【フラワーカップ 2021】本命馬

現在ブログ運営に勤しむために休止中ですが、いつかは再開したいと考えていますので、良ければチャンネル登録の方お願い致します。

▶︎チャンネル登録はこちらから

「YouTube バナー」の画像検索結果

 

私自身の本命馬について記載しています。

良ければ参考にしてみて下さい。

 

 

本命馬について

◎5.クールキャット 調子指数115
最終前:A+
最終後:A
最終前BEST4:1位
最終BEST4:3位
最終後BEST4:1位

攻め本数、質ともに過去1番と言えるくらい攻め込まれていると思いますし、ここに向けてメイチの作りにあるのではないでしょうか。最終追い切りは折り合いに重点を置き、息を整える程度のもので、1週前追い切りまでに軸となる調整を終えるという牝馬にとっては凄くゆとりのある良い攻め過程を歩めたと思います。過去3戦は最終追い切りまでガシガシ追っていた印象ですので、この形が良い方へ振れる可能性も大いにあると感じています。前走は結果としてまくりが良くない方へ振れてしまいましたが、それはあくまで結果論であり、この馬のポテンシャルは示すレースになったと思います。結果を見て馬に乗ったこともない私がどうこう言うつもりは全くありませんが、仕掛けのタイミング次第では馬券内もあったのかなとは思いますし、その点からも今回十分見直せる馬だと思います。過去に跨った騎手の口からも距離は延びて大丈夫とのことですから、中山の1800mなら守備範囲だと思いますし、大型馬の割に機動力もありますので、折り合いも問題ないこの馬ならこなせて良いと思っています。枠も良いところを引きましたし、テン乗りの横山典弘騎手に良い部分を引き出してもらえれば、近走以上のパフォーマンスを披露してくれるのではないでしょうか。

 

 

無断転載禁止

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE