【アーリントンカップ 2021】本命馬

現在ブログ運営に勤しむために休止中ですが、いつかは再開したいと考えていますので、良ければチャンネル登録の方お願い致します。

▶︎YouTubeのチャンネル登録はこちらから 

 

noteでも週数本程度限定記事を公開していますので、良ければフォローお願い致します。

▶︎noteフォローはこちらから

 

私自身の本命馬について記載しています。

良ければ参考にしてみて下さい。

 

 

本命馬について

◎12.レイモンドバローズ 調子指数100
最終前:A+
最終後:A+
最終前ピック:☑︎
最終ピック:-
最終後ピック:☑︎

攻め内容からはスケールの大きさを感じますし、重賞でもやれるだけのポテンシャルを追い切りの動きからは感じます。持ち前のスピードを持続させることに長けているタイプという認識ですので、距離を短くして良さが出ているという印象ですし、現状ではマイル以下が合っているイメージです。道悪も上手に走りますし、走法からも荒れた馬場はこなせるのではないかと思っていますので、当日馬場が悪くなってもこの馬は力は出してくれるのではないかと予想しています。中間の負荷としては文句なしという感じで、CWコースで長めをバンバン追っていますし、これは道悪でタフな1戦になりそうなことや、マイルに戻るということからも、スタミナ面を強化するという意味で良い傾向だと思っています。全体的に眺めて時計面も十分ですし、1週前追い切りの時点である程度出来ていたとは思うのですが、日、水と緩めることなく上で乗れているという点も好感が持てます。これだけ最後まで攻め切れば陣営としても満足のいく仕上がりで送り出せるでしょうし、今後のためにも重賞タイトルを獲得しておきたいところだと思いますので、この馬のポテンシャルに期待したいです。

 

 

無断転載禁止

 

▶︎YouTubeのチャンネル登録はこちらから 

 

▶︎noteフォローはこちらから

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE