります。ただ、まだ良くなる余地は残している段階にあるとみていますので、最終追い切りでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、大きく変わってきた様子はないものの、休み明けとすれば十分と言える出来にはあるとみています。ただ、まだ良化の余地は残されているように感じますので、現状でどれだけやれるのか注目したいです。
ワイドファラオ
最終前:中4週 B
最終:栗坂 稍重 併せ同入 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻めは動くタイプという認識ですが、その点を考慮するといくらか物足りなく映ります。前走との比較でもそこまでの変化を感じませんでしたし、まだ良化の余地は残されていると思いますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、坂路でまずまずの内容はこなせているものの、変わってきた様子はありません。まだ奥のある馬だと思いますから、現状でどれだけ走れるのか注目したいです。
ワンダーリーデル
最終前:中4週 A
最終:栗坂 稍重 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で意欲的に追われていますし、久々の前走を使った効果はあるのではないかと感じています。とはいえ、まだ奥はあると思っていますので、最終追い切りでどこまで上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、動きは悪くないですし、久々の前走を1度使った効果はあると思っています。ただ、良い時との比較ではまだ見劣りするイメージですので、現状でどれだけ走れるのか注目したいです。




各追い切りピック4

⑴最終追い切り前ピック4(※五十音順)

☑︎オメガレインボー

☑︎ソリストサンダー

☑︎テイエムサウスダン

☑︎バスラットレオン

⑵最終追い切りピック4(※五十音順)

☑︎エアスピネル

☑︎オメガレインボー

☑︎バスラットレオン

☑︎ヒロシゲゴールド

⑶最終追い切り後ピック4(※五十音順)

☑︎オメガレインボー

☑︎ソリストサンダー

☑︎テイエムサウスダン

☑︎バスラットレオン




調子指数




また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE