【京都2歳ステークス 2021】最終追い切り後の追い切り考察

当記事では京都2歳ステークス2021出走予定馬の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切り含む中間全体の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り後の追い切り考察

キャンデセント
最終前:2ヶ月半 A ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗坂 良 併せ先着 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込み十分ですし、質の高い内容もしっかりこなせています。完成度としても高いイメージがありますし、あともうひと追いで更に上向いてくるような楽しみです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく良い動きでしたし、古馬相手にもしっかり先着を果たしてきました。福永騎手を背に最終調整出来たという点も評価したいですし、前回と同じくらい良い出来にはあると思っていますので、重賞でどこまでやれるのか注目したいです。
グッドフェイス
最終前:中1週 F
最終:栗CW 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中1週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、終い重点も良い動きでしたし、引き続き良い状態にあると感じます。ただ、攻めは動くタイプという認識ですので、終い重点であればこれくらいは動けて当然かなとも思っていますから、過剰に評価はしないように気を付けたいところです。
ケッツァー ※回避
最終前:中2週 F
最終:美坂 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく坂路で良い動きを披露してきたと思いますし、中2週でも上積みを感じます。過去の攻め過程からもポテンシャルは感じていますし、いずれどこかで穴をあけてきても不思議はない存在かなと思っています。
シホノスペランツァ
最終前:中5週 A ◆中間自己ベスト(栗CW6F②/栗坂②)
最終:栗CW 良 併せ先着 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻めはかなり動くタイプですので、この馬とすれば驚くほどの内容ではないかなとは思いますが、良い内容はこなせています。順調に仕上がりは進んでいると思いますので、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い内容を最後まで消化してきましたし、全体的に眺めても出来は良好と判断しています。引き続き力は出せる仕上がりにあるとみていますので、重賞でどれだけやれるのか注目したいです。
ジャスティンロック
最終前:中6週 B ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗坂 良 併せ先着 馬也 A ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻めは動けるタイプという認識ですので、その点を考慮するといくらか物足りない印象です。まだ良くなる余地は残されていると思いますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、時計は平凡も、坂路で良い動きは披露してきたと思っています。ただ、全体的にまだ良化の余地は残されている段階かなとみていますので、現状でどれだけやれるのか注目したいです。
ディープレイヤー
最終前:中2週 F
最終:美南W 稍重 併せ同入 馬也 A ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、自己ベストも塗り替えてきましたし、攻め動くタイプらしく動きも良かったと思います。良い時との比較でも遜色ないと感じますし、力は出せるとみていますので、現状でどれだけやれるのか注目したいです。
トゥデイイズザデイ
最終前:2ヶ月半 A ◆中間自己ベスト(栗CW6F②)
最終:栗CW 良 併せ先着 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込み十分ですし、良い内容もしっかりとこなせています。新馬戦を使った効果も見込めると思いますし、ここに向けて順調に仕上がっている印象ですから、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い内容を積んできましたし、最後まで攻めてきたという点は高く評価しています。まだ奥はありそうですが、現状でもある程度走れて良い出来にあると感じますし、重賞でどこまでやれるのか注目したいです。
ビーアストニッシド
最終前:中3週 A ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗CW 良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中3週と間隔が詰まるため軽めの内容が並んでいます。ただ、1週前追い切りでは自己ベストを塗り替えましたし、状態は引き続き良好と判断していますので、最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、終い重点も良い動きでしたし、最後のひと追いでグッと上げてきたイメージです。最終追い切り前までは強調材料に欠けていましたので、このひと追いでだいぶ良くなってくると思いますし、見せ場のある競馬も可能かなとみています。
フィデル
最終前:5ヶ月 A ◆中間自己ベスト(栗CW6F②/栗坂)
最終:栗坂 良 併せ先着 強め A ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込み十分ですし、久々でも仕上がりは順調に進んでいるというイメージです。ただ、新馬戦前もかなりの出来だったと思っていますので、今回に向けてそう大きく変わってきたという様子は見受けられません。あともうひと追いでどこまで上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、坂路で動きは悪くなかったものの、個人的には新馬戦前の方が気合い乗り上々だったかなというイメージです。ポテンシャルは秘めていると思いつつも、まだ良くなる余地は残されていると思っていますから、現状でどれだけ走れるのか注目したいです。
ポッドボレット
最終前:中2週 F ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗坂 良 単走 馬也 A ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週と間隔は詰まるものの、かなり意欲を見せて追えていますし、体調は使って上向きかなとみています。あともうひと追いありますので、更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく良い内容を積んできましたし、中2週でも調整に意欲が見られるのは良いと思います。気配も上向きとみていますし、力は出せる仕上がりにあると思いますので、現状でどれだけやれるのか注目したいです。
ライラック
最終前:中5週 A ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終:美南W 稍重 併せ同入 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、前回からそう大きく変わってきたという印象はないものの、引き続き状態は維持していると思います。ただ、まだ良くなる余地を残している段階にあるとみていますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い動きでしたし、1週前追い切りのひと追いでグンと良くなってきたイメージです。これだけ動けていれば十分ですし、好内容だった前走以上の気配を感じられる今回なら、勝負になって良い存在かなとみています。




各追い切りピック4

⑴最終追い切り前ピック4(※五十音順)

☑︎キャンデセント

☑︎シホノスペランツァ

☑︎トゥデイイズザデイ

☑︎ライラック

⑵最終追い切りピック4(※五十音順)

☑︎キャンデセント

☑︎シホノスペランツァ

☑︎ビーアストニッシド

☑︎ライラック

⑶最終追い切り後ピック4(※五十音順)

☑︎キャンデセント

☑︎シホノスペランツァ

☑︎ビーアストニッシド

☑︎ライラック




調子指数




また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE