【朝日杯フューチュリティステークス 2021】最終追い切り前の追い切り考察

当記事では朝日杯フューチュリティステークス2021出走予定馬の最終追い切り前の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切りを事前に情報を持った上で見ることが出来れば、また違った見え方が可能になると思いますので、是非最後までご覧していって下さい。

最終追い切り前の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り前の追い切り考察

アネゴハダ ※抽選対象6/7
連闘のため時計は出していない状況です。最終追い切りが行われるかわかりませんが、やるのであればそこに重点を置いて評価していきたいです。
アルナシーム ※抽選対象6/7
中3週でも意欲的に追えていますし、動きも悪くありません。前回に引き続き良い出来にはあると思っていますので、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。
ヴィアドロローサ
攻め動くタイプらしく動きは良いですし、前回と同じくらいの出来にはあるとみています。ただ、個人的にはまだ良化の余地が残されている段階とみていますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。
エーティーマクフィ ※抽選対象6/7
中間一頓挫あったようで、追い切りを順調に消化出来ていないという点は1つ気になっています。ただ、ここまでこなしてきている攻め内容は悪くありませんので、あともうひと追いでどういった動きを披露してくれるのか注目したいです。
オタルエバー
1週前追い切りは馬場の軽いポリトラックコースでの追い切りでしたが、中3週でもきっちり長めを追えたという点は高く評価していますし、動きも良かったと思います。このひと追いで更に上向く可能性もあると思っていますので、最終追い切りによる良化度合いにも注目したいです。
カジュフェイス
併用で乗り込み十分ですし、こなしている内容も悪くありません。ただ、個人的にはまだ奥のあるタイプというイメージを持っていますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。
ジオグリフ
ここまで併用でしっかりと乗れていますし、1週前追い切りではC.ルメール騎手を背に実戦を想定した追い切りも消化してきています。動きもこの馬なりに良いですし、引き続き力は出せる状態にあるとみていますから、最後のひと追いまで目が離せない存在かなとみています。
シンリミテス ※抽選対象6/7
1週前追い切りは悪くない内容だと思いますし、この馬なりに動けていたとは思います。ただ、まだ良化の余地を残しているような動きにも見えましたので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。
スプリットザシー ※抽選対象6/7
坂路で良く乗れていますし、動きも悪くありませんから、引き続き出来は保てていると感じます。ただ、まだ奥はある馬だと思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。
セッカチケーン ※抽選対象6/7
中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。
セリフォス
併用でしっかりと乗れていますし、この馬なりに動きも良いです。ただ、絶好時との比較ではいくらか見劣りするイメージがありますから、あともうひと追いでどれだけ良くなってくるのか注目したいです。
ダノンスコーピオン
攻め動くタイプらしく良い内容を積めていますし、ここまで順調にきているとみています。ただ、絶好時との比較ではまだ見劣りするイメージですので、あともうひと追いでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。
デュガ
坂路で動くタイプらしく良い内容を消化出来ていますし、引き続き出来は保てているという印象です。ただ、個人的にはまだ良くなる馬だと思っていますから、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。
トゥードジボン ※抽選対象6/7
攻め動くタイプらしく良い内容を積めていますし、状態は引き続き良好とみています。ただ、本馬場での追い切りが目立っており、ウッドチップコースではあまり追えていないという点は1つ気になっています。あともうひと追いありますので、更に上向いてくるようなら楽しみな存在です。
トウシンマカオ
攻め動くタイプらしく良い内容を積めていますし、順調に仕上がりは進んでいる印象です。ただ、絶好時との比較では一枚落ちという印象がありますので、最終追い切りでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。
ドウデュース
週を追うごとに良くなってきたという印象で、中でも1週前追い切りの動きは凄く良かったと思います。このひと追いで更に上向きそうですし、あともうひと追い残されていますから、更に良くなってくるようなら楽しみです。
ドーブネ
攻め動くタイプらしく良い内容を積めていますし、順調に仕上がりは進んでいるというイメージです。ただ、間隔の割には攻め量不足気味かなとも思いますので、あともうひと追いはある程度ハードにやってきて欲しいと個人的には思っています。
プルパレイ
併用で乗り込み十分ですし、追うごとに良くなってきていると思います。ただ、攻めは毎回良く動くタイプですので、最後まで過剰に評価しないよう気を付けたい1頭ではあります。
ベルウッドブラボー
併用で本数は乗れています。ただ、内容は強調材料に欠けているイメージですので、個人的にはまだ仕上がり途上という印象を持っています。まだ良くなる馬だと思いますので、最後のひと追いまで注目したい存在です。




⑴最終追い切り前ピック4

⑴最終追い切り前ピック4 (※五十音順)

☑︎オタルエバー

☑︎ジオグリフ

☑︎トウシンマカオ

☑︎ドウデュース




最終追い切り前の追い切り評価




また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




最新情報をチェックしよう!