【北九州記念 2021】最終追い切り後の追い切り考察

どうも、優太です。

当記事では北九州記念2021出走予定馬の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切り含む中間全体の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り前の追い切り考察

アウィルアウェイ
最終前:中6週 A+
最終:栗坂 不良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路でいつも通りの調整をこなせており、引き続き状態は高いレベルにあると感じます。1週前追い切りの動きも良く映りましたし、このひと追いで更に仕上がりは進みそうですから、最終追い切りの動きにも注目したいです。その最終追い切りですが、動きは悪くないものの、いくらか攻め控えられたという印象です。個人的にはもう少し攻めてきても良かったかなと思っていますし、特に強調したい内容でもなかったので、抑えめの評価としました。
アスコルターレ
最終前:中4週 B
最終:栗CW 不良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗れているものの、強調材料には欠ける印象です。攻めはかなり動けるタイプという認識ですので、その点を考慮するとまだ奥はありそうですし、あともうひと追いでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、時計的にはそこまで目立たないものの、軽快なピッチ走法で動き自体は良く映りました。近走から大きく変わってきた様子はありませんが、引き続き状態は良いと思いますので、ハマれば見せ場があっても良いのかなと思っています。
エングレーバー
最終前:3ヶ月 A+
最終:栗坂 不良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用でしっかり乗り込まれていますし、こなしている攻め内容も上々です。追うごとに上向いてきているというイメージで、まだ良くなってきそうですから、現状の出来でも十分とはいえ最後のひと追いまで注目したい存在です。その最終追い切りですが、終い重点全体の時計は平凡ではあったものの、動きそのものは凄く良く、力は出せる仕上がりと見て良さそうです。個人的には前走と同じくらいか、それ以上の仕上がりだと思っていますので、初のスプリント戦でも楽しみに感じている1頭です。
コンパウンダー
最終前:2ヶ月半 A
最終:栗坂 不良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、特に強調したい点は見当たらないものの、坂路でしっかり乗り込まれていますし、仕上がりは順調に進んでいるというイメージです。とはいえ、個人的にはまだ良くなってきて良い馬だと思っていますので、最後のひと追いまで注目したいです。その最終追い切りですが、動きも軽快で、自己ベストに迫る好時計をマークして来たということで、具合自体は良いと感じます。近走はさっぱりですが、その近走の中では1番の出来だと感じていますので、レースぶりが変わってきても不思議はない1頭かなと思っています。
シゲルピンクルビー
最終前:2ヶ月半 A+
最終:栗坂 不良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプとはいえ、1週前追い切りの動きは凄く良く映りましたし、このひと追いで更に仕上がりは進みそうなイメージです。久々でもこれだけ動けていれば十分だと思いますし、最後のひと追いで更に良く見せてくるようならここでも楽しみになってくると思います。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプとはいえ、動きは凄く良く映りましたし、ここに向けて前走以上の仕上がりで出て来れると感じています。その前走は全く競馬になっていませんでしたが、スプリント適性は感じさせましたし、和田騎手に戻ればパフォーマンスが上がってきても不思議はないかなと感じています。
ジャンダルム
最終前:4ヶ月 S ◆中間自己ベスト(栗坂②)
最終:栗坂 不良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路ではかなり動くタイプとはいえ、この中間は素晴らしい内容を数本消化出来ていますし、久々でもかなり良い仕上がりで挑める1頭だと思っています。2週立て続けに坂路で自己ベストを塗り替えてきているように、現状でも具合は凄く良さそうですし、母が名スプリンターであるように、この馬にもそうなる資質は十分にあると思っていますので、最終追い切りまで要注目したい存在かなと思っています。その最終追い切りですが、先週までに十分過ぎるほどしっかり追っている分、最終追い切りは軽めの内容にはなりましたが、動きそのものは軽めの中でも良く映りました。全体を通して眺めて見ても、馬はここに向けてキッチリ作られてきたと思いますし、スプリント路線に矛先を向けたのが良い方に出ているようですから、ここでもしっかりと走れるようであれば秋が楽しみになってくる1頭かなと思っています。天候や馬場状態次第ではありますが、追い切り党の軸馬候補の1頭です。
ノーワン
最終前:中6週 C
最終:栗坂 不良 単走 馬也 B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗れてはいるものの、内容は目立ちません。攻めはかなり動けるタイプですので、その点を考慮すると物足りなく感じますし、まだ良くなってきて良い馬だと思っていますので、最後のひと追いでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、全体的に攻め控えられての最終追い切り終い重点ですから、個人的にはあまり良いイメージを持っていません。加えて、攻め動く時はもっと楽に良い動きが出来る馬という認識ですので、まだ全体的に良化途上なのではないかという印象です。
ファストフォース
最終前:中6週 B
最終:栗坂 不良 併せ先着 一杯 B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、この馬なりに坂路で乗れてはいるものの、追い切り党の軸馬に推させて頂いたCBC賞時に比べるといくらか物足りない印象があります。前走の出来を100点とするのであれば、現状では70点前後というイメージを持っていますので、あともうひと追いでどれだけ良くなってくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく動きは悪くないものの、前走の方が出来が良かったという認識は変わらずです。ただ、前走と同舞台ですし、高速馬場であれば引き続き注視は必要に感じます。CBC賞では追い切り党の軸馬に指名させて頂きましたが、今回も前走と同じ熱量で推せるかと言われると疑問です。
ファンタジステラ
最終前:中4週 A+
最終:栗坂 不良 併せ同入 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路ではそこまで良く見せないタイプという認識だったのですが、今年に入ってからは動きそのものも良くなりつつあるという印象を持っていますし、前走に引き続き良い出来をキープしていると感じます。1週前追い切りでもハイレベルな併せ馬を消化しまして、遅れはしたもののこの馬自身の動きはとても良く、このひと追いで仕上がりはより進むと思いますので、最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、大きく変わってきた様子はないものの、動きは良いですし、引き続き高いレベルで状態は安定しているという印象です。良い時との比較でも遜色ありませんし、力は出せると思いますので、人気薄なら抑えたい1頭に感じます。
ボンセルヴィーソ
最終前:2ヶ月半 A+
最終:栗坂 不良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で良く乗り込まれていますし、攻め動くタイプらしく良い内容も並んでいます。1週前追い切りのウッドチップコースで追われた内容も良く、このひと追いで更に仕上がりは進むと思いますので、最後のひと追いまで注目したいです。その最終追い切りですが、見習い騎手騎乗とはいえ、坂路で自身初の終い1F11秒台を掲示してきました。この点は1つ強調しておきたいですし、好仕上がりのあらわれかなと思っています。出来も上向きまであると思っていますし、状態は引き続き良いと思いますので、久々の1200mに上手く対応出来るようなら善戦可能とみています。
ボンボヤージ
最終前:中5週 A+ ◆中間自己ベスト(栗CW5F)
最終:栗P 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプとはいえ、ウッドチップコースで良い内容が目立っていますし、引き続き良い状態を保てているという印象です。時計的にも目立ちますし、前走勝った時と同じような調整パターンですから、最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、ポリトラックコースでの軽い内容となったものの、動き自体は悪くありません。引き続き状態は高いレベルにあると思いますので、仕上がりの良さでどこまでやれるのか注目したいです。
メイショウカリン
最終前:中4週 B
最終:栗坂 不良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で良く乗れてはいるものの、攻めは毎回良く動きますので、過剰に評価はしません。全体的に眺めてもまだ奥はありそうですので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、坂路でこの馬なりに良く動けてはいるものの、特に強く推したい点は見当たらずという印象です。もっと動く時は動けますし、まだ良化の余地は残されている段階にあると感じますので、その中でどれだけ走れるのか注目したいです。
メイショウキョウジ
最終前:中4週 A+
最終:栗坂 不良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、前走から大きく変わってきたというイメージはないものの、意欲的に追われ、攻め抜かれているという点には好感が持てます。坂路でこなしている内容も凄く良いですし、このひと追い、ふた追いで更に仕上がりは進むと思いますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、坂路でこの馬なりに動けてはいるものの、大きく変わってきたという様子はありません。近走は攻めで動けても案外というレースが続いていますし、昨年も大敗を喫していますので、ガラリ一変はどうでしょうか。
メイショウケイメイ
最終前:中6週 C
最終:栗坂 不良 単走 強め B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻めはかなり動けるタイプという認識ですので、その点を考慮するといくらか物足りない印象です。まだまだ良くなってきて良い馬だと思っていますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、坂路ではかなり動ける馬という認識ですので、その点を考慮するといくらか物足りなさは感じます。まだまだ良くなる馬だと思いますので、現状でどれくらい走れるのか注目したいです。
モズスーパーフレア
最終前:5ヶ月 S
最終:栗坂 不良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路では毎度かなり動くタイプではあるものの、この中間も良い内容が目立っていますし、休み明けでも順調に来ていると思います。昨年の北九州記念と同じくらいか、それ以上の仕上がりだと思っていますので、大一番に向けて恥ずかしい競馬にはならないのではないでしょうか。あともうひと追いありますので、最後のひと追いまで目が離せない1頭です。その最終追い切りですが、坂路をただ馬也で登っただけとでも言いますか、さらっと流しただけであのラップ推移ですから、休み明けとしては文句ない出来に仕上がったのではないでしょうか。坂路で抜群に動くタイプらしく、動き時計ともに高水準ですし、昨年の北九州記念時や今年の高松宮記念時と同じか、それ以上の仕上がりにあると個人的にはみています。もちろん目標は秋のスプリンターズステークスでしょうが、舞台設定から現状でも善戦は可能とみていますし、昨年の北九州記念から馬券に絡んでいませんが、ここらで復調した姿が見れても不思議はないかなと思っています。とにかく久々でも状態は良いと思っていますので、見せ場のある競馬を期待したいです。天候や馬場状態次第ではありますが、追い切り党の軸馬候補の1頭です。
ヨカヨカ
最終前:中6週 A
最終:栗坂 不良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、前走からそこまで変わってきた様子はありませんが、引き続き攻めは動いていますし、状態は保てているという印象です。1週前追い切りの内容も良かったですし、このひと追いで更に仕上がりが進んでくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路でこの馬なりに動けていると思いますし、出来も悪くないと感じていますが、大きく変わってきたという様子はありません。引き続き体調キープというイメージですので、相手のレベルが更に上がってくる今回でどういった競馬が出来るのか注目したいです。
レッドアンシェル
最終前:5ヶ月 A
最終:栗坂 不良 併せ先着 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路でここまで順調に乗れていますし、こなしている内容も悪くありません。ただ、1週前追い切りでは少しもさっと見せまして、まだ良くなりそうな印象を受けましたので、このひと追いで変わってくればと思います。その最終追い切りですが、この馬なりに動けていますし、好調時との比較でも遜色ない印象です。先週のひと追いで馬にスイッチが入ったような気もしていますし、昨年の覇者ですから、馬場や流れ次第では今年もチャンスあって良い1頭に感じています。
ロジクライ
最終前:2ヶ月半 B
最終:栗坂 不良 単走 強め B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、取消明けも問題なさそうで、坂路でスムーズに立ち上げられていると思います。まだ良くなってきそうではあるものの、取消前からの状態は何とか保てていると思いますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、この馬なりに坂路で動けてはいるものの、絶好時との比較ではどうでしょうか。まだ奥はありそうですし、取消で延びた影響も少なからずあると思いますので、強気にはなりづらい1頭かなとは個人的に思っています。




各追い切りピック4

【最終追い切り前ピック4】※五十音順

☑︎ジャンダルム

☑︎ファンタジステラ

☑︎ボンボヤージ

☑︎モズスーパーフレア

【最終追い切りピック4】※五十音順

☑︎シゲルピンクルビー

☑︎ジャンダルム

☑︎ボンセルヴィーソ

☑︎モズスーパーフレア

【最終追い切り後ピック4】※五十音順

☑︎シゲルピンクルビー

☑︎ジャンダルム

☑︎ボンセルヴィーソ

☑︎モズスーパーフレア




調子指数

 

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE