【チャレンジカップ 2021】最終追い切り後の追い切り考察

当記事ではチャレンジカップ2021出走予定馬の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切り含む中間全体の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り後の追い切り考察

アルジャンナ
最終前:中5週 A ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗CW 重 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく良い内容を積めていますし、ここまで順調にきていると思います。ただ、絶好時との比較では一枚落ちるイメージですので、あともうひと追いでどこまで上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い動きでしたし、状態は上向きとみています。ただ、攻め動いてもというタイプの馬でもありますので、アテにしづらい1頭でもあるかなと思います。
カツジ
最終前:中4週 A
最終:栗CW 重 単走 一杯 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく良い内容を積めていますし、障害練習も取り入れてしっかり攻めれています。まだ良くなりそうですが、現状でも力は出せる出来にあるとみていますので、あともうひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い内容を消化してきましたし、出来は上向きとみています。ただ、攻めでいくら動いてもというタイプでもありますので、過剰に評価しないように注意したいところです。
ジェラルディーナ
最終前:中6週 A
最終:栗CW 重 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく良い内容を積めていますし、引き続き良い状態にあると感じます。現状でも十分力は出せる仕上がりとみていますが、あともうひと追いありますので、最後のひと追いまで注目したい存在です。その最終追い切りですが、先週までしっかりやっているので、最終追い切りは軽めに。欲を言えば最後まで攻めてきて欲しかったですが、動きは悪くありませんでしたので、現状でどれだけ走れるのか注目したいです。
スカーフェイス
最終前:中2週 F
最終:栗坂 重 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく良い動きだったと思いますし、勝った前走よりも出来は良いくらいに映っています。ただ、絶好時との比較では一枚落ちるイメージもありますので、その中でどれだけの走りが出来るのか注目したいです。
ソーヴァリアント
最終前:2ヶ月半 A ◆中間自己ベスト(美南W6F)
最終:美南W 重 併せ先着 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく良い内容をこなしていますし、特に1週前追い切りの動きは良いなと感じました。現状でも十分と言える出来にあると感じますが、あともうひと追い残されていますので、最後のひと追いまで要注目したい存在です。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い動きでしたし、前回よりも出来は上向いていると感じます。まだ奥はあると思いつつも、能力は確かですので、ここでも好勝負は可能な1頭だとみています。
ヒートオンビート
最終前:2ヶ月 A ◆中間自己ベスト(栗CW7F)
最終:栗P 良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込み十分ですし、こなしている内容の質も高いです。2週続けてしっかりやれているように具合は良さそうですし、このしっかりと追われたひと追い、ふた追いで更に上向きそうなイメージもありますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、馬場の軽いポリトラックコースとはいえ動きは良かったですし、出来も上向きと判断しています。休み明けを1度使った効果も大きいと思いますし、とにかく仕上がりは良いとみていますから、久々の2000mに上手く対応出来れば面白いと思います。
ペルシアンナイト
最終前:中4週 A
最終:栗CW 重 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく良い内容を積めていますし、良い状態にあると感じています。特に1週前追い切りの内容は目を惹きますし、このひと追いであらかた仕上がったかなとみていますので、最後のひと追いにも引き続き注目したいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い動きですし、出来は良好と判断します。ただ、良い時との比較では見劣りするイメージですし、いくら攻めで動いてもというタイプの馬でもありますので、過剰に評価しないように注意したいです。
マイネルウィルトス
最終前:中3週 A
最終:栗CW 重 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく良い内容を積めていますし、引き続き良い出来をキープしていると感じます。前回も良い仕上がりと感じて評価していましたが、そこと遜色ないくらいの出来にあるとみていますので、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく動きは良いですし、出来もいくらか上向いていると感じます。今年の春先あたりから馬は本当に良くなってきたと思いますし、今がまさに充実期だと思いますので、勢いでここも善戦可能だと思います。
マイネルフラップ
最終前:中1週 F
最終:栗坂 重 単走 馬也 B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中1週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、坂路でこの馬なりに乗れていますし、前回よりは出来も上向きとみています。ただ、良い時との比較では見劣りしますし、まだ良化の余地も残されていると思いますので、その中で今回どれだけやれるのか注目したいです。
メイショウオーパス
最終前:中1週 F
最終:栗坂 重 単走 馬也 B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中1週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、変わってきた様子はなく、状態維持に努めているというイメージです。まだ良くなる余地も残されていると思いますので、その中でどれだけ走れるのか注目したいです。
モズナガレボシ
最終前:中2週 F
最終:栗坂 重 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、動きは悪くないですし、近走よりは上向いていると感じます。ただ、良い時との比較ではまだ見劣りするイメージですので、現状でどれだけ走れるのか注目したいです。




各追い切りピック4

⑴最終追い切り前ピック4(※五十音順)

☑︎ソーヴァリアント

☑︎ヒートオンビート

☑︎ペルシアンナイト

☑︎マイネルウィルトス

⑵最終追い切りピック4(※五十音順)

☑︎カツジ

☑︎ソーヴァリアント

☑︎ヒートオンビート

☑︎マイネルウィルトス

⑶最終追い切り後ピック4(※五十音順)

☑︎カツジ

☑︎ソーヴァリアント

☑︎ヒートオンビート

☑︎マイネルウィルトス




調子指数




また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE