【東京新聞杯2022】最終追い切り前の追い切り考察

当記事では東京新聞杯2022出走予定馬の最終追い切り前の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切りを事前に情報を持った上で見ることが出来れば、また違った見え方が可能になると思いますので、是非最後までご覧していって下さい。

最終追い切り前の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り前の追い切り考察

アオイクレアトール
攻め動くタイプという認識ですので、その点を踏まえるとまだ良くなる余地を残している段階にあるというイメージです。1週前追い切りではしっかりと追われているようですから、その効果が少しでも見られれば良いなと思いますし、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。
イルーシヴパンサー
2週前追い切りの段階からかなり気になっていましたし、週を追うごとにグングン良化してきているという印象です。現状でも十分良い仕上がりにあると思っていますが、1週前追い切りの動きも目を惹きましたし、このひと追いで更に良くなってくるのではないかとも思いました。追い切り過程全体を眺めても意欲的に攻め込まれており、ここに向けてキッチリ作ってきていると感じますので、あともうひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。
ヴァンランディ ※除外対象
ヴェロックス
坂路で動くタイプらしくまずまず良い内容を積めていますし、引き続き出来は保てているという印象です。ただ、絶好時との比較では見劣りするイメージですし、まだ良化の余地は残している段階にあるとみていますから、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。
エイシンチラー
中3週と間隔は詰まっていますので、いくらかソフトな調整と言いますか、状態維持に努めているというイメージです。元々攻めはかなり動きますし、これくらいは動けて当然の馬かなと思っていますから、あともうひと追いの内容次第で評価の上げ下げを行いたいです。
カテドラル
いつも通り坂路でしっかりと乗り込めていますし、状態は良いように感じます。絶好時との比較ではどうかも、順調に仕上がりは進んでいると思いますので、最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。
カラテ
いつも通り坂路主体で意欲的に乗れていますし、中3週にしてはボリュームのある内容をこなせていると思っています。前走もある程度仕上がっていたと思いので、そう大きな変化はありませんが、引き続き出来は高いレベルにあると思っていますので、あともうひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。
カレンシュトラウス ※抽選対象1/2
珍しくウッドチップコース主体の調整で、意欲的に追われている点には好感が持てます。サンプル数が少ないため、まだ何とも言えないというのが正直なところですが、現状では好仕上がりにあると思っていますので、最終追い切りまでしっかり見ていきたい存在です。
ケイデンスコール
坂路で動くタイプらしく好登坂が目立ちますし、良い状態にあるとみています。昨年も同時期に穴をあけていますし、立て直されていれば舞台含め怖い存在になり得る馬だと思いますから、最後のひと追いまで注目したい1頭です。
シュリ
攻め動くタイプらしく良い内容を消化出来ていますし、久々を1度使われた効果は大きいと感じます。ここ最近の中では1番良いくらいにも映っていますし、復調の気配を感じていますので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。
ダーリントンホール ※除外対象
タイムトゥヘヴン ※除外対象
ディアンドル
坂路では動けるタイプだと思っていますから、その点を考慮するといくらか物足りないかなと思っています。個人的にはまだ良くなってくる馬だと思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。
トーラスジェミニ
追い切りは動くタイプだと思っていますので、その点を考慮するといくらか物足りないかなと思っています。まだまだ良くなる馬だと思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。
ドナアトラエンテ ※抽選対象1/2
攻め動くタイプらしく良い内容を積めていますし、前回よりも具合は良いと思っています。ただ、絶好時との比較ではまだ見劣りするイメージですし、良化の余地は残されていると思っていますので、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。
トライン ※除外対象
ハーメティキスト ※除外対象
ファインルージュ
攻め動くタイプらしく併用で良い内容をこなせていますし、秋華賞以来でも順調に仕上がりは進んでいるとみています。1週前追い切りのひと追いでスイッチが入りそうですし、更に良くなってきそうなイメージもありますから、最後のひと追いまで注目したい存在です。
プリンスリターン
長めを意欲的に追われていますし、時計的にも評価出来るものが並んでいると思います。ただ、個人的にはまだ良くなる余地を残している段階にあるかなとみていますし、1週前追い切りで意欲的に追われたその効果が、最終追い切りで少しでも見られれば良いなと思っています。
ホウオウアマゾン
併用でしっかりと乗れていますし、引き続き良い状態はキープ出来ていると思っています。絶好時との比較ではどうかも、力は出せる仕上がりにあるとみていますし、1週前追い切りで意欲的に追われた効果が、最終追い切りで少しでも見られれば良いなと思っています。
マルターズディオサ
攻め動くタイプらしく良い内容を積めていますし、引き続き出来は保てていると思います。3週続けて意欲的に追えていますし、これにより更に良くなってきても良いと思っていますから、最後のひと追いまで注目したい存在です。
ワールドバローズ
中1週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。




⑴最終追い切り前ピック4

⑴最終追い切り前ピック4 

☑︎︎︎イルーシヴパンサー

☑︎ケイデンスコール

☑︎シュリ

☑︎ファインルージュ




最終追い切り前の追い切り評価




また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




最新情報をチェックしよう!