【宝塚記念 2021】最終追い切り後の追い切り考察

どうも、優太です。

当記事では宝塚記念2021出走予定馬の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切り含む中間全体の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

※追い切りに特化した新聞のようなものをご自身のお手元の端末で

私自身、毎週全レース全馬の追い切り内容をチェックしていますので、その過程を元に1本の記事を作成しています。個人的に買いだと思った馬には☆、★印を打たせていただき、そうでない馬には空白と、シンプルな構成ですが、人気の記事となっています。その日の中央競馬終了後というルールは設けているものの返金申請も受け付けていますので、もし良ければこの際にご利用してみて下さい。

追い切り専門紙を購読する

 

 

また、Twitterでは最新情報(ブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り後の追い切り考察

アドマイヤアルバ
最終前:中3週 B
最終:美坂 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、間隔は詰まってはいるものの、こなしている内容には物足りなさが残ります。ここに向けて大きく変わってきたという様子もありませんし、相手も一気に強化されますので、あともうひと追いによる良化度合い次第の1頭かなとは思います。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく坂路で悪くない動きは披露出来ていたと思います。ただ、大幅に良くなってきた感じはしませんし、相手も一気の強化ですので、その点でどうでしょうか。
アリストテレス
最終前:2ヶ月 A
最終:栗坂 良 併せ先着 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用でしっかり乗り込まれ、こなしている攻め内容も良いです。現状大きく変わってきたという様子はないものの、引き続き良い状態を保てていると思いますので、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、大きく変わってきた様子はないものの、この馬なりに良く動けていますし、順調に仕上がったとは思います。ここ2戦は長丁場で成績を落としていますから、距離が短くなるというのも良さそうですし、見直せるタイミングではあると思います。
カデナ
最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週と間隔は詰まっているのですが、坂路で意欲的な登坂を見せています。終い重視とはいえ、中2週でこれだけやれていれば十分ですし、引き続き状態は高いレベルにありそうですから、このひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路で派手に見せるタイプではないものの、今回は良く動けていますし、気配も上向きとみています。前走の脚色を見ても、まだ一線級でやれる馬ということが再認識出来ましたし、久々に良い状態で使えそうですので、穴で買ってみても良い1頭なのかなとは思います。
カレンブーケドール
最終前:2ヶ月 A+
最終:美坂 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、今回も坂路主体の調整になっていますが、これまでもこの調整方法でしっかり走れていますし、個人的にはウッドチップコースを併用していないという点は全く気にしていません。ここに向けて動きも良くなっていると感じますし、良い仕上がりで出て来れると思っていますので、あともうひと追いにも要注目の1頭です。その最終追い切りですが、近走の中では上位の仕上がりとみていますし、最終追い切りもこの馬なりに良い動きだったと思います。距離が短くなるのも良いでしょうし、どんな舞台でも安定して走ってくる馬ですから、あとは当日良馬場でやれればこの舞台でも魅力的に映る1頭かなとは思います。
キセキ
最終前:2ヶ月 A
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で良い内容を積めていますし、ここに向けて順調に仕上がりは進んでいる印象です。仕上がり自体も近走の中では上位とみています。ただ、年齢的にもそこまで変わってきた様子はありませんし、過去の良い時との比較では数段落ちているというイメージを個人的には持っていますので、あともうひと追いによる良化度合い次第の1頭かなとは思っています。その最終追い切りですが、近走の中では上位の仕上がりというイメージではあるものの、本当に良かった頃との比較ではまだ見劣るイメージの方が強いです。2年連続馬券内に来ている舞台ですから、相性は良いと思いつつも、年齢的に上積みというのは感じないので、その中で今年はどのようなパフォーマンスを披露してくれるのか注目です。
クロノジェネシス
最終前:3ヶ月 A+
最終:栗CW 良 併せ同入 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、 2週前追い切りから素晴らしい動きでしたし、これなら本番でもと思う走りでした。1週前追い切りではC.ルメール騎手を背にハードな内容を消化出来ましたし、このひと追いでほとんど態勢は整いそうなイメージです。1週前追い切りを行った週の日曜日にもキッチリ負荷を掛けられていますし、海外帰りでも至って順調という感じですので、あともうひと追いにも要注目したいです。その最終追い切りですが、ルメール騎手を乗せた1週前追い切りが調教師の意図的な内容ではなかったということで、最終追い切りは岩田望騎手を乗せての調整に。最終追い切りは負担を少なくするためにルメール騎手を乗せなかったという報道も出ているようですので、最後のひと追いは陣営としても軽めに留めておきたかったという意図もあるようで。動きは良かったですし、海外帰りでも問題ない出来にはあると思いますが、本来2度コンタクトを取るはずだったルメール騎手はこの中間1度しかクロノジェネシスに乗れませんでしたので、唯一懸念点を出すとすればこの点くらいかなと思います。出来は良いです。
シロニイ
最終前:2ヶ月 A
最終:栗坂 良 併せ同入 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗れているものの、強めの負荷をかけられているという点以外は特に強調したい点は見当たりません。2週続けてしっかり追われていますので、その効果があともうひと追いで少しでも見られればと思います。その最終追い切りですが、この馬としては坂路でかなり動けましたし、高く評価します。能力的にはさすがに見劣りすると思いますが、近走の中では1番の出来と判断していますので、レースぶりが変わってきても全く不思議ない1頭に感じます。穴候補。
ミスマンマミーア
最終前:中3週 A
最終:栗CW 良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中3週と間隔は詰まっていますが、併用で良く乗れていますし、負荷という面では十分です。ただ、そこまで大きく変わってきたという様子はありませんので、あともうひと追いで更なる良化を感じ取れればと思います。その最終追い切りですが、時計的にはそこまでの変化はないものの、動きは良いですし、長く良い脚を伸ばせていました。実戦でもこの点が生きてくれば良いですし、重賞ではやれる器の持ち主ですから、ハマれば善戦のチャンスはあっても良い1頭と感じます。穴候補。
メロディーレーン
最終前:中1週 F
最終:栗坂 良 併せ同入 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中1週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、大きく変わってきた様子はないものの、普段坂路ではかなり地味な方ですので、そう考えるとこの馬なりに動けていると思います。まだ奥はありそうですが、力は出せるとみていますので、現状でどれだけ走れるのか注目です。
モズベッロ
最終前:2ヶ月半 A+
最終:栗坂 良 併せ同入 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、ここまで併用でキッチリ作られていると思いますし、馬はいよいよ本格化の域に入ったのではないかと感じます。これまでは攻めで動き切れないことも多かったのですが、今回はそんなことは全くなく、素晴らしい内容をいくつも消化出来ていますので、この点には個人的にかなり好感を持っています。既にG1でも走れる力は示していますし、道悪にでもなれば軸まで視野に入る1頭かなと思っていますので、あともうひと追いによる良化度合いにも要注目したいです。その最終追い切りですが、この馬は坂路で目立たないタイプのですので、これくらい動けていれば十分です。全体的に眺めても凄く良い攻め過程を歩めていますので、好パフォーマンスに期待して良い状況にはあるとみています。
ユニコーンライオン
最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 併せ先着 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週と間隔は詰まっているのですが、坂路で意欲的な登坂を見せています。内容は目立たずとも、中2週でこれだけやれていれば十分ですし、引き続き状態は高いレベルにありそうですから、このひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路では動くタイプとはいえ、良い内容を消化してきましたし、近走の中で見ても上位と言える出来にあるとみています。この短いスパンの中でも良化を感じ取れましたし、連勝の勢いも魅力的ですので、前走同様に流れが向けば善戦のチャンスはあるとみています。
レイパパレ
最終前:2ヶ月半 A+
最終:栗坂 良 単走 強め A+ ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容から見ていきますと、終い重視も1週前追い切りは素晴らしい動きでした。内容自体は軽いものが並んでいますが、仕上がり早なタイプなだけにこの攻め過程は問題ないと判断していますし、これだけ動けていますので、あともうひと追いで更に上向いてくるのかどうか要注目したい1頭です。その最終追い切りですが、坂路で自己ベストを更新。時計はあくまで参考程度とはいえ、これには好感が持てますし、動きも目立っています。2週続けてしっかり動けましたので、引き続き力は出せるとみていますし、距離さえ保てばここでも勝負になる馬だと思います。
ワイプティアーズ
最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週と間隔は詰まっているのですが、坂路で意欲的な登坂を見せています。終い重視とはいえ、中2週でこれだけやれていれば十分ですし、引き続き状態は高いレベルにありそうですから、このひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路でこの馬なりに良い動きを披露してくれましたし、出来は前走以上とみています。中2週でもこれだけ攻め切れたという点には好感を持っていますし、前走も見せ場はありましたから、ここでもどれだけ走れるのか注目です。




各追い切りピック4

【最終追い切り前ピック4】※五十音順

☑︎カレンブーケドール

☑︎クロノジェネシス

☑︎モズベッロ

☑︎レイパパレ

【最終追い切りピック4】※五十音順

☑︎カデナ

☑︎シロニイ

☑︎ミスマンマミーア

☑︎レイパパレ

【最終追い切り後ピック4】※五十音順

☑︎カデナ

☑︎シロニイ

☑︎モズベッロ

☑︎レイパパレ




調子指数

 

※追い切りに特化した新聞のようなものをご自身のお手元の端末で

追い切り専門紙を購読する

 

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE