【セントライト記念 2021】追い切り党の軸馬

当記事では1週間通して私自身が考察したブログをもとに導いた追い切り党の軸馬を公開するコンテンツになっています。

もし記事を読んで賛同出来る部分があれば是非参考にして頂いて、そうでなければご自身の予想や見解を第一に優先してあげて下さい。

必ずしも毎回的中をお届け出来るコンテンツではありませんが、もし良ければ参考にしてみて下さい。

その他、平場や新馬戦などここに記載のない好追い切り馬に関しましては「追い切り専門紙」をご覧下さい。

それではよろしくお願い致します。

※追い切りに特化した新聞のようなものをご自身のお手元の端末で

私自身、毎週全レース全馬の追い切り内容をチェックしていますので、その過程を元に1本の記事を作成しています。個人的に買いだと思った馬には☆、★印を打たせていただき、そうでない馬には空白と、シンプルな構成ですが、人気の記事となっています。その日の中央競馬終了後というルールは設けているものの返金申請も受け付けていますので、もし良ければこの際にご利用してみて下さい。

追い切り専門紙を購読する

また、Twitterでは最新情報(ブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




追い切り党の軸馬

中山11R セントライト記念 15:45
◎5.ノースブリッジ 調子指数115
最終追い切り前評価:A+
最終追い切り後評価:S↑
最終追い切り前ピック4:☑︎
最終追い切りピック4:☑︎
最終追い切り後ピック4:☑︎
昨年末に爪を痛めた影響でガッツリと攻め切れなかったここ2走と比較すると見違えるほど良くなっていると思いますし、復調気配を感じると共に夏を越して良い成長カーブも同時に描けているという印象です。この中間はどこを切り取っても目を惹く内容ばかりですし、各週末にも意欲を見せて追えているという点からも、今は本当に具合が良いんだろうなと感じています。テンよし、中よし、終いよしという言葉があるように、それに類似する攻め内容を消化出来ていると思っていますし、過程全体を眺めてもこの言葉が当てはまるなと思っています。1週前追い切りでは先行する形だったとはいえ重賞ウィナーを子供扱いし、最終追い切りでも個人的に好素材と感じている馬を併走馬に置き手応えで圧倒していましたので、脚力は現時点でも重賞級の器なのではないかという印象を持っています。動きもワンペースという感じではなく、折り合いがついて溜めも効いているように映りましたので、まだ見せていないギアが隠れているのではないかとも思ったりしています。とにかく道中リラックスして運べれば勝負どころでは良い脚を使えると思っていますし、2200mもペース次第では守備範囲かなと思っていますので、好枠から内目をロスなく立ち回れれば見せ場を作れるだけの走りはしてくれるのではないかと思っています。




※追い切りに特化した新聞のようなものをご自身のお手元の端末で

私自身、毎週全レース全馬の追い切り内容をチェックしていますので、その過程を元に1本の記事を作成しています。個人的に買いだと思った馬には☆、★印を打たせていただき、そうでない馬には空白と、シンプルな構成ですが、人気の記事となっています。その日の中央競馬終了後というルールは設けているものの返金申請も受け付けていますので、もし良ければこの際にご利用してみて下さい。

追い切り専門紙を購読する

また、Twitterでは最新情報(ブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE