【青葉賞2022】最終追い切り前の追い切り考察

当記事では青葉賞2022出走予定馬の最終追い切り前の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切りを事前に情報を持った上で見ることが出来れば、また違った見え方が可能になると思いますので、是非最後までご覧していってください。

最終追い切り前の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみてください。

よろしくお願いします。

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願いします。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り前の追い切り考察

アスクヴィヴァユー
追い切りで動くタイプらしく良い追い切り内容を積めていると思っていますし、順調に仕上がりは進んでいるという印象です。ただ、まだ奥はありそうに映っていますし、絶好時との比較でも見劣りするイメージですので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。
エターナルビクトリ
併用で良く乗れていますし、良い時との比較でも遜色ないイメージです。ただ、まだ奥はありそうに映っていますし、2週続けてしっかりと追われたことにより、動きや反応なんかも変わってくると思っていますので、最後のひと追いまで注目したいです。
オウケンボルト
いつも通り坂路メインでしっかりと乗れていますし、中間の動きも悪くないと思っています。ただ、まだ本調子とまではいかないのかなと思っていますし、ここから更に上向いてくる馬だと思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。
グランシエロ
併用でしっかりと乗れていますし、順調に仕上がりは進んでいるイメージです。まだ本調子にはなさそうですが、2週続けて意欲的に追われたことで変わってくると思いますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。
クワイエットホーク
追い切りで動くタイプらしく良い追い切り内容をこなせていると思いますし、引き続き状態は良いと思っています。ただ、まだ奥はありそうに映っていますので、3週続けてしっかりと追われたことにより、最終追い切りで少しでも良くなった姿を披露してくれれば良いなと思っています。
サンライズエース
追い切りで動くタイプらしく良い追い切り内容をこなせていると思っていますし、1週前追い切りの動きも悪くありませんでした。ただ、まだ良化の余地は残してそうなイメージですし、2週続けて意欲的に追われたことで変わってくると思いますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。
ジャスティンスカイ
坂路で良く乗れていると思いますし、状態は良さそうに映っています。ただ、まだ良化の余地は残されていると思っていますし、3週続けてしっかりと追われたことにより、動きや反応なんかも変わってくると思っていますので、最後のひと追いまで注目したいです。
ジャスパージェット
併用で乗れてはいるものの、ここまで特に変わりなくという印象です。現状では強調材料に欠けますので、最終追い切りでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。
ダノンギャラクシー
ウッドチップコース主体で乗り込みは十分ですし、順調に仕上がりは進んでいるという印象です。ただ、まだ奥はありそうと言いますか、良化の余地も残っている段階にあるとみていますので、あともうひと追いによる上げ幅には注目したいです。
ディライトバローズ
坂路でこの馬なりに乗れていますし、ここまで特に変わりなくという印象です。良く捉えると状態維持、悪く捉えると強調材料に欠けているという感じですので、あともうひと追いでワンパンチ増してくれば良いなと思っています。
プラダリア
併用で乗り込み十分ですし、こなしている追い切り内容の質も高いものが並んでいるという印象です。勝った前回も好状態にあったと思っていますが、そこから更に上向きという可能性もあるのかなと思っていますので、最後のひと追いまで注目したいです。
マイネルクリソーラ
中1週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。
メイショウウネビ
ウッドチップコースで各週意欲的に追えていますし、現時点でも状態は良好と判断しています。状態だけで見ればデビューしてから1番良いようにも感じていますし、距離が延びるという点もプラスに働く可能性があるとみていますので、最終追い切り次第では楽しみになってくる存在かなとみています。
ラヤス
ウッドチップコースで乗れてはいるものの、ここまで特に変わりなくという印象です。現状では強調材料に欠けますので、最終追い切りでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。
レヴァンジル
併用で乗り込み十分ですし、追うごとに良くなってきているという印象です。1週前追い切りは抜群の手応えのまま同入と、このひと追いで態勢は整ったとみていますし、それにより最終追い切りは微調整程度の追い切りになると予想していますが、最後のひと追いまで注目したいです。
ロードレゼル
併用で乗り込み十分ですし、質の高い追い切り内容も目立っています。まだ良くなりそうな雰囲気もありますが、THE血統馬という感じで、追い切りのレベルも高いなと思っていますし、あともうひと追いで更にギアが変わってくるようなら楽しみです。
ロンギングエーオ
ウッドチップコースで長めを意欲的に追えているという点は良いと思います。ただ、まだ奥はあるような気がしていますし、良い時との比較でも見劣りするのが現状だと思っていますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。




その他重賞レースの最終追い切り前の追い切り考察

関連記事

当記事では天皇賞(春)2022出走予定馬の最終追い切り前の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。最終追い切りを事前に情報を持った上で見ることが出来れば、また違った見え方が可能になると思いますので、是非最後までご覧していってく[…]




最終追い切り前の全頭追い切り評価

最終追い切り前の全頭追い切り評価はこちらから

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら、併せてフォローの方もお願いします。

フォローする




最新情報をチェックしよう!