【金鯱賞2022】最終追い切り後の追い切り考察

当記事では金鯱賞2022出走予定馬の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切り含む中間全体の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り後の追い切り考察

アカイイト
最終前:2ヶ月半 A+
最終:栗坂 良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路でこの馬なりに良く動けていますし、良い時との比較でも大差ないように感じています。ただ、この馬は条件によって走る走らないがあるため、そこをしっかり見極めていけるように最後のひと追いまで見ていきたいです。その最終追い切りですが、久々にはなるものの、動きは良く好状態にあるとみていますし、いきなり力は出せそうなイメージです。ただ、好走するには色々と条件が整わないとという面もあると思いますので、展開次第の存在かなとみています。
アラタ
最終前:4ヶ月 A
最終:美南W 良 併せ同入 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、大きく変わってきたという様子は感じられないものの、引き続き好状態にあるとみていますし、良い意味で前走時と変わりなくというイメージです。まだ良化の余地は残されているとは思いますが、現状でも持てる力は出せるとみていますので、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、久々でもしっかりと動けていますし、状態は良好と判断しています。ただ、休養前と大して変わらないと言いますか、まだ良化の余地は残されてそうなイメージですので、その中でどういった競馬が出来るのか注目です。
ギベオン
最終前:中4週 B
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路メインでそれなりに乗れていますし、出来は悪くないように映ります。まだ仕上がり途上の段階にありそうですが、現状でもまずまず仕上がっているとは思いますので、最終追い切りでもう1段階良化してくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、追い切りで動くタイプらしく良い内容を消化してきましたし、状態は悪くないとみています。ただ、昨年買えた方がお上手だと思いますし、今年も昨年のような形になるかは未知ですので、買うならおさえまでのイメージです。
グラティアス ※回避
最終前:中5週 A
最終:美南W 良 併せ同入 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、ここに向けて併用でしっかりと乗れていますし、引き続き出来は保てているというイメージです。ただ、まだ奥はある馬だと思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、変わってきた様子はないものの、引き続き出来は保てているとみています。ただ、個人的にはまだ良くなってきても良い段階にあるとみていますので、現状でどれだけやれるのか注目です。
サンレイポケット
最終前:中3週 A
最終:栗坂 良 併せ先着 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込み十分ですし、動きも良く、良い意味でここ数戦と変わりなくという印象です。ただ、絶好時との比較では一枚落ちるかなとも思いますので、最終追い切りでもう1段階ギアが変わってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路で良く動いてきましたし、前回以上の仕上がりにあるとみています。昨秋からの安定感も素晴らしいですし、ここでも能力は上位でしょうから、当然楽しみがあって良い有力馬だと思います。
シフルマン
最終前:中4週 B
最終:栗CW 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で良く乗れていますし、引き続き出来は保てているというイメージです。ただ、良化の余地は残されているでしょうし、良い時との比較でもやや見劣りするイメージですので、あともうひと追いでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、変わってきた様子はなく、引き続き状態維持に努めているという印象です。個人的にはまだ奥のある馬だと思っていますので、現状でどれだけやれるのか注目です。
ジャックドール
最終前:中5週 A
最終:栗CW 良 併せ先着 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路メインとはいえしっかりと乗れていますし、引き続き良い状態は保てていると思います。ただ、良い時との比較では見劣りすると言いますか、連勝の勢いと共に更に良化とまではいかないのかなと個人的には思っていますので、その点含めて最終追い切りまでしっかりチェックしていきたいなと思っています。その最終追い切りですが、変わってきた様子はなく、引き続き状態維持に努めている印象です。これは個人的見解ですが、前走時が10なら今回が8前後というイメージを持っていますので、その中でどういった競馬が出来るのか注目です。
シャドウディーヴァ
最終前:2ヶ月半 B
最終:美坂 良 併せ同入 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路主体で良く乗れてはいるものの、内容自体はそこまで目立ってきません。良い時との比較でもやや見劣りするイメージですし、まだ仕上がり途上という気もしていますので、最終追い切りでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、まだ休み明け感は抜けきっていないかなというイメージで、使ってからの方が良さそうな気はしています。良い時との比較でも明らかに見劣りしますので、現状でどの程度走れるのか注目です。
ショウナンバルディ
最終前:2ヶ月 A
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路でいつも通りしっかりと乗れていますし、体調はそう大きく変わりないというイメージです。絶好時との比較ではどうかも、現状でもある程度力は出せる仕上がりにあるとみていますので、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、この馬なりにまずまず動けましたし、出来は悪くないとみています。ただ、絶好時との比較では一枚落ちるイメージですし、まだ良化の余地を残している段階にあるとみていますので、現状でどういった競馬が出来るのか注目です。
ステラリア
最終前:4ヶ月 A
最終:栗CW 良 併せ遅れ 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、絶好時との比較ではどうかも、この馬なりにまずまず動けていると思いますし、現状でも悪くない出来にはあるとみています。ただ、まだ奥はある馬だと思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、まだ絶好時との比較では見劣りするものの、動きは悪くないですし、休み明けでもそれなりの出来にはあるとみています。ただ、個人的には使ってから買いたいなと思っていますので、今回はおさえ程度でも良いのかなという印象です。
ソフトフルート
最終前:2ヶ月 A
最終:栗CW 良 併せ先着 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、こなしている内容自体は悪くないものの、まだ奥はあるように感じています。良い時との比較でもやや見劣りしますし、現状だとやや物足りないかなとも思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、そう大きく変わってきたという印象はないものの、今回も引き続き好状態にあるとみています。絶好時との比較ではどうかも、持てる力は出せるとみていますので、現状でどれだけ走れるのか注目です。
ポタジェ
最終前:中6週 A
最終:栗CW 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込み十分ですし、追うごとに良化はしていると思います。ただ、絶好時との比較ではやや見劣る気もしていますし、まだ上を見込める馬だと思っていますので、あともうひと追いでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、グンと良くなってきた印象はなく、引き続き状態維持に努めているというイメージです。また、個人的にはまだ良化の余地を残している段階にあるとみていますので、その中でどういった走りが出来るのか注目です。
ランブリングアレー
最終前:中2週 A+ ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗CW 良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週でも意欲的に追えている点には好感が持てますし、前走久々を使われた効果も大きいとみています。現時点でも上積みはあるように映っていますし、条件次第では引き続き走れる態勢にあるとみていますので、最後のひと追いまで注目したい存在です。その最終追い切りですが、グンと良くなってきた感じはしないものの、引き続き好状態にあるとみています。今回が引退レースということで、まずは無事に走って欲しいですし、前走はGlllで2着に来てますので、見せ場があっても不思議ない1頭とみています。
レイパパレ
最終前:3ヶ月 A
最終:栗坂 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、そう大きな変化は感じられないものの、この馬としては動けていると思いますし、それなりの出来で挑めるのではないでしょうか。ただ、絶好時との比較では一枚落ちるイメージですので、最終追い切りでの上げ幅には注目したいです。その最終追い切りですが、動きは良いですし、休み明けでもあらかた態勢は整っているように感じます。ただ、絶好時との比較では一枚落ちる印象ですし、目標はもうひとつ先でしょうから、この出来でどういったレースが出来るのか注目です。
ワールドウインズ ※回避
最終前:中1週 F
最終:栗CW 良 併せ同入 強め B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中1週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、中1週と間隔は詰まりますし、大きく変わってきた様子はありません。個人的にはまだ良くなる余地を残している段階にあるとみていますし、良い時との比較でも見劣りするイメージですので、その中でどれだけ走れるのか注目です。




各追い切りピック4

⑴最終追い切り前ピック4(※五十音順)

☑︎アカイイト

☑︎サンレイポケット

☑︎ランブリングアレー

☑︎レイパパレ

⑵最終追い切りピック4(※五十音順)

☑︎アカイイト

☑︎サンレイポケット

☑︎ジャックドール

☑︎シャドウディーヴァ

⑶最終追い切り後ピック4(※五十音順)

☑︎アカイイト

☑︎サンレイポケット

☑︎ランブリングアレー

☑︎レイパパレ




調子指数




また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE