【京成杯オータムハンデ 2021】追い切り党の軸馬

当記事では1週間通して私自身が考察したブログをもとに導いた追い切り党の軸馬を公開するコンテンツになっています。

もし記事を読んで賛同出来る部分があれば是非参考にして頂いて、そうでなければご自身の予想や見解を第一に優先してあげて下さい。

必ずしも毎回的中をお届け出来るコンテンツではありませんが、もし良ければ参考にしてみて下さい。

その他、平場や新馬戦などここに記載のない好追い切り馬に関しましては「追い切り専門紙」をご覧下さい。

それではよろしくお願い致します。

※追い切りに特化した新聞のようなものをご自身のお手元の端末で

私自身、毎週全レース全馬の追い切り内容をチェックしていますので、その過程を元に1本の記事を作成しています。個人的に買いだと思った馬には☆、★印を打たせていただき、そうでない馬には空白と、シンプルな構成ですが、人気の記事となっています。その日の中央競馬終了後というルールは設けているものの返金申請も受け付けていますので、もし良ければこの際にご利用してみて下さい。

追い切り専門紙を購読する

また、Twitterでは最新情報(ブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




追い切り党の軸馬

中山11R 京成杯オータムハンデ 15:45
◎12.カレンシュトラウス 調子指数100
最終追い切り前の追い切り評価:A+
最終追い切り後の追い切り評価:A+
最終追い切り前ピック4:-
最終追い切りピック4:☑︎
最終追い切り後ピック4:☑︎
ここまで併用で乗り込み十分ですし、連勝の勢いと共に攻め内容も良くなってきている印象です。以前は攻めで動き切れない面もあったようですが、4歳の夏を越して馬は着実にパワーアップしているんだと思いますし、最終追い切りにもそれはしっかりとあらわれていたと思います。今回は休み明けになりますが、フレッシュな状態でも走れるタイプの馬ですし、何より今回はその鮮度が魅力的に映っていますので、ここで狙ってみても面白いのではないかと思います。戦ってきている相手はさて置き、クラスの壁を難なく乗り越えてきているという点に魅力を感じますし、ここまで馬券圏内を外していないという点からも、相手なりに走ってくる馬という印象を持っていますので、初めての重賞でも力は出し切ってくれるのではないかとみています。高速馬場にもキッチリ対応してきていますし、決して差し届かない馬場でもないと思っていますので、この馬の決め手が存分に生きるようならここでもチャンスはあって良い1頭なのかなと思っています。




※追い切りに特化した新聞のようなものをご自身のお手元の端末で

私自身、毎週全レース全馬の追い切り内容をチェックしていますので、その過程を元に1本の記事を作成しています。個人的に買いだと思った馬には☆、★印を打たせていただき、そうでない馬には空白と、シンプルな構成ですが、人気の記事となっています。その日の中央競馬終了後というルールは設けているものの返金申請も受け付けていますので、もし良ければこの際にご利用してみて下さい。

追い切り専門紙を購読する

また、Twitterでは最新情報(ブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE