【ユニコーンステークス 2021】追い切りから導いた軸馬

NO IMAGE
1週間通して私自身が考察したブログをもとに導いた軸馬を公開するコンテンツになります。
もし記事を読んで賛同出来る部分があれば是非参考にしていただいて、そうでなければ自身の見解を大事にしてあげて下さい。
よろしくお願い致します。

 

 

軸馬について

◎5.イグナイター 調子指数100
最終前:A+
最終後:A+
最終前ピック:☑︎
最終ピック:☑︎
最終後ピック:☑︎
個人的には地方転入後1番の仕上がりにあると思っていますし、唯一勝ち星を挙げている舞台に移るので狙ってみます。京浜盃の時も本命を打たせていただいたと思うのですが、その時よりも数段上の仕上がりにあるとみていますし、ここに向けてキッチリ作ってきたなという印象です。新馬戦は今回と同じ舞台で2着馬を7馬身も千切っての勝利でしたし、勝ち時計やレースの質も新馬戦としては上々だったという認識ですので、ここまで人気が落ちるのであれば買ってみても良いかなと思います。新馬戦快勝後はマイル以上に距離を延ばして7着、2着、8着とパッとしませんので、今回の短縮は良い方へ振れるのではないかという見立てですし、何より今回と同舞台で勝利しているわけですから、東京マイルがベストかどうかはまだわからないものの、実際に走った経験があるので舞台設定としては良いのではないかと感じています。また、新馬戦が後続を千切っての勝利だったので、相手が弱かったのではないかと思ったのですが、切れて切れての2~5着馬の中から3頭が勝ち上がっていますので、決してレベルが低かったというわけでもなさそうです。加えて、新馬戦にしてはかなり速い前傾ラップになったのですが、まだラップの落ち着いていなかった3コーナー入り口あたりからイグナイターはポジションを押し上げ、その後直線入り口にかけてもポジションを少しずつ押し上げていましたので、新馬戦にしては息も入りづらく、なかなかタイトな競馬を強いられたと思っています。その分終いは流石に失速気味でしたが、その中でも後続を離して、最後1頭だけになっても力強く押し切れた点を高く評価しています。ここまで大半が新馬戦についての内容でしたが、それだけ新馬戦の内容は濃かったと思っていますし、メンバーの戦績を見渡す限り、混戦模様の3歳ダート戦線という印象ですから、好仕上がりで挑めそうな今回は見せ場のある競馬も可能だと思っています。

無断転載、盗作厳禁

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE