【エプソムカップ 2021】追い切りから導いた軸馬

1週間通して私自身が考察したブログをもとに導いた軸馬を公開するコンテンツになります。
もし記事を読んで賛同出来る部分があれば是非参考にしていただいて、そうでなければ自身の見解を大事にしてあげて下さい。
よろしくお願い致します。

※追い切りに特化した新聞のようなものをご自身のお手元の端末で

私自身、毎週全レース全馬の追い切り内容をチェックしていますので、その過程を元に1本の記事を作成しています。個人的に買いだと思った馬には☆、★印を打たせていただき、そうでない馬には空白と、シンプルな構成ですが、人気の記事となっています。その日の中央競馬終了後というルールは設けているものの返金申請も受け付けていますので、もし良ければこの際にご利用してみて下さい。

追い切り専門紙を購読する

 

 

軸馬について

◎15.ザダル 調子指数100
最終前:A+
最終後:A+
最終前ピック:☑︎
最終ピック:☑︎
最終後ピック:☑︎
約8ヶ月の休養明けということで、陣営のトーンはそこまで高くないものの、鳴尾記念のブラストワンピースは同じような状況でも馬券内に来ましたから、久々という点だけで少しでも人気を落とすようなら狙いたいと思っています。攻め内容は良い時と比較しても遜色ないと個人的には感じていますし、ここまで良い動きを披露出来ていると思っていますので、攻め通りなら走れるであろうという見立てです。また、1週前追い切りで美浦南Wコース6Fという長めをしっかり追いつつ、最終追い切りは美浦南Wコース4F追い締めというのは大竹厩舎の好走時に多く用いられる調整方法でもあり、ザダルはこの調整方法で4-0-1-1と8割超で馬券内に絡んでいます。唯一馬券外となったのは菊花賞ですから、距離が合わなかったと片付けてしまっても良いのかなと個人的には思っています。他にも大竹厩舎の管理馬で言うと、ブラストワンピースもこの調整方法で有馬記念を制しましたし、ピースワンパラディやホウオウピースフルにも良く用いられているのを目にします。今回のザダルも、もちろん先程述べた内容に該当していますし、併用している坂路でも意欲を出して追えている点にも好感を持っています。ここは休み明けの分、しっかりやりたいという思惑もあるかもしれませんが、このワンアクセントでより仕上がりは進んだと思っています。2週続けて併せた馬も後々走ってきそうな馬ですから、その馬に対し追走併入と動けた点も評価出来ますし、久々でも楽しみがあって良い1頭だと思っています。

無断転載、盗作厳禁

 

※追い切りに特化した新聞のようなものをご自身のお手元の端末で

私自身、毎週全レース全馬の追い切り内容をチェックしていますので、その過程を元に1本の記事を作成しています。個人的に買いだと思った馬には☆、★印を打たせていただき、そうでない馬には空白と、シンプルな構成ですが、人気の記事となっています。その日の中央競馬終了後というルールは設けているものの返金申請も受け付けていますので、もし良ければこの際にご利用してみて下さい。

追い切り専門紙を購読する

 

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE