【中山金杯 2022】最終追い切り後の追い切り考察

当記事では中山金杯2022出走予定馬の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切り含む中間全体の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り後の追い切り考察

アドマイヤアルバ
最終前:中4週 B
最終:美坂 良 単走 強め B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で乗れているものの、変わってきたという様子はありません。あともうひと追い残されていますので、少しでも良化を感じ取れればなと思っています。その最終追い切りですが、ここでも特に変わってこなかったという印象です。前回よりはいくらか良さそうに映りますが、良い時との比較では見劣りしますので、現状でどれだけやれるのか注目したいです。
アトミックフォース
最終前:中6週 B
最終:美坂 良 単走 一杯 A ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で良く乗れていますし、ここに向けて仕上がりは順調に進んでいる印象です。ただ、絶好時との比較では明らかに見劣りしますし、まだまだ良くなってくる馬だと思っていますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、珍しく坂路での最終調整に。自己ベストも塗り替えてきましたし、状態は悪くないのかなとみています。ただ、坂路でのサンプルはウッドチップコースでの追い切りより圧倒的に少ないため、この自己ベストはそこまで高く評価しなくても良いかなと思っています。個人的にはまだ良くなりそうなイメージもありますので、現状でどれだけやれるのか注目したいです。
アールスター
最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 強め B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、内容は悪くないものの、特に変わってきた様子は見受けられずというイメージです。この馬としては平凡な登坂でしたし、まだ良化途上という感じもしていますので、現状でどれだけやれるのか注目したいです。
ヴィクティファルス
最終前:2ヶ月半 A
最終:栗坂 良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込み豊富ですし、こなしている内容も良いです。絶好時との比較ではどうかも、最終追い切り前とすれば十分かなと思っていますので、あともうひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い登坂でしたし、ここに向けてしっかり立て直されていると感じます。過去の攻め過程からもポテンシャルの高さは感じていましたし、力通りならここでは上位の存在だと思いますから、注目すべき有力馬かなと思っています。
ウインイクシード
最終前:2ヶ月 B
最終:美南W 良 併せ同入 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗れてはいるものの、内容はイマイチ目立ちません。まだ良くなる余地を残している段階にあると思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い内容を消化してきましたし、近走の中では1番良いくらいに映りました。2年連続馬券になっている舞台でもありますし、状態も良さそうですから、人気しないようであれば妙味のありそうな1頭かなと思っています。
オウケンムーン
最終前:2ヶ月 B
最終:美南W 良 併せ遅れ 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗れている点には好感が持てるものの、内容はそこまで目立たないかなと思っています。まだ良くなる余地を残している段階にあるとみていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、意欲的にウッドチップコースで追えた点は評価出来るものの、動きはそこまで目立たずという印象です。個人的にはもっと動けて良いイメージがこの馬にはありますし、まだ良くなる余地も残している段階にあるのかなと思っていますので、その中でどれだけの走りが出来るのか注目したいです。
コスモカレンドゥラ
最終前:中1週 F
最終:軽調整 F
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中1週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、中1週という表記も、実質連闘のような日程のため速い時計は出せておりません。現状でどこまで走れるかに注目です。
サトノクロニクル
最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、坂路ではかなり動けるタイプですので、その点を考慮するといくらか物足りません。まだ良くなる余地を残している段階にあると思っていますので、現状でどれだけやれるのか注目したいです。
ジェットモーション
最終前:中2週 F
最終:栗CW 良 単走 強め B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、この馬なりにまずまず良い内容はこなせているものの、大きく変わってきた様子はなくという感じです。まだ良くもなりそうですし、仕上がり途上という印象ですから、その中でどれだけ走れるのか注目したいです。
シャムロックヒル
最終前:中6週 A
最終:栗CW 良 単走 一杯 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、変わってきた様子はないものの、前回に引き続き出来は保てているという認識です。ただ、個人的にはまだ良くなってきても良い段階にあるのかなと思っていますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、ウッドチップコースで長めを意欲的に追えましたし、状態は悪くなさそうに映ります。ただ、良い時との比較ではまだ見劣りするイメージですし、もう少し動きの素軽さが増して欲しいというのが本音ですので、現状でどれだけやれるのか注目したいです。
スカーフェイス
最終前:中4週 A
最終:栗CW 良 単走 一杯 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で動くタイプらしく良い内容を積めていますし、個人的には前回と同じくらいか、それ以上の出来に持っていける可能性もあるのではないかと感じています。その中でもまだ良くなってきて良いとも思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、そう大きく変わってきた様子はなく、引き続き状態維持に努めているという印象です。個人的にはまだ良化の余地を残している段階にあるとみていますので、現状でどれだけやれるのか注目したいです。また、今週の月曜日にも1本そこそこ目立つ登坂を消化しています。
タガノディアマンテ
最終前:11ヶ月 A+
最終:栗坂 良 単走 一杯 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、久々もプールと坂路を併用して本数は積めていますし、追うごとに上向きつつあるとみています。2週前、1週前と強めに追えていますし、このひと追い、ふた追いで更に上向いてきそうなイメージもありますので、最終追い切りでもう1段階ギアを上げてこれるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路でこの馬なりにしっかりとした内容をこなせていますし、休み明けということもあり最後までびっしりとやれた点は良いと思います。プールと坂路を併用して十分な負荷量ですし、休み明けでもそれなりに仕上がったと判断しましたので、人気薄なら狙ってみても良い存在かなとみています。
トーセンスーリヤ
最終前:2ヶ月 A
最終:美南W 良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗れてはいるものの、良い時との比較では一枚落ちるかなというイメージです。まだ良くなってきて良い段階にあるとみていますし、仕上がり途上にあると思っていますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、ガラリと変わってきた様子こそないものの、状態は高いレベルで安定しているというイメージです。絶好時との比較ではどうかも、今回はGlllですし、近走からそう変わらなくとも勝負になる存在だと思いますので、馬券には入れたい1頭かなとみています。
ヒートオンビート
最終前:中4週 A
最終:栗P 良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、1週前追い切りではしっかり負荷を掛けられていますし、内容としても良かったと思います。前回から大きく変わってきた様子はないにしても、出来は保てているイメージですので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、前走と同じくポリトラックコースでの最終調整に。動きは変わらず良く、引き続き良い状態をキープ出来ていると思いますので、ここでも注目したい存在です。
ブレステイキング
最終前:3ヶ月 B
最終:美南W 良 単走 馬也 B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻めは動けるタイプという認識ですので、その点を踏まえるといくらか物足りない攻め内容が並んでいる印象です。もっと動いてきて良いと思いますし、現状良化途上という印象がありますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、この馬なりに動けてはいるものの、特に大きくは変わりなくという印象です。絶好時との比較でも見劣りしますので、その中でどれだけの走りが出来るのか注目したいです。
レッドガラン
最終前:中3週 A
最終:栗CW 良 併せ同入 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく良い内容を積めていますし、出来はしっかり保てているという印象です。大きく変わってきた様子はありませんが、現状でも引き続き力は出してこれると思いますので、最後のひと追いまで注目したいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い内容は積めているものの、グンと良くなってきた印象はありません。絶好時との比較でもやや見劣りしますので、現状でどれだけやれるのか注目したいです。また、今週の月曜日にも1本そこそこ目立つ登坂を消化しています。
ロザムール
最終前:中6週 B
最終:美南W 良 単走 馬也 B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、ウッドチップコース主体でしっかり乗り込まれてはいるものの、良い時との比較では一枚落ちるかなという印象です。個人的にはまだ良くなってきても良い段階にあるとみていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、動きは悪くないものの、大きく変わってきた様子はなく、引き続き状態維持に努めているという印象です。個人的にはまだ良くなる余地を残している段階にあるとみていますので、その中で今回どれだけ走れるのか注目したいです。




各追い切りピック4

⑴最終追い切り前ピック4(※五十音順)

☑︎ヴィクティファルス

☑︎スカーフェイス

☑︎タガノディアマンテ

☑︎ヒートオンビート

⑵最終追い切りピック4(※五十音順)

☑︎ウインイクシード

☑︎タガノディアマンテ

☑︎トーセンスーリヤ

☑︎ヒートオンビート

⑶最終追い切り後ピック4(※五十音順)

☑︎ウインイクシード

☑︎タガノディアマンテ

☑︎トーセンスーリヤ

☑︎ヒートオンビート




調子指数




また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE