【京成杯 2022】最終追い切り後の追い切り考察

当記事では京成杯2022出走予定馬の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切り含む中間全体の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り後の追い切り考察

アライバル
最終前:4ヶ月 A
最終:美南W 良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込み十分ですし、久々でも仕上がりは悪くないとみています。ただ、まだ本調子にはないかなと思っていますし、良くなる余地も残している段階にあるとみていますので、あともうひと追いでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、動きは良いですし、それなりの出来にはあると思うものの、併せ馬が1本もないという点はいくらか気になります。速い時計はマーク出来ている点は良いと思うものの、負荷の度合いで見るといくらか物足りないかなとも思っていますし、それほどレース数は使えないという点からも、あえて攻め抜かない仕上げが良い方へ振れるかが鍵になりそうな1頭かなとみています。個人的な見解ですが、本当に良くなるのはもう少し先かなと思っている存在です。
ヴェローナシチー
最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 併せ遅れ 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週と間隔は詰まるものの、意欲的に長めを追えているという点には好感が持てますし、引き続き出来はキープ出来ていると思います。あともうひと追い残されていますので、更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、中2週ですし、特に変わってきたという様子は感じられません。最後まで意欲的に追えたという点は評価しますが、個人的にはまだ伸び代のある存在かなとみていますので、現状でどれだけやれるのか注目です。
ヴェールランス
最終前:中4週 A
最終:栗CW 良 併せ遅れ 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で良い内容をこなせていますし、前走からの上積みも感じています。2週続けてしっかり追えていますし、このひと追い、ふた追いで更に上向いてきそうなイメージもありますので、最後のひと追いまで注目したい存在です。その最終追い切りですが、最後までしっかりと攻め切れましたし、肝心の動きも良かったと思います。個人的には前回以上の気配を感じていますし、ここでも楽しみがあって良い存在だと思っています。
オディロン
最終前:2ヶ月半 B
最終:栗坂 稍重 単走 馬也 B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻めは動くタイプという印象ですので、その点を考慮するとまだ物足りないというのが現状かなと思います。個人的には更に良くなってくる馬だと思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、そう大きく変わってきた様子はありませんし、最終追い切りもソフトな内容になったなという印象です。個人的にはまだ奥のある存在だと思っていますし、良化途上かなとも思っていますので、現状でどれだけ走れるのか注目です。
オニャンコポン
最終前:中2週 A+
最終:美坂 良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週と間隔は詰まるものの、坂路で良い内容をこなせていますし、前回よりも体調は良いように感じます。これなら巻き返しに期待出来ると思いますし、あともうひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路で良い動きでしたし、前回よりも圧倒的に良い仕上がりにあるとみています。これなら前走のようなことはないかなと思いますし、巻き返しに期待出来る存在かなとみていますので、ここは見直してみたいです。
サンストックトン
最終前:中6週 A
最終:美南W 良 併せ先着 強め B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、終い重点の内容ばかり並んでいる点はいくらか気になるものの、こなしている内容は悪くないですし、引き続き出来は良好と判断しています。ただ、まだ良くなってきて良い段階にあると思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、この馬なりに動けていますし、引き続き状態は良さそうに感じていますが、大きく変わってきたという様子はありません。個人的にはまだ奥のある馬だと思っていますし、良化途上かなとも思っていますので、現状でどれだけ走れるのか注目したいです。
タイセイディバイン
最終前:中6週 A ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗坂 稍重 併せ同入 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で動くタイプらしく良い内容を積めていますし、状態は引き続き良好と判断しています。1週前追い切りでしっかり追われたことにより、更に変わってきそうなイメージもありますから、最後のひと追いまで注目したいです。その最終追い切りですが、特にグンと変わってきた様子はないものの、良い状態を維持していると思います。引き続き力は出せる仕上がりにあるとみていますので、重賞クラスでどれだけの走りが出来るのか注目です。
テラフォーミング
最終前:2ヶ月 A+
最終:美南W 良 併せ先着 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込み十分ですし、こなしている追い切り内容も目を惹きます。良い時との比較でも遜色ないと思いますし、それでいてあともうひと追い残されていますから、最後のひと追いまで注目したい存在です。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い内容を消化してきましたし、前走以上の気配も感じています。良い時との比較でも遜色ありませんし、力は出せる状況下にあると思いますから、巻き返しに期待している1頭です。
テンダンス
最終前:2ヶ月 A
最終:栗坂 稍重 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で動くタイプらしく良い内容を積めていますし、前走に引き続き出来は良好と判断しています。1週前追い切りでしっかり追われたことにより、まだ良くなりそうな気はしているので、最後のひと追いまで注目したいです。その最終追い切りですが、坂路では相変わらず良く動きますし、良い状態をキープ出来ていると思います。前走の内容からも通用して良い器だと思いますし、引き続き善戦のチャンスある存在かなとみています。
トゥーサン
最終前:3ヶ月 B
最終:栗坂 良 併せ先着 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用でしっかり乗れてはいるものの、強調材料には欠ける印象です。個人的にはまだ良化の余地を残す段階にあるかなと思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく良い内容を消化してきましたし、今回も悪くない状態にあると感じます。ただ、個人的にはまだ良くなる余地を残している段階にあるとも思っていますし、休ませて変わってきたという印象も受けていませんので、現状でどれだけのパフォーマンスを披露出来るのか注目です。
トーセンヴァンノ
最終前:中1週 F
最終:美南W 良 単走 馬也 B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中1週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、中1週ですから変わってきたという印象はありません。引き続き出来は保てていると思いますが、イマイチ強調材料に欠けるというのが本音ですし、追い切り党の軸馬にさせて頂いた3走前の方が良い出来にあったというイメージですので、現状でどれくらいやれるのか注目です。
ニシノムネヲウツ
最終前:2ヶ月半 B
最終:美南W 良 併せ同入 強め B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗れてはいるものの、こなしている追い切り内容は目立ちません。まだ良化途上の段階にあるかなと思いますし、良い時との比較でも見劣りするイメージですから、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく悪くない内容はこなせているものの、まだ物足りないかなというのが本音です。個人的にはもっと良くなってきて良い存在だと思っていますので、良化の余地を残した中でどれだけの走りを披露出来るのか注目です。
フジマサフリーダム
最終前:2ヶ月 A+
最終:美坂 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で良い内容をこなしてきましたし、ここに向けて仕上がりは良好と判断しています。新馬戦を1度使った効果も大きいと思いますし、追うごとに良化してきているという印象ですから、最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路で軽快な動きを披露してきましたし、先週しっかりやっているのでこんなもんでも良いかなと思います。完成度としてもそこそこ高そうですし、ポテンシャルも秘めていると思っていますので、現状でどれだけやれるのか注目です。
ホウオウプレミア
最終前:2ヶ月半 A
最終:美南W 稍重 併せ先着 一杯 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、ウッドチップコース主体で良い内容をこなせていますし、ここに向けて順調に仕上がりは進んでいるイメージです。まだ奥はありそうなものの、現状でもそこそこの出来にあると思っていますので、最終追い切りで更に良化を感じられるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、終い重視も迫力ある良い動きでしたし、このひと追いで態勢は整ったとみています。これなら重賞でも楽しみがありそうですし、前走に引き続き岩田康成騎手が美浦へ駆けつけて追い切りに騎乗しているという点にも好感が持てますので、見せ場を作れても良い馬なのではないかと感じています。
ルークスヘリオス
最終前:中3週 B
最終:美南W 良 併せ同入 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中3週でも意欲を見せて追えている点は良いと思います。ただ、良い時との比較では一枚落ちるイメージですので、あともうひと追いでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、変わってきた様子はないものの、この馬なりに動けていますし、引き続き出来は保てているとみています。まだ奥はありそうですが、持てる力は出せる仕上がりにあると思いますので、現状でどれくらいやれるのか注目です。
ロジハービン
最終前:中4週 A
最終:美南W 稍重 併せ同入 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用でしっかりと乗れていますし、引き続き状態は良好と判断しています。まだ良くなってきそうなものの、現状でも力は出せる出来にあると思っていますので、あとはもうひと追いでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、先週よりも良化していると感じましたし、凄く良い最終調整だったと思います。個人的には過去2戦よりも良い状態にあると思っていますし、重賞を使うに相応しい出来にあると思っていますので、現状でどれだけのパフォーマンスを披露出来るのか楽しみです。




各追い切りピック4

⑴最終追い切り前ピック4(※五十音順)

☑︎ヴェールランス

☑︎オニャンコポン

☑︎テラフォーミング

☑︎フジマサフリーダム

⑵最終追い切りピック4(※五十音順)

☑︎アライバル

☑︎ヴェールランス

☑︎オニャンコポン

☑︎ロジハービン

⑶最終追い切り後ピック4(※五十音順)

☑︎ヴェールランス

☑︎オニャンコポン

☑︎テラフォーミング

☑︎ロジハービン




調子指数




また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE