【京都金杯 2022】最終追い切り後の追い切り考察

当記事では京都金杯2022出走予定馬の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切り含む中間全体の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り後の追い切り考察

ヴィジュネル
最終前:2ヶ月 A
最終:栗CW 良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用でしっかりと乗り込まれていますし、引き続き良い状態は保てているというイメージです。ただ、個人的にはまだ良くなってきても良い馬かなとも思っていますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い動きだったと思いますし、気配は勝って更に上昇してきたようにも映っています。1Fの延長は鍵も、誤魔化す事の出来る範囲内だと思っていますので、その中でどういった競馬が出来るのか注目したいです。
ヴェロックス
最終前:中5週 B
最終:栗坂 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻めはどこでも動きますし、坂路なんかではかなり動ける方という印象を持っていますので評価は抑えめです。絶好時との比較では物足りなさが残りますし、個人的にはまだまだ良化の余地を残している段階にあるとみていますので、あともうひと追いでどこまで上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、個人的にこの馬に対して攻めはかなり動く馬という認識がありますので、その点を踏まえるといくらか物足りない動きだったかなと感じています。攻め過程全体を眺めても物足りませんし、まだ買い時は先々にあると感じていますので、現状でどれだけ走れるのか注目したいです。
エアロロノア
最終前:中3週 A
最終:栗坂 良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中3週と間隔は詰まるものの、ここに向けて意欲的に追えているという点は評価したいです。前回からの出来はしっかり保てていると思いますし、あともうひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく良い内容を消化してきましたし、個人的には勝った前走よりも出来は上向きと判断しています。昨年のマイラーズカップでは1番人気にも支持されたように、素質は既に重賞級だと思っていますので、Glllなら難なくという可能性も秘めた存在かなと感じています。
カイザーミノル
最終前:2ヶ月 B
最終:栗坂 良 併せ先着 馬也 B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で意欲的に追えてはいるものの、絶好時との比較ではまだ見劣りするイメージです。個人的にはまだ良化途上の段階にあるかなと認識していますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、終い重視で悪くない内容はこなしてきたものの、ここに向けて変わってきたという印象はありません。良い時との比較でも見劣りするイメージですので、その中で今回どれだけの走りが出来るのか注目したいです。
クリノプレミアム
最終前:中2週 F
最終:美南W 良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、動きは相変わらず良いものの、ここに向けて大きく変わってきた様子はありません。個人的にはまだ良くなってきて良い段階にあると感じていますので、現状でどれだけやれるのか注目したいです。
ザダル
最終前:2ヶ月半 A
最終:美南W 良 併せ先着 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用でしっかりと乗り込まれていますし、1週前追い切りではハードなメニューもこなしてきています。動きを見るにまだ良くなる余地は残されてそうなものの、ここまでの調整過程は順調かなとみていますので、あともうひと追いで更に上向いた姿を披露してくれるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い動きではあったと思いますし、1週前追い切りで意欲的に追った効果もあったかなと感じています。ただ、絶好時との比較では一枚落ちる印象ですし、更に良くなってきても不思議ない段階にあると感じていますので、その中で今回どれだけの走りが出来るのか注目したいです。
サトノフェイバー
最終前:10ヶ月 A
最終:栗坂 良 併せ先着 強め B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく良い内容を積めていますし、久々でも走れる態勢に整いつつあるとみています。ただ、毎回攻めはかなり動いてくるタイプですので、最終追い切りも過剰に評価しないように注意して見ていきたい1頭です。その最終追い切りですが、坂路では動けるタイプだと思っていますから、これくらいは動けて当然かなというイメージです。出来は悪くないと思いつつも、良い時との比較では一枚落ちるかなと思っていますので、現状でどれだけやれるのか注目したいです。
シュリ
最終前:7ヶ月 A
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、2週続けてまずまずの内容は消化してきたものの、久々にしては坂路で攻め不足かなとは思っています。個人的にはまだ奥のあるタイプだと思っていますし、現状まだ良くなる余地を残している段階にあるとみていますので、最終追い切りでどこまで上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、折り合い重視も坂路で動くタイプらしく良い動きではあったかなと思います。ただ、絶好時との比較ではやや見劣りするイメージですし、個人的にはまだ良くなってきても良い段階にあると感じていますから、その中で今回どれだけやれるのか注目したいです。
ステルヴィオ
最終前:2ヶ月半 A
最終:美南W 良 併せ同入 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく併用でしっかりと乗れている点は良いと思いますし、こなしている内容も悪くありません。ただ、毎回攻めは動きますし、絶好時との比較でも一枚落ちる印象ですので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い動きではあったと思います。ただ、大きく変わってきたという様子はありませんし、良い時との比較でも見劣りするイメージですので、その中でどれだけの走りを披露出来るのか注目したいです。
ダイアトニック
最終前:4ヶ月 A
最終:栗CW 良 併せ同入 一杯 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用でしっかり本数は乗れていますし、こなしている内容も悪くはありません。ただ、過去にはS評価を付けたこともある馬ですし、その時との比較ではまだ見劣りする印象ですので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、動きは悪くないものの、まだ休み明け感は抜け切れていないかなと感じています。使えばさらに良くなってくるでしょうし、買い時はまだかなと感じていますので、その中で今回どれだけの走りが出来るのか注目したいです。また、今週の月曜日にも1本そこそこ目立つ登坂を消化しています。
ダイワキャグニー
最終前:2ヶ月 A
最終:美南B 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく良い内容を積めていますし、良い時との比較でも遜色ない出来に仕上がりつつあるのではないかと感じています。左回りも良いでしょうし、年齢を感じさせない好内容も消化出来ていますので、最終追い切りの内容次第ではここでも楽しみがあって良い1頭なのではないでしょうか。その最終追い切りですが、いくらか軽めのメニューにはなったものの、動きそのものは良かったかなと思います。攻め過程全体を眺めても仕上がりは良好と判断していますし、前回と同じくらいの出来にはあると思っていますので、芝戻りでパフォーマンスをあげてくる可能性は大いにあると感じています。
ディアンドル
最終前:中6週 B
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で本数は乗れているものの、まだ内容は目立ってこないかなという印象です。個人的にはまだ良くなってきても良い段階にあると思っていますし、絶好時との比較でも見劣りするイメージですので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、特に変わってきたという様子もないですし、強調材料にも欠ける印象です。個人的にはまだ良くなってきても良い段階にあると感じていますので、現状でどれだけ走れるのか注目したいです。
トーラスジェミニ
最終前:2ヶ月半 B
最終:美南W 良 併せ同入 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用でしっかりと乗れていますし、出来は悪くないと判断しています。ただ、良い時との比較では一枚落ちるのが現状かなと思っていますので、あともうひと追いでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い動きだったと思いますし、前回よりも出来は上向いていると判断しています。ただ、絶好時との比較では一枚落ちるかなと感じていますので、その点が1つどうでしょうか。また、今週の月曜日にも1本そこそこ目立つ登坂を消化しています。
バスラットレオン
最終前:2ヶ月 A
最終:栗坂 良 併せ先着 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で動くタイプらしく良い内容を積めていますし、引き続き出来はキープ出来ていると思っています。ただ、近走はいくら攻めで動いてもというところがありますし、乗り手の感触もそこまで良くないようなので、その点があともうひと追いで変わってくればなという思いです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく良い内容を最後まで積んできましたし、今回も引き続き良い状態にあると感じています。ただ、この馬は仕上がりどうこうより、まずは自分の競馬が出来るかどうかという部分が問題だと思いますので、出来の良い今回もその点が1つ鍵になってくるのかなと感じています。また、今週の月曜日にも1本そこそこ目立つ登坂を消化しています。
メイケイダイハード
最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 一杯 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、絶好時との比較ではどうかも、この馬なりに坂路で良く動けていますし、状態は良いように感じます。ハマり待ちという印象もありますが、ハマればヤレるだけの力はありますし、展開次第では浮上もという1頭でしょうか。
ルークズネスト
最終前:中1週 F
最終:軽調整 F
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中1週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、中1週という表記も、実質連闘のような日程のため速い時計は出せておりません。現状でどこまで走れるかに注目です。




各追い切りピック4

⑴最終追い切り前ピック4(※五十音順)

☑︎エアロロノア

☑︎サトノフェイバー

☑︎︎ダイワキャグニー

☑︎バスラットレオン

⑵最終追い切りピック4(※五十音順)

☑︎エアロロノア

☑︎クリノプレミアム

☑︎ザダル

☑︎バスラットレオン

⑶最終追い切り後ピック4(※五十音順)

☑︎エアロロノア

☑︎クリノプレミアム

☑︎ザダル

☑︎バスラットレオン




調子指数




また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE