【デイリー杯2歳ステークス 2021】最終追い切り後の追い切り考察

当記事ではデイリー杯2歳ステークス2021出走予定馬の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切り含む中間全体の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り後の追い切り考察

ウナギノボリ
最終前:中4週 B ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗坂 稍重 併せ同入 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で良い時計はマークしてきているものの、終いの甘さは気になります。個人的にはまだ良化途上の段階にあるとみていますので、あともうひと追いでどこまで良くなってくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、先週からの良化はしっかりと感じ取れましたし、前回と同じかそれ以上の出来にあると感じています。2週続けてビッシリやった効果は絶大だと思いますし、状態も上向いた中でレースに使えると思っていますので、前回くらい走れれば足りても。
カワキタレブリー
最終前:中3週 A
最終:栗坂 稍重 併せ同入 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込めていますし、出来は保てていると思います。大幅な良化はどうかも、1週前追い切りのひと追いで更に上向きそうなイメージもありますので、最後のひと追いまで注目したいです。その最終追い切りですが、坂路でこの馬なりに動いてきたものの、まだ良化の余地は残されているようにも映りました。現状持てる力は出し切れるとみますが、使っていけば更に良くなりそうなイメージもありますので、その中で今回どういった競馬が出来るのか注目したいです。
スタニングローズ
最終前:中4週 A
最終:栗坂 稍重 併せ先着 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で動くタイプらしく良い内容を積めていますし、引き続き出来は良好と判断しています。絶好時との比較ではどうかも、現状でも力は出せる仕上がりにはあるとみていますので、あとは最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく良い内容を積んできました。絶好時との比較では見劣りするものの、出来は良好と判断していますので、この相手にどこまでやれるのか注目したいです。
セリフォス
最終前:2ヶ月半 A+
最終:栗CW 稍重 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用でしっかりと乗れていますし、攻め動くタイプらしくこなす内容も上々です。1週前追い切りは全体の時計も優秀ですし、終いも弾けましたから、このひと追いでほぼほぼ態勢は整ったと感じます。あともうひと追い残されていますので、更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、前回もなかなか仕上がっていたと思うので、大幅良化はないと思うのですが、引き続き出来は高いレベルで安定していると感じます。前走内容からも能力は確かだと思いますし、早熟傾向にあるとみていますので、重賞連覇も期待出来る状況下ではあると思っています。
ソネットフレーズ
最終前:2ヶ月半 A+
最終:美南W 稍重 併せ同入 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用でしっかりと乗れていますし、こなしている内容も上々です。新馬戦前から完成度の高さは感じていたので、そこまで大きな変化はないものの、追い切りでは重賞クラスの走りを披露してくれていますので、最終追い切り次第ではここでも楽しみな存在だと思います。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い内容を積んできましたし、2戦目のここも素晴らしい仕上がりで出走可能とみています。追い切りや新馬戦の内容から高い素質は感じますし、力を出せれば重賞でもやれて良い馬だと思っていますので、見せ場のある競馬を期待しています。
デュガ ※回避
最終前:中3週 B
最終:栗坂 稍重 単走 強め B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中3週と間隔は詰まっていますので、軽めの登坂が目立ちます。現状強調出来る部分はないので、あともうひと追いでどこまで上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプにしてはいくらかもたついたかなという印象です。まだまだ良くなる余地を残している段階にあるとみていますので、現状でどこまでやれるのか注目したいです。
ドグマ
最終前:中5週 A ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗CW 稍重 併せ先着 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、長めを意欲的に追えていますし、速い時計も掲示出来ています。大きく変わってきた様子はないものの、このひと追い、ふた追いで変わってきても良いと思いますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、1週前追い切りのひと追いで良くなったのか、いくらか上向いてきたように感じています。これなら楽しみを持って挑めると思いますし、見せ場もあって良い1頭なのではないでしょうか。
プレパレイ
最終前:2ヶ月 A ◆中間自己ベスト(栗坂/栗CW6F)
最終:栗坂 稍重 併せ遅れ 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、意欲的に本数を追えていますし、時計も出せているので良い状態にあるとは思うのですが、まだ本調子にはないかなという印象です。個人的には前走の方が良い仕上がりにあったかなと思っていますので、あともうひと追いでどこまで上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく良い内容を積んできました。最終追い切り前までにしっかりと負荷を掛けていますので、当週はこんなもんでも十分かなと思っています。ただ、絶好時との比較ではいくらか見劣りしますので、その中でどういった競馬が出来るのか注目したいです。




各追い切りピック4

⑴最終追い切り前ピック4(※五十音順)

☑︎カワキタレブリー

☑︎スタニングローズ

☑︎セリフォス

☑︎ソネットフレーズ

⑵最終追い切りピック4(※五十音順)

☑︎ウナギノボリ

☑︎スタニングローズ

☑︎セリフォス

☑︎ソネットフレーズ

⑶最終追い切り後ピック4(※五十音順)

☑︎ウナギノボリ

☑︎スタニングローズ

☑︎セリフォス

☑︎ソネットフレーズ




調子指数




また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE