【富士ステークス 2021】追い切り党の軸馬

当記事では基本的に近走以上の出来にあると見た上昇馬調子指数縦横比較から独自の目線で選別させて頂いております。

上昇(変身)=それすなわち近走以上のパフォーマンスを発揮する可能性や、これまで見せたことがなかった走りを期待出来る局面にあるという解釈のもと馬を選んでいますので、1つこういったファクターもあるんだなくらいの気持ちで参考にして頂けると嬉しいです。

必ずしも毎回的中をお届け出来るコンテンツではありませんが、もし良ければ参考にしてみて下さい。

その他、平場や新馬戦などここに記載のない好追い切り馬に関しましては「追い切り専門紙」をご覧下さい。

※追い切りに特化した新聞のようなものをご自身のお手元の端末で

私自身、毎週全レース全馬の追い切り内容をチェックしていますので、その過程を元に1本の記事を作成しています。個人的に買いだと思った馬には☆、★印を打たせていただき、そうでない馬には空白と、シンプルな構成ですが、人気の記事となっています。その日の中央競馬終了後というルールは設けているものの返金申請も受け付けていますので、もし良ければこの際にご利用してみて下さい。

追い切り専門紙を購読する

また、Twitterでは最新情報(ブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




追い切り党の軸馬

東京11R 富士ステークス 15:45
◎7.タイムトゥヘヴン 調子指数110
最終追い切り前評価:A+
最終追い切り後評価:S↑
最終追い切り前ピック4:☑︎
最終追い切りピック4:☑︎
最終追い切り後ピック4:☑︎
前走を使ってグッと良くなってきたという印象ですし、上り調子の中で今回を戦えるとみています。それに伴い攻め内容も良くなりまして、1週前追い切り、最終追い切りと良い反応を見せてくれていますので、その点が1つ良さとして結果に結び付けば良いなと思っています。弥生賞は好メンバーが揃いましたが、早めに動き自ら負かしにいく競馬をしての6着。NHKマイルカップでは勝負どころでスムーズさを欠き6着。前走のセントライト記念では直線で包まれて何も出来ずの13着と、能力の高い馬にもかかわらずフルで力を出し切れていないレースが続いているという印象が強いです。ダービーはあの位置からではさすがに厳しかったでしょうし、距離も少し長かったかもしれません。前走後は菊花賞へ向かうプランもあったようですが、ジョッキーからの進言により富士ステークスになったようですので、やはり長いよりは短い方がこの馬にとっては良いのかなと思っています。マイルあたりであれば重賞実績もありますし、ここでも戦えるだけの下地はあるのかなと思っていますので、短縮や叩き2戦目の上積み、斤量差などを生かして見せ場のある競馬を期待したいです。




※追い切りに特化した新聞のようなものをご自身のお手元の端末で

追い切り専門紙を購読する

また、Twitterでは最新情報(ブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE