【セントウルステークス 2021】最終追い切り後の追い切り考察

どうも、優太です。

当記事ではセントウルステークス2021出走予定馬の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切り含む中間全体の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り後の追い切り考察

カレンモエ
最終前:3ヶ月 A+
最終:栗坂 良 併せ同入 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で抜群に動くタイプらしく良い内容を積めていますし、久々でも文句のない仕上がりにあるとみています。1週前追い切りを終えた時点であらかた出来上がったとは思いますが、あともうひと追い残されていますので、最終追い切りまで要注目したい1頭です。その最終追い切りですが、先週までにかなりハードに追われていますので、最終調整はこんなもんでも十分かなと思います。馬自身走る気満々という印象で、動きはもちろん良いですし、先週の時点であらかた仕上がっていると思いますので、レースでも持てる力は出し切ってくるとみています。
クリノガウディー
最終前:3ヶ月 A+
最終:栗坂 良 単走 一杯 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で動くタイプらしく良い内容を積めていますし、ここまで順調という印象です。1週前追い切りの内容は案外も、このひと追いでかなりピリッとした感じがしますし、全体的に良くなっていると思いますので、最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、終い重点もかなり良いメニューをこなしてきましたし、ここに向けて仕上がりも良好と判断しています。現在2連勝を決めていますが、その良い出来をしっかり保てていると思いますので、得意舞台の今回は重賞でも楽しみがあって良い1頭かなと思っています。
コンパウンダー ※回避
最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、絶好時との比較ではどうかも、中2週でも意欲的に追われているという点には好感が持てます。個人的には前走よりも良くなってくる可能性もあると思っていますので、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、2週続けてしっかり追われているという点は評価したいものの、大きく変わってきたという様子はありません。引き続き出来は保てていると思いますが、まだ奥がありそうなイメージですので、現状でどれだけ走れるのか注目したいです。
シゲルピンクルビー
最終前:中2週 F ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗坂 良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく良い内容をこなせていますし、引き続き良い状態をキープ出来ているという印象です。ただ、前走からガラリと変わってきたイメージはありませんので、現状でどれだけ走れるのか注目したいです。
シャインガーネット
最終前:4ヶ月 A
最終:美南W 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく併用で良い内容をこなせていますし、順調に仕上がりは進んでいるという印象です。ただ、個人的にはまだ良くなってきて良い馬だと思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い内容を積めていると思いますし、久々でも出来は良好と判断しています。ただ、絶好時との比較ではどうかと思いますし、まだ良くなる余地は残されているイメージですので、現状でどれだけ走れるのか注目したいです。
ジャスティン
最終前:中4週 C ◆中間自己ベストタイ(栗坂)
最終:栗坂 良 単走 一杯 B ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で好時計は出たものの、終いはパッタリ止まっています。これだと少し評価しにくいですし、まだ良くなってきて良いとも思いますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、自己ベストが出ていますし、2週続けて意欲的に追われているという点は魅力も、終いはいくらか掛かっていますので、この点は1つ気掛かりです。動く時は終いまでしっかり動きますので、絶好調かと言われると疑問ですし、芝もどうでしょうか。
ジャンダルム
最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 併せ同入 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく良い内容を積めていますし、ここでもかなり良い出来を保てていると思います。前走は負けて強い内容でしたし、その出来はしっかりキープしていると思いますので、立ち回り次第では見直しても良い1頭かなと思っています。
シャンデリアムーン
最終前:中3週 A
最終:美坂 良 単走 強め B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中3週でも併用でしっかり乗り込まれていますし、出来は引き続き保てていると思います。攻め過程にパンチがないので、その辺りが最終追い切りで出てくればなと思っています。その最終追い切りですが、この馬なりに動けてはいるものの、まだ良化の余地は残されているというイメージです。力は出せると思いつつも、まだ奥はあると感じていますので、その中でどれだけの走りが出来るのか注目したいです。
タイセイビジョン
最終前:2ヶ月半 A+ ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗CW 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、長めをハードに追われまして、自己ベストも塗り替えてきました。まだ良くなる余地はありそうなものの、現時点でも出来はここに向けて良いと思っていますし、1週前追い切りのひと追いで更に良くなりそうなイメージもありますので、最後のひと追いまで注目したい存在です。その最終追い切りですが、この馬なりに動けていますし、久々でも良い仕上がりにあるとみています。ただ、良い時との比較ではまだ見劣るイメージですし、使えばもっと良くなってきそうな印象ですから、現時点でどれだけ動けるのか注目したいです。
ナランフレグ
最終前:中1週 F
最終:美南W 良 単走 馬也 B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中1週のため時計は出せていません。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い内容をこなせていると思いますし、引き続き出来は保てているという印象です。ただ、良い時との比較では見劣りしますし、まだ良くなる余地は残されていると思いますので、その中でどれだけの走りが出来るのか注目したいです。
ピクシーナイト
最終前:2ヶ月半 A+ ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗坂 良 併せ先着 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で乗り込み十分ですし、1週前追い切りでは素晴らしい内容を消化しています。このひと追いで更に良くなってくると思いますし、そうなれば前走以上に前進可能だと思いますので、最後のひと追いまで注目したい存在です。その最終追い切りですが、福永騎手騎乗で良い動きを披露してきましたし、好調時との比較でも遜色ありません。今回は2度目の1200m戦ということで、距離慣れも見込めるでしょうし、追走も楽になってくると思いますので、出来も上向きと感じる今回は狙い目にあると感じています。
ベストアクター
最終前:中3週 C
最終:美坂 良 併せ同入 馬也 B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、前走久々を使われた効果は大して感じられず、引き続き平行線という印象です。もっと良くなってきて良い馬だと思いますし、現状だと物足りませんので、最終追い切りでどれだけ良くなってくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、特に変わってきた様子はなく、強調したい点も見つかりません。まだまだ良くなってきて良い馬だと思いますので、現状でどれだけ走れるのか注目したいです。
ボンボヤージ
最終前:中2週 F
最終:栗P 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週でも意欲的に調整されていますし、前走よりも良くなっている可能性まであるのかなと思っています。それでいてまだあともうひと追いありますので、最後のひと追いまで注目したい存在です。その最終追い切りですが、ポリトラックコースですから、攻め動くタイプであるこの馬は動けて当然とはいえ良く映りました。2週続けてのジョッキー騎乗という点にも好感を持っていますし、出来もしっかり保てていると思いますので、穴として面白い存在になり得るのかなと思っています。
メイショウチタン
最終前:2ヶ月半 A
最終:栗CW 良 単走 強め B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、除外があり、思うような過程を送れていないとは思いますが、出来は悪くないとみています。とはいえ、まだ良くなってきて良い馬だと思っていますし、良化の余地はありそうですから、最終追い切りでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、この馬としては動けなかった方だと思いますし、除外の影響で調整のリズムに多少狂いが生じた可能性もあるのかなと個人的には思っています。まだまだ良くなってくる馬ですし、今回は物足りなさを感じましたので、その中でどれだけの走りが出来るのか注目したいです。
ラヴィングアンサー
最終前:6ヶ月 A+
最終:栗坂 良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込まれており、攻め動くタイプらしくこなしている内容も素晴らしいものが並んでいると思います。1週前追い切りの動きも良く映りましたし、このひと追いでまた更に上向いてくる可能性もあるとみていますので、最後のひと追いまで注目したい存在です。その最終追い切りですが、この馬としては坂路で良く動けた方だと思いますし、調整過程全体を眺めても評価出来る過程を歩めていると感じます。久々ではありますが良い仕上がりでレースに使えると思いますので、楽しみがあって良い1頭かなと思っています。
ラウダシオン
最終前:3ヶ月 A+ ◆中間自己ベストタイ(栗CW6F)
最終:栗CW 良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込み量は十分ですし、こなしている内容も良いです。特に1週前追い切りはビッシリとハードに追われまして、それでいて終いまでしっかりと頑張れていましたので高い評価となっています。このひと追いで更に良くなりそうですし、あともうひと追いありますので最後まで注目していきたい存在です。その最終追い切りですが、最後まで意欲的に追われたという点には好感が持てますし、久々でも力は出し切れるとみています。動きも非常に良く映りましたし、気配も前走より良いと感じていますので、楽しみがあって良い1頭かなと思っています。
レシステンシア
最終前:4ヶ月 B
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で乗り込まれていますし、休み明けとしてはこれで良いのかなとは思いますが、個人的には先を見据えた仕上げに映っていますし、同じトライアルレースという位置付けである阪急杯の時とは悪い意味で別物だと思っています。もっと動けて良い馬ですし、ここまで攻め切れていないレシステンシアは初めてかなと思いますので、最終追い切りではどういった内容をこなしてくるのか要注目したいです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしくまずまず良い動きを披露してくれましたし、ここに来てようやくこの馬らしい動きがほんの少しだけ見れたかなという印象です。ただ、全体的に眺めると今回は作り込んではいない方だと思いますし、個人的には先を見据えている仕上げという印象が強いと感じているので、過剰に売れるようなら抑えくらいに回しても良いのではないかと思っています。
レッドアンシェル
最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 併せ先着 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、グンと変わってきた印象はないものの、中2週でもしっかりやれているという点は評価したいです。あともうひと追いありますので、更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、特に前走から変わってきたという様子はなく、引き続き状態維持に努めているという印象です。個人的にはまだ奥があって良い1頭かなと思っていますので、現状でどれだけ走れるのか注目したいです。




各追い切りピック4

⑴最終追い切り前ピック4

☑︎カレンモエ

☑︎クリノガウディー

☑︎ラヴィングアンサー

☑︎ラウダシオン

⑵最終追い切りピック4

☑︎クリノガウディー

☑︎ジャンダルム

☑︎ピクシーナイト

☑︎ラウダシオン

⑶最終追い切り後ピック4

☑︎カレンモエ

☑︎ジャンダルム

☑︎ピクシーナイト

☑︎ラウダシオン




調子指数




最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE