【目黒記念 2021】本命馬

私自身の本命馬について記載しています。

良ければ参考にしてみて下さい。

 

 

※追い切りに特化した新聞のようなものをご自身のお手元の端末で

私自身、毎週全レース全馬の追い切り内容をチェックしていますので、その過程を元に1本の記事を作成しています。個人的に買いだと思った馬には☆、★印を打たせていただき、そうでない馬には空白と、シンプルな構成ですが、人気の記事となっています。その日の中央競馬終了後というルールは設けているものの、返金申請も受け付けていますので、もし良ければこの際にご利用してみて下さい。

▶︎〈追い切り専門紙はこちらから〉

 

本命馬について

◎2.トラストケンシン 調子指数100
最終前:A+
最終後:A+
最終前ピック:-
最終ピック:☑︎
最終後ピック:☑︎

当初は中7週にしては攻め控えられているなという印象だったのですが、1本強い内容を坂路で消化していましたので、最終追い切り次第ではアリかなというイメージでした。そして最終追い切りは私の想定を上回る動きで、これだけ動けていれば本命までという経緯です。その最終追い切りは手綱を持ったまま(馬也)だったのですが、馬自ら走る意欲を全面に出して走っているように映りましたし、脚捌きも非常にシャープで、活気溢れる良い動きでした。前走時の攻め内容と比較しても今回の方が良いですし、1度休み明けを使われた効果も大きいと思っています。休み明けだった前走も得意とはしていない中山コースで上がり最速をマークしていますし、目黒記念と共通しにくいとはいえ、2年前のアルゼンチン共和国杯(同舞台)でも2番目に速い上がりを掲示していますので、今回も終いが生きる形になれば、この舞台でもと思っております。枠も良い枠に入りましたし、久々に良い仕上がりで出て来れるという認識ですので、条件合致の今回は色々噛み合って欲しいところです。

 

※追い切りに特化した新聞のようなものをご自身のお手元の端末で

 

無断転載、盗作厳禁

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE