【朝日杯フューチュリティステークス 2021】最終追い切り後の追い切り考察

当記事では朝日杯フューチュリティステークス2021出走予定馬の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切り含む中間全体の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り後の追い切り考察

アルナシーム
最終前:中3週 A
最終:栗CW 良 併せ同入 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中3週でも意欲的に追えていますし、動きも悪くありません。前回に引き続き良い出来にはあると思っていますので、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、我慢の効いた走りで動き自体は良かったですし、追われてからの反応もまずまずでした。ただ、個人的には広いコースより他が苦にしやすい小さいコースの方がこの馬にとっては良いのではないかと思っていますので、誤魔化しのきかないコースでどれだけやれるのか注目したいです。
ヴィアドロローサ
最終前:中5週 A
最終:美南W 稍重 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく動きは良いですし、前回と同じくらいの出来にはあるとみています。ただ、個人的にはまだ良化の余地が残されている段階とみていますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い内容を消化してきましたし、良い状態に仕上がったという印象です。前回から大きく変わってきたというイメージこそないものの、引き続き良い状態にあるとみていますので、見せ場を作れても良い存在とみています。前走も普通に競馬が出来ていれば馬券内はあったような走りでしたので、穴なら狙う価値は大いにありかなと。
オタルエバー
最終前:中3週 A
最終:栗坂 良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、1週前追い切りは馬場の軽いポリトラックコースでの追い切りでしたが、中3週でもきっちり長めを追えたという点は高く評価していますし、動きも良かったと思います。このひと追いで更に上向く可能性もあると思っていますので、最終追い切りによる良化度合いにも注目したいです。その最終追い切りですが、最後まで幸騎手付きっきりで調整されており、坂路で動くタイプらしく素晴らしい動きだったと思いますし、個人的にはデビューして以来1番良い仕上がりでレースを迎えられるのではないかと感じています。マイルも守備範囲だと思いますし、走法から外回りコースは歓迎とみていますから、前目で上手く運べれば予想以上に粘り込む可能性も大いにあるとみています。新潟2歳ステークスはシンプルにキレ負けだと思っていますし、今の馬場であればそこの差が埋まっても不思議はないのかなと。
カジュフェイス
最終前:2ヶ月 A ◆中間自己ベスト(栗CW5F)
最終:栗坂 良 単走 馬也 A ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込み十分ですし、こなしている内容も悪くありません。ただ、個人的にはまだ奥のあるタイプというイメージを持っていますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、終いはいくらか甘くなっているものの、自己ベストを塗り替えてきましたし、具合は良さそうに映ります。全体的に見渡しても悪くない内容が並んでいると思いますし、良い状態でレースを使えるとみていますので、現状でどれだけ走れるのか注目したいです。
ジオグリフ
最終前:3ヶ月 A
最終:美南W 稍重 併せ同入 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、ここまで併用でしっかりと乗れていますし、1週前追い切りではC.ルメール騎手を背に実戦を想定した追い切りも消化してきています。動きもこの馬なりに良いですし、引き続き力は出せる状態にあるとみていますから、最後のひと追いまで目が離せない存在かなとみています。その最終追い切りですが、大きく変わってきた様子はないものの、この馬なりに良い動きだったと思いますし、出来はここに向けて悪くないとみています。ただ、まだ成長の余地は残している段階かなと思いますし、完成度としてはそこまで高くないとみていますので、その中でどれだけの走りが出来るのか注目したいです。
シンリミテス
最終前:2ヶ月半 A
最終:栗CW 良 併せ遅れ 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、1週前追い切りは悪くない内容だと思いますし、この馬なりに動けていたとは思います。ただ、まだ良化の余地を残しているような動きにも見えましたので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、見た目の派手さには欠けるものの、こなしている内容自体は悪くないですし、順調に仕上がったという印象です。ただ、馬の完成度としてはそこまで高くないと思っていますので、その中でどれだけの走りが出来るのか注目したいです。
スプリットザシー
最終前:2ヶ月 A
最終:栗坂 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で良く乗れていますし、動きも悪くありませんから、引き続き出来は保てていると感じます。ただ、まだ奥はある馬だと思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、坂路でこの馬なりに動けたと思いますし、除外で1週延びた点も状態面アップという意味で言えば良い方へ出ているのかなと思っています。ただ、まだ良くなってくる馬だと思っていますし、本来は牝馬同士の阪神ジュベナイルフィリーズに出たかったはずの馬だと思いますので、相手強化や2戦目でG1という壁をどう乗り越えるのか注目したいです。
セッカチケーン
最終前:中2週 F
最終:美南W 稍重 併せ先着 馬也 B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、間隔は詰まりますし、特に変わってきた様子はありません。まだここから良くなる馬だと思いますし、芝初戦がG1というのもハードルが高いと思いますので、現状でどれだけやれるのか注目したいです。
セリフォス
最終前:中4週 A
最終:栗CW 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用でしっかりと乗れていますし、この馬なりに動きも良いです。ただ、絶好時との比較ではいくらか見劣りするイメージがありますから、あともうひと追いでどれだけ良くなってくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、良い意味で変わってきた様子はなく、引き続き力は出せる状態にあるとみています。ただ、まだ良くなる余地は残しているのかなとも思っていますし、ここまで上がりだけの競馬しか経験していないという点は1つ気になっているポイントですので、それらを踏まえてこの舞台でどういった競馬をしてくれるのか注目したいです。
ダノンスコーピオン
最終前:中6週 A
最終:栗坂 良 併せ同入 馬也 A+ ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく良い内容を積めていますし、ここまで順調にきているとみています。ただ、絶好時との比較ではまだ見劣りするイメージですので、あともうひと追いでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、良い意味で変わってきた様子はなく、引き続き力は出せる仕上がりにあるとみています。ただ、まだ奥のある馬だと思っていますし、完成度としてはそこまで高くない方かなと個人的には思っていますので、現状でどれだけの走りが出来るのか注目したいです。
トゥードジボン
最終前:中5週 A ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗CW 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく良い内容を積めていますし、状態は引き続き良好とみています。ただ、本馬場での追い切りが目立っており、ウッドチップコースではあまり追えていないという点は1つ気になっています。あともうひと追いありますので、更に上向いてくるようなら楽しみな存在です。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い内容を消化してきましたし、引き続き良い状態にあると感じています。ただ、攻めは毎回動きますので、過剰に評価するのは禁物かなと思っています。そこまで人気しなければおさえたい存在です。
トウシンマカオ
最終前:中5週 A
最終:美坂 稍重 併せ同入 強め A ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく良い内容を積めていますし、順調に仕上がりは進んでいる印象です。ただ、絶好時との比較では一枚落ちという印象がありますので、最終追い切りでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、坂路で自己ベストは塗り替えてきたものの、近走から変わってきたという様子はありません。むしろ、まだ良くなる余地を残している段階にあるのかなと思っていますので、その中でどういった走りが出来るのか注目したいです。個人的には過去2戦の方が良い仕上がりだったかなと思ったりしています。
ドウデュース
最終前:2ヶ月 A
最終:栗P 良 併せ先着 馬也 A+ ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容から見ていきますと、週を追うごとに良くなってきたという印象で、中でも1週前追い切りの動きは凄く良かったと思います。このひと追いで更に上向きそうですし、あともうひと追い残されていますから、更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、ポリトラックコースでの追い切りとなりまして、全体の時計もしっかり出してきましたし、終いまでしっかりとやってきたという点は評価したいです。肝心の動きも良かったですし、気配も前回より上向いているように感じましたので、楽しみを持って挑める状況下にあるとみています。勝ってきたレースに派手さはありませんが、攻め内容からはポテンシャルを感じていますので、人気次第では買いたい1頭かなと思っています。
ドーブネ
最終前:2ヶ月半 A
最終:栗CW 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく良い内容を積めていますし、順調に仕上がりは進んでいるというイメージです。ただ、間隔の割には攻め量不足気味かなとも思いますので、あともうひと追いはある程度ハードにやってきて欲しいと個人的には思っています。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い内容を消化してきましたし、出来は維持か、やや上向きまであるとみています。ただ、まだ良化の余地も残しているように映りますので、現状でどれだけやれるのか注目したいです。
プルパレイ
最終前:中4週 A
最終:栗坂 良 併せ先着 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込み十分ですし、追うごとに良くなってきていると思います。ただ、攻めは毎回良く動くタイプですので、最後まで過剰に評価しないよう気を付けたい1頭ではあります。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い内容を積んできましたし、力出せる仕上がりにあるとみています。M.デムーロ騎手が3週立て続けに追い切りに跨っているという点も好感が持てますし、かなり意欲的に調整されている点も目を惹きますので、穴としてなら注目出来る存在かなとみています。




各追い切りピック4

⑴最終追い切り前ピック4(※五十音順)

☑︎オタルエバー

☑︎ジオグリフ

☑︎トウシンマカオ

☑︎ドウデュース

⑵最終追い切りピック4(※五十音順)

☑︎ヴィアドロローサ

☑︎オタルエバー

☑︎ダノンスコーピオン

☑︎ドウデュース

⑶最終追い切り後ピック4(※五十音順)

☑︎ヴィアドロローサ

☑︎オタルエバー

☑︎ダノンスコーピオン

☑︎ドウデュース




調子指数




また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE