【東京優駿(日本ダービー) 2021】本命馬

私自身の本命馬について記載しています。

良ければ参考にしてみて下さい。

 

 

※追い切りに特化した新聞のようなものをご自身のお手元の端末で

私自身、毎週全レース全馬の追い切り内容をチェックしていますので、その過程を元に1本の記事を作成しています。個人的に買いだと思った馬には☆、★印を打たせていただき、そうでない馬には空白と、シンプルな構成ですが、人気の記事となっています。その日の中央競馬終了後というルールは設けているものの、返金申請も受け付けていますので、もし良ければこの際にご利用してみて下さい。

本命馬について

◎16.サトノレイナス 調子指数100
最終前:A+
最終後:A+
最終前ピック:☑︎
最終ピック:☑︎
最終後ピック:☑︎

桜花賞は阪神JFからの直行だったので、濃い内容を沢山乗り込んで馬を作ってくるというのは通例だと思うのですが、今回は前走以上の負荷量と言いますか、例えオークスに出走予定だったとしても、そもそも桜花賞は次走を見据えての仕上げだったのではないかと思ってしまうくらいです。レベルの高い併せ馬も中間に数本消化し、1週前追い切りでは楽に自己ベスト更新と、攻め動くタイプとはいえ素晴らしい内容が並びましたし、ここに向けてメイチの作りにあると感じています。最終追い切りは軽くなりましたが、これは前走も同様ですし、軽くしても問題ないくらいそれ以前に馬は作られていますから、1週前追い切りが実質的な最終追い切りだったという認識でも良いかもしれません。2週続けてC.ルメール騎手を乗せているあたりにも好感が持てますし、楽しみを持って挑める状態にあると感じます。牡馬とは初対戦ですが、個人的には桜花賞でのパフォーマンスが圧巻だったと思っているので、この点から牡馬と混じっても走れるのではないかと感じています。その桜花賞は圧倒的に内前有利だったと思っていますし、実際にサトノレイナスを除く上位3頭は4角6番手以内で回ってきた馬達で、かつソダシやファインルージュは道中インベタ、アカイトリノムスメもファインルージュやソダシのすぐ外を回っていましたから、出遅れ+外枠+前有利な流れを無視して2着に突っ込んできたサトノレイナスは負けて強しだったという印象です。サトノレイナスほどではありませんでしたが、不利を受けながらも後ろから良い伸びを見せたアールドヴィーヴルは続くオークスで一瞬馬券内もありそうな良い伸びを見せていましたし、4着だったアカイトリノムスメも2着と好走していますから、桜花賞自体のレベルも高かったとみています。阪神JFも桜花賞も僅かに差し届かずの2着でしたが、タイミングや運があればどちらも勝利していて不思議ない内容でしたし、阪神JFで伸び勝った相手はオークスを勝ちましたから、この馬も高いレベルでやれて良い器であるということは間違いなさそうです。枠は決して良いとは言えない大外枠に入ってしまいましたが、バスラットレオンやタイトルホルダーといった前を主張しそうな馬達が外目に集まりましたので、上手くゲートを出れば中団くらいに位置付けられそうな気はしています。土曜日の馬場を見るに高速馬場という感じで、同様に高速馬場であった2回阪神開催を経験しているのは1つアドバンテージになってくるのかなとは思っています。それでいて差しはしっかり効きそうですし、速い時計も出ますから、サトノレイナスにとっては好条件だと思いますし、名トレーナーである国枝調教師が未だ手にしていない栄冠を牝馬で手にする可能性もあるかなと思い本命を打ちます。

 

※追い切りに特化した新聞のようなものをご自身のお手元の端末で

 

無断転載、盗作厳禁

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE