【チューリップ賞2022】最終追い切り後の追い切り考察

当記事ではチューリップ賞2022出走予定馬の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切り含む中間全体の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り後の追い切り考察

アンジェリーナ
最終前:中4週 A
最終:栗坂 稍重 併せ同入 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、追い切りで動くタイプらしく坂路で良い内容をこなせていますし、引き続き仕上がりは良いのではないでしょうか。ただ、まだ奥はありそうに感じていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく良い内容を消化出来ていますし、引き続き出来は良好と判断しています。ただ、そう大きな変わりはなくというイメージですので、重賞でどれだけ走れるのか注目です。
ウォーターナビレラ
最終前:2ヶ月半 A
最終:栗CW 稍重 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、1週前追い切りは武豊騎手を背にまずまずの追い切り内容を消化してきました。まだ休み明け感は残っていると思いますが、このひと追いでピリッとしてくると思いますし、前哨戦とすれば十分と言える仕上がりには持っていけるのではないかとみています。あともうひと追い残されていますので、最後まで注目したい存在です。その最終追い切りですが、レース当該週は軽めにする事が多いので、こんなもんでも十分かなとみています。ただ、今回はやはりトライアル仕様という印象が強いので、出来万全とはいかない余裕残しの中でどれだけの走りを見せられるのか注目です。
オーソレミオ
最終前:中6週 A
最終:栗坂 稍重 併せ同入 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗れていますし、引き続き出来は保てているという印象です。ただ、まだ良化の余地は残されている段階にあるとみていますし、前回以上の出来とまではいかないと思っていますので、最終追い切りでグンと上向いてくるかどうかに注目したいです。その最終追い切りですが、坂路でこの馬なりに動けたと思いますし、良い状態は保てていると感じます。ただ、グンと上向いてきたイメージはありませんので、その中でどれだけの走りが出来るのか注目です。
サークルオブライフ
最終前:2ヶ月半 A+ ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:美南W 良 併せ同入 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、いつも通りの調整という印象で、前哨戦としては既に十分と言える仕上がりにあるとみています。1週前追い切りの動きも凄く良かったですし、このひと追いで更に仕上がりは進んでくると思われますので、最後のひと追いまで目が離せない存在です。その最終追い切りですが、前哨戦としては十分と言える出来にあるとみていますし、個人的には休み明けでも問題なく力は出してくるのではないかとみています。目標は先でも、結果は出せる状況下に置かれていると思いますので、見せ場のある競馬に期待して良いのではないでしょうか。
サウンドビバーチェ
最終前:2ヶ月半 A
最終:栗坂 稍重 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、追い切りで動くタイプらしく併用でしっかりと乗れていますし、引き続き状態は維持しているとみています。まだ奥はありそうですが、1週前追い切りでビッシリと追われた事により変わってくると思いますので、最終追い切りまで注目したいです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく良い内容を積んできましたし、良い状態を保てているとみています。ただ、前走からグンと良くなってきたイメージはありませんので、その中でどれだけの走りを披露してくれるのか注目です。
シークルーズ
最終前:中3週 A
最終:栗坂 稍重 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、間隔は詰まるものの、追い切りはそれなりにやれていますし、状態は維持していると思います。ただ、まだ奥のある存在とみていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、この馬なりに坂路で動けたと思いますし、気配は上向きとみています。ただ、大幅良化とまではいかないと思っていますし、相手も一気に強化されますので、現状でどれだけのパフォーマンスを披露出来るのか注目です。
ジャマン
最終前:2ヶ月半 A
最終:栗CW 稍重 併せ先着 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中間一頓挫あったようで、再立ち上げからはまだ日が浅いです。ただ、1週前追い切りで意欲的に追えた点には好感が持てますので、このひと追いで変わってくれば良いなと思っています。その最終追い切りですが、追い切りは動くタイプらしく良かったと思いますし、久々でも力は出せるのではないかとみています。ただ、良い時との比較では一枚落ちるのが現状かなと思っていますので、その中でどれだけの走りが出来るのか注目です。
ステルナティーア
最終前:2ヶ月半 A ◆中間自己ベスト(美坂)
最終:美南W 良 併せ同入 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用でしっかりと乗れていますし、追い切りで動くタイプらしくこなしている内容も良いです。ただ、個人的にはまだ良化の余地を残している段階にあるとみていますので、最終追い切りで更に良くなった姿を披露してくれれば良いなと思っています。その最終追い切りですが、元々新馬戦の前から完成度は高い方だと思っていましたので、ここに向けて大幅に良くなってきた印象はありません。ただ、今回も出来は悪くないと思っていますし、力は出せるとみていますので、巻き返してきても不思議ない1頭かなとみています。
スプリットザシー
最終前:2ヶ月 A
最終:栗坂 稍重 併せ同入 強め B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、意欲的な追い切り内容が目立つものの、まだ奥はありそうに感じています。良い時との比較でも見劣りするのが現状ですので、2週続けてビッシリと追われた効果が最終追い切りで少しでも見られれば良いなと思っています。その最終追い切りですが、この馬なりに動けてはいるものの、大きくは変わらずという印象です。まだ奥はありそうですし、重賞だと走り切れていないイメージですので、今回もその中でどれだけの走りが出来るのか注目です。
ツッチーフェイス
最終前:中5週 A ◆中間自己ベスト(栗坂/栗CW6F)
最終:栗坂 稍重 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込み十分ですし、1度使われた効果も感じられます。まだ良くなってきそうですが、引き続き力は出せるのではないかとみていますので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路でまずまずの動きだったと思いますし、新馬戦を使った効果も見込めるのではないでしょうか。ただ、まだ良くなる余地は残されているとも思いますので、その中で今回どれだけの走りが出来るのか注目です。
ナミュール
最終前:2ヶ月半 A
最終:栗坂 稍重 併せ先着 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、仕上がり早な牝馬ですので、休み明けでも少ない本数で問題ないとみています。ただ、まだ前哨戦仕様というイメージで、ここからギアが変わってくる馬だと思いますので、最終追い切りによる良化度合いには要注目したい存在です。その最終追い切りですが、この馬なりに動けていますし、久々でも悪くない出来にはあるとみています。ただ、大一番に向けていくらか余裕は残していると思っていますし、強く買うなら本番が良いなと思っている存在ですので、この良化の余地を残した中でどれだけやれるのかが本番へ向けての良い指標になるかなとみています。色んな意味で注目の1頭です。
ピンハイ
最終前:5ヶ月 B ◆中間自己ベスト(栗坂②)
最終:栗CW 稍重 併せ同入 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、追い切りはボチボチ動けるというイメージですので、その点を考慮するとまだ物足りない印象が強いです。中間一頓挫あった点も気になりますし、まだ仕上がり途上の段階にあるとみていますので、最終追い切りでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、動きは悪くないですし、久々も悪くない出来にあるとみています。ただ、まだキャリアは浅く、良くなる余地も残している段階にあるとみていますので、現状でどれだけやれるのか注目です。
ラリュエル
最終前:中2週 A+
最終:栗坂 稍重 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週でも坂路でしっかりと乗れていますし、気配は上向きと判断しています。引き続き走れる態勢にあるとみていますし、休み明けを1度使ったことによる上積みはあると思っていますので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、2週続けて坂路で良く動いてきましたし、中2週でも上積みは大きいとみています。デビューして以来1番良いくらいにも映っていますし、能力的には通用しても不思議ない存在とみていますので、阪神JF組を脅かす1頭になっても良いのではないかとみています。また、桜花賞を使いたいのであれば権利や賞金加算が目的だと思いますので、チューリップ賞狙いの馬と判断して良いのではないでしょうか。
ルージュスティリア
最終前:7ヶ月 A ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗CW 稍重 併せ遅れ 一杯 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込み十分ですし、仕上がりは順調に進んでいるというイメージです。ただ、まだ奥があるように映りますし、良化の余地を残した走りにも見えますので、最終追い切りでまとまりが出てくれば良いなと思っています。その最終追い切りですが、久々も乗り込み十分ですし、最後までビッシリ追えたという点は良いと思っています。ただ、約半年以上のブランクがあるわけで、追い切りでは悪くなくとも実戦でどうかという点は1つ気になっていますので、能力は認めつつも過剰に売れるようならおさえでも良いのかなと思っている1頭です。
ルピナスリード
最終前:中3週 B
最終:栗坂 稍重 併せ同入 馬也 B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で意欲的に追えているという点は良いと思うものの、内容自体はまだ目立ってきません。個人的にはまだ奥のある段階にあると思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、この馬なりに坂路でまずまず動けてはいるものの、良い時との比較ではまだ見劣りするイメージです。個人的にはまだ仕上がり途上の段階にあるとみていますので、その中でどういった走りが出来るのか注目です。




各追い切りピック4

⑴最終追い切り前ピック4(※五十音順)

☑︎アンジェリーナ

☑︎サークルオブライフ

☑︎ステルナティーア

☑︎ラリュエル

⑵最終追い切りピック4(※五十音順)

☑︎サウンドビバーチェ

☑︎サークルオブライフ

☑︎ナミュール

☑︎ラリュエル

⑶最終追い切り後ピック4(※五十音順)

☑︎サウンドビバーチェ

☑︎サークルオブライフ

☑︎ナミュール

☑︎ラリュエル




調子指数




また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする

※ここまでスクロールをして当ブログを閲覧してくれているということは、コアな視聴者層という可能性が高いと思い、意図してこの部分にアンケートを設置させて頂きました。お時間のある方や案のある方だけで構いませんので、是非ご協力頂ける方は「TwitterのDM」まで回答の方をよろしくお願い致します。

アンケート:「貴方が予想の参考にしたいと思う追い切りコンテンツはありますか?」




最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE