【神戸新聞杯 2021】最終追い切り後の追い切り考察

どうも、優太です。

当記事では神戸新聞杯2021出走予定馬の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切り含む中間全体の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り後の追い切り考察

イクスプロージョン
最終前:中4週 A+
最終:栗坂 良 併せ遅れ 強め A+ ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく良い内容を消化出来ていますし、休み明けの前走を使って気配は上向きかなと思っています。穴っぽいところではこの馬が1番かなとも思っていますので、最終追い切り次第では楽しみのある1頭になりそうです。その最終追い切りですが、自己ベストを塗り替えてきましたし、この馬なりに具合は良さそうに感じています。併せた相手に遅れはしたものの、この馬自身の動きもは良かったですし、タフな流れになれば穴をあけても不思議ない存在かなと思います。
ヴェローチェオロ ※回避
最終前:4ヶ月 A
最終:栗坂 良 併せ同入 一杯 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、特に目立ちませんが、この馬なりに坂路で良い内容をこなせていると思います。とはいえ、まだまだ良くなってきて良い馬だと思いますから、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、この馬なりに坂路でまずまずの内容をこなしてきたものの、まだ奥がありそうな印象を受けます。絶好時との比較でも一枚落ちというイメージがありますので、現状でどれだけ走れるのか注目したいです。
キングストンボーイ
最終前:5ヶ月 A+
最終:美南W 良 併せ同入 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、夏を越してグンと良くなってきたという印象はありませんが、この馬なりに追い切りはこなせていますし、順調に仕上がりは進んでいるというイメージです。ただ、個人的にはまだ良くなってきて良い馬かなとも思いますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、この馬なりに動きは良いですし、態勢は整っているように感じます。この厩舎にしてはしっかり追ってきている部類に入ると思いますし、力は出せるとみていますので、現状でどれだけ走れるのか注目したいです。
シゲルソウサイ
最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、前走からの良化は感じ取れますが、攻めはこれくらい動ける馬ですので、過剰に評価はしません。まだ気象的な幼さも残ってそうですし、その中でどれだけ走れるのか注目したいです。
シャフリヤール
最終前:4ヶ月 A+ ◆中間自己ベスト(栗CW5F)
最終:栗坂 良 併せ同入 馬也 A+ ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で良い内容をこなせていますし、前哨戦前の仕上げとすれば十分なところまで来ているのではないかと思っています。良い時との比較でも大差はないですし、あともうひと追いで更に仕上がりは進んでくると思いますので、最終追い切りまで目が離せない1頭です。その最終追い切りですが、動きはこの馬なりに良く、オマケに自己ベストも塗り替えてきたように、このひと追いであらかた態勢は整ったとみます。前走時との比較でも見劣りしませんし、休み明けでも十分な出来と言えると思いますので、秋始動戦でどういった走りを見せてくれるのか非常に楽しみな1頭です。
ステラヴェローチェ
最終前:4ヶ月 A
最終:栗坂 良 単走 強め A+ ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用でしっかり乗り込まれ、こなしている本数も豊富です。ただ、動きにはまだ良化の余地が残っているように感じますし、絶好時との比較でも見劣りしますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、先週よりも動きは素軽く映りましたし、坂路で最後までビッシリと追われました。過去の攻め過程からもやればこれくらいは動ける馬だと思っていましたが、最後まで抜かりなく攻め切ってきたという点は素直に評価したいです。先週の時点ではどうかなと思っていましたが、今週のひと追いで変わってきそうですし、当日の気配なんかにも目を向けたいです。
セファーラジエル
最終前:4ヶ月 A ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗CW 良 単走 強め B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、大きく変わってきたという様子はないものの、出来は久々でも悪くないとみています。ただ、個人的にはまだ良くなってきても良い印象がありますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしくまずまず良い内容を消化してきましたし、久々でも出来は悪くないとみています。ただ、絶好時との比較ではやや見劣りするという印象ですので、その中でどういった競馬が出来るのか注目したいです。
テイエムタツマキ
テイエムタツマキ
最終前:中2週 F ◆中間自己ベスト(栗芝5F)
最終:栗CW 良 併せ先着 強め B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、終い重点の内容を消化してきており、動きは可もなく不可でもないというイメージです。前走以上とは思いつつも、個人的にはまだ良くなってきて良い馬だと思いますし、中2週と間隔も詰まっており大幅な良化は見込めませんので、その中でどういった走りが出来るのか注目したいです。
モンテディオ
最終前:中3週 A
最終:栗CW 良 単走 強め A ◆自己ベストタイ
最終追い切り前の内容から見ていきますと、まだ良化の余地は残されていると思うものの、引き続き出来は保てているという印象です。あともうひと追いありますので、最終追い切りでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、自己ベストタイの好時計をマークしてきましたし、具合は良好と判断します。ただ、まだ良くなる余地は残されていると感じますし、現状だと切れ不足という印象も受けていますので、見せ場を作るには展開の助けなどは必須になってくるのかなと思っています。
レッドジェネシス
最終前:4ヶ月 A+
最終:栗芝 良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用でしっかり作り込まれていますし、久々でも順調に仕上がりは進んでいるという印象です。良い時との比較でも遜色ないですし、2週続けてしっかり追われた効果も出てくると思いますので、最終追い切りにも注目したいです。その最終追い切りですが、ここ3戦と同様に最終追い切りは本馬場で。さすが重賞ウィナーという動きに映りますし、出来は久々でも上々と言えそうです。休み明けとはいえ出来は良い時との比較でも遜色なく映っていますし、今回は重賞勝ちのある舞台ですので、立ち回り次第ではダービー上位組との差が詰まっても何ら不思議ない存在かなと感じています。
ワンダフルタウン
最終前:4ヶ月 A+
最終:栗坂 良 単走 強め A+ ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込み十分ですし、休み明けとしては問題ない出来にあるとみています。1週前追い切りの動きも良かったですし、このひと追いで更に良くなりそうなイメージもありますから、最後のひと追いまで目が離せない1頭かなと思っています。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い内容を最後まで消化してきましたし、休み明けとすれば上々の出来に仕上がったという印象です。最後まで攻め抜いてきたという点も評価したいですし、動きも迫力満点に映りましたから、見直せる局面にある1頭かなとみています。追い切り党の軸馬候補の1頭です。




各追い切りピック4

⑴最終追い切り前ピック4

☑︎キングストンボーイ

☑︎シャフリヤール

☑︎レッドジェネシス

☑︎ワンダフルタウン

⑵最終追い切りピック4

☑︎キングストンボーイ

☑︎シャフリヤール

☑︎ステラヴェローチェ

☑︎ワンダフルタウン

⑶最終追い切り後ピック4

☑︎キングストンボーイ

☑︎シャフリヤール

☑︎レッドジェネシス

☑︎ワンダフルタウン




調子指数




また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE