新潟大賞典追い切りレポート2022【全頭調教評価記載】

新潟大賞典追い切りレポート2022【全頭調教評価記載】になります。

最終追い切り後の出走予定馬全頭の追い切り考察文調教評価とあわせてわかりやすく記載していますので、各自の予想にお役立ていただければ幸いでございます。

 

当記事の信頼性

現在追い切りブログ運営歴4年以上。
ありがたいことに、当追い切りブログの総閲覧数は1,600万PVを突破しました。
追い切りを見始めてからはブログ歴以上の年数を重ねています。
最後に、初めて訪れてくださっている方に対して記事の信頼性を保たせるために、この1本だけリンクを添付させていただきます。
《参考》追い切りを見続けていなかったおそらく獲れていなかった1本です
2022年4月2日(土)阪神10R 仲春特別 ◎4.エーティーメジャー 1着 172.6倍(13番人気)




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬調整が軽くて評価出来なかった馬仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

新潟大賞典追い切りレポート2022【全頭調教評価記載】

アイコンテーラー

最終前:2ヶ月 A
最終:栗坂 良 併せ先着 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込み十分ですし、強度の高いトレーニングも取り入れられているという点には好感が持てます。現状でも好仕上がりにあるとみていますが、1週前追い切りでしっかりと追われたことにより、更に上向いてくる可能性もあると思っていますので、最後のひと追いまで注目したいです。その最終追い切りですが、坂路でこの馬なりに動いてきたと思いますし、久々でも力は出せる態勢にあるとみています。ただ、まだ奥はありそうな雰囲気はありますし、良い時との比較でもやや見劣りするかなという印象がありますので、その中でどういった走りが出来るのか注目です。

アルサトワ

最終前:2ヶ月 A
最終:栗CW 良 併せ先着 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、いつも通りウッドチップコースをメインに乗れていますし、こなしている追い切り内容も悪くありません。ただ、まだ奥はあるように感じていますし、絶好時との比較では見劣りするイメージですので、あともうひと追いでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、追い切りで動くタイプらしくまずまず評価出来る追い切り内容はこなしてきたなと思います。ただ、まずまずと言ったように、まだ奥はあると思っていますし、良化の余地を残している段階だと思っていますので、その中でどれだけの走りが出来るのか注目です。

カイザーバローズ

最終前:2ヶ月半 A
最終:栗CW 良 併せ遅れ 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で良く乗れていますし、こなしている追い切り内容も悪くありません。ただ、まだ良くなりそうな雰囲気はありますし、1週前追い切りでしっかりと追われたことにより、変わってきても良いと思っていますから、最後のひと追いまで注目したいです。その最終追い切りですが、この馬なりに動きは良かったと思いますし、前走の出来を維持しているか、やや上向きまであるかなというイメージです。絶好時との比較ではどうかも、近走と同じくらいの出来にはあるとみていますし、Glllレベルであれば善戦可能な存在かなとみていますので、現状でどれだけの走りが出来るのか注目です。

シュヴァリエローズ

最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週と間隔は詰まるものの、ウッドチップコースで意欲的に追えているという点は良いと思います。個人的には現状でも前回と同じくらいの気配を感じていますので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路でこの馬なりに良く動けましたし、休み明けの前走をひと叩きして状態は上向きと判断します。良い時との比較でも遜色ありませんし、能力は秘めている1頭だと思っていますので、人気薄なら狙ってみたい1頭かなとみています。




ステラリア

最終前:中4週 A ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗坂 良 併せ遅れ 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で良く乗れていますし、状態は悪くないように映っています。ただ、まだ奥はありそうにも感じていますし、絶好時との比較ではどうかなという気もしていますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、坂路でのサンプルが少ないため好き勝手なことは言えないと思うものの、CWではべらぼうに動くこれだけの実力馬が未勝利馬相手に遅れを取ってしまったという点は1つ気になっています。トラック馬場での追い切りとは真逆で、見た目も平凡に映りましたし、まだ良化の余地を残しているようにも感じましたので、現状でどれだけのパフォーマンスを披露してくれるのか注目です。

スマイル

最終前:中5週 A
最終:美南W 良 併せ同入 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で良く乗れていますし、状態は良好と判断しています。良い時との比較では大差ありませんが、まだ奥はありそうな気もしていますので、最終追い切りでの上げ幅には注目したいです。その最終追い切りですが、1週前追い切りでしっかり負荷を掛けましたので、レース当該週は軽めの内容に。ただ、堀厩舎ですし、むしろこの調整方法には好感が持てますので、態勢は整っているとみて良さそうです。絶好時との比較ではどうかも、引き続き良い状態にはあるとみていますので、現状でどれだけ走れるのか注目です。

ダノンマジェスティ

最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、中2週と間隔は詰まりますので、いくらか軽めの最終調整に。個人的には前回が良い出来にあったという認識で、今回はその状態維持に努めているというイメージですので、現状の出来でどれだけ走れるのか注目です。

トーセングラン

最終前:11ヶ月 A ◆中間自己ベスト(美坂)
最終:美坂 良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、久々ですが、坂路で意欲的に追えていますし、追うごとに状態は上がってきていると感じます。前走も1年以上のブランクがありながら勝利しているように、久々でも馬が走れる態勢にあればレースでも頑張ってくれると思いますので、最終追い切りでの上げ幅には注目したいです。その最終追い切りですが、長期休養明けでも坂路でしっかりと動けていますし、久々でも仕上がりは良好と判断しています。その動きからは約1年も休んでいたとは思えないですし、久々でも十分力は出せる態勢にあるというイメージですので、現状でどれだけの走りが出来るのか注目です。

パトリック ※回避

最終前:中3週 B
最終:栗坂 良 単走 馬也 B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中3週と間隔は詰まっていますので、軽めの登坂が目立っています。個人的にはいくらか攻め控えられているかなとも思っていますし、状態維持に努めているという印象ですので、あともうひと追いでどこまで上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、特にここに向けて上向いてきたという様子はなく、今回は状態維持に努めているという印象が強いです。個人的にはまだ良くなってきても良いのかなと思っていますし、追い切り過程全体を眺めても同様に感じますので、その中でどういった走りを披露してくれるのか楽しみです。




プレシャスブルー

最終前:中2週 F
最終:美南W 良 併せ同入 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、特に変わってきた様子はなく、状態維持に努めているというイメージです。個人的には良い時との比較では一枚落ちる状態にあるという認識ですし、まだここから良くなってくる馬だと思いますので、その中でどういった走りを披露してくれるのか注目です。

マウントゴールド

最終前:7ヶ月 B
最終:栗CW 良 併せ先着 馬也 B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、追い切りでは動けるタイプという認識ですので、その点を考慮するとまだいくらか物足りなさがあるかなという印象です。ただ、2週続けてしっかりと追われたことにより、馬は変わってきて良いと思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、休み明けでもそれなりの出来にはあるとみているものの、まだ良化の余地は残されているような気もしています。まだ物足りなさが残りますし、本調子とまではいかないのかなと思っていますので、その中でどういった走りが出来るのか注目です。

モズナガレボシ

最終前:3ヶ月 A ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で自己ベストを塗り替えているように、状態は悪くないと思っていますし、順調に仕上がりは進んでいるというイメージです。ただ、個人的にはまだ奥のある馬だと思っていますし、絶好時との比較ではいくらか見劣りするかなと思っていますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、この馬なりに坂路で良く動けていますし、近走の中では上位の出来にあるとみています。まだ奥はありそうなものの、力は出せる出来にあるとみていますので、現状でどれだけの走りが出来るのか注目です。

ヤシャマル

最終前:3ヶ月 B
最終:美南W 良 併せ同入 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、追い切りでは動けるタイプという認識ですので、その点を考慮するとまだいくらか物足りなさがあるかなという印象です。ただ、2週続けてしっかりと追われたことにより、馬は変わってきて良いと思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、追うごとに良くなってきたという印象で、このレース当該週の内容が1番良かったと思っています。ただ、まだ良い時との比較では見劣りするイメージですので、現状でどれだけやれるのか注目です。

ラインベック

最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 強め B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、前回もそれなりに仕上がっていたと思っていますので、ここに向けて特段良くなってきたという印象はありません。絶好時との比較でも一枚落ちるイメージですし、個人的にはまだ良くなってくる馬だと思っていますので、現状でどれだけの走りが出来るのか注目です。




ラストドラフト

最終前:中5週 A
最終:美南W 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、絶好時との比較ではどうかも、近走より気配は上向きとみていますし、状態は上がってきていると感じます。ただ、その中でもまだ奥はあるとみていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、追い切りで動くタイプらしく良い追い切り内容を最後まで積めましたし、仕上がりは良好と判断しています。絶好時との比較ではどうかも、近走の中では1番良いくらいに映っていますし、復調気配を感じさせますので、穴で楽しみあっても良いのではないでしょうか。

レッドガラン

最終前:2ヶ月 A
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込み十分ですし、こなしている追い切り内容も悪くありません。ただ、まだまだ絶好時の出来には及びませんし、物足りなさを残しているというのが今の印象ですので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、動き自体はまずまずも、過去1番攻め控えられた最終追い切りだったと思っています。意図的であったとしても、この点は1つ気にしておきたいですし、まだ本調子とまではいかないかなと認識していますので、現状でどこまでやれるのか注目です。




各追い切りピック4

⑴最終追い切り前ピック4(※五十音順)

☑︎アイコンテーラー

☑︎スマイル

☑︎︎トーセングラン

☑︎ラストドラフト

⑵最終追い切りピック4(※五十音順)

☑︎アルサトワ

☑︎シュヴァリエローズ

☑︎︎スマイル

☑︎トーセングラン

⑶最終追い切り後ピック4(※五十音順)

☑︎シュヴァリエローズ

☑︎︎スマイル

☑︎ダノンマジェスティ

☑︎トーセングラン




調子指数




その他今週末行われる重賞レースの追い切りレポート

NHKマイルカップ追い切りレポート2022【全頭調教評価記載】

関連記事

NHKマイルカップ追い切りレポート2022【全頭調教評価記載】になります。最終追い切り後の出走予定馬全頭の追い切り考察文を調教評価とあわせてわかりやすく記載していますので、各自の予想にお役立ていただければ幸いでございます。&[…]

京都新聞杯追い切りレポート2022【全頭調教評価記載】

関連記事

京都新聞杯追い切りレポート2022【全頭調教評価記載】になります。最終追い切り後の出走予定馬全頭の追い切り考察文を調教評価とあわせてわかりやすく記載していますので、各自の予想にお役立ていただければ幸いでございます。 […]




今週末行われるレースの追い切り党の軸馬

NHKマイルカップ追い切り党の軸馬2022【最終結論記載】

関連記事

当記事では基本的に近走以上の出来にあると見た上昇馬を調子指数と縦横比較から独自の目線で選別しています。上昇(変身)=それすなわち近走以上のパフォーマンスを発揮する可能性や、これまで見せたことがなかった走りを期待出来る局面にあるという[…]

新潟大賞典追い切り党の軸馬2022【最終結論記載】

関連記事

当記事では基本的に近走以上の出来にあると見た上昇馬を調子指数と縦横比較から独自の目線で選別しています。上昇(変身)=それすなわち近走以上のパフォーマンスを発揮する可能性や、これまで見せたことがなかった走りを期待出来る局面にあるという[…]

中央競馬(非重賞)2022[5/8(日)]追い切り党の軸馬#224【最終結論記載】

関連記事

当記事では基本的に近走以上の出来にあると見た上昇馬を調子指数と縦横比較から独自の目線で選別しています。上昇(変身)=それすなわち近走以上のパフォーマンスを発揮する可能性や、これまで見せたことがなかった走りを期待出来る局面にあるという[…]

 

Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら、併せてフォローの方もお願いします。

フォローする




最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE