【日経新春杯 2022】最終追い切り後の追い切り考察

当記事では日経新春杯2022出走予定馬の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切り含む中間全体の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り後の追い切り考察

アフリカンゴールド
最終前:中4週 A
最終:栗CW 稍重 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、良い時との比較では若干物足りなさを感じるものの、前回からの良い状態は保てていると感じます。まだ良くなってきても良い段階にあると思いますから、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、この馬なりに動けていると思いますし、引き続き前走時の出来は保てているという印象です。ただ、まだ本調子にはないように感じていますし、前走は展開の利もあったと思いますので、再度同じような流れになるのであればという1頭でしょうか。
エフェクトオン
最終前:2ヶ月 B
最終:美南W 良 併せ同入 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、ウッドチップコース主体でしっかりと乗り込まれていますし、ここに向けて出来は悪くないように感じます。ただ、良い時との比較では一枚落ちる印象ですので、あともうひと追いでどれだけ良くなってくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく動きは良いものの、変わってきたという様子はありません。個人的にはまだ良化の余地を残している段階にあると思っていますので、その中でどれだけの走りが出来るのか注目です。
クラヴェル
最終前:2ヶ月 B
最終:栗CW 良 併せ同入 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路でこの馬なりに乗れてはいるものの、良い時との比較ではいくらか見劣りするイメージです。個人的にはまだ良くなってきて良い段階にあると思っていますし、現在重賞で4連続馬券圏内を記録していますが、途切れる可能性があるとしたら今回かなとも現状思っていますので、最終追い切りでその点は判断していきたいなと思っています。その最終追い切りですが、大きく変わってきたという印象はないものの、引き続き良い状態にあると感じます。最終追い切りのひと追いで態勢も整ったと思いますし、力を出せる仕上がりにあると思いますから、今回も馬券内を狙える存在なのではないでしょうか。
ショウナンバルディ
最終前:中4週 A
最終:栗坂 良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路でいつも通りの内容をこなせていると思いますし、引き続き出来は良好と判断しています。ただ、まだ上向いてきそうなイメージもありますし、絶好時との比較では見劣りする印象ですので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、坂路でこの馬なりに良く動いてきましたし、引き続き状態は高いレベルにあると感じます。1Fの延長は鍵も、中京コースとは相性が良いですから、ここも絡まれずにゆったり行ければ見せ場を作れるのではないでしょうか。
ステラヴェローチェ
最終前:中2週 F
最終:栗CW 良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、中2週でも変わらずこれていると思いますし、有馬記念時と同じくらいの出来にはあると感じます。このメンバーなら能力上位でしょうし、重賞勝ちのある舞台でもありますから、楽しみを持って挑める存在だと思っています。
ダノンマジェスティ
最終前:2ヶ月 A
最終:栗坂 良 併せ遅れ 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路では地味なタイプですので、これくらいやれていれば十分かなと思います。ここに向けて大きく変わってきた様子はないものの、引き続き出来はキープ出来ていると思いますので、あとはもうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路ではあまり動かないタイプですし、しっかりと追えている点をまずは評価したいです。力は出せると思いますが、まだ奥はあるかなと思っていますので、現状でどれだけやれるのか注目です。
トップウイナー
最終前:2ヶ月 C
最終:栗CW 稍重 併せ遅れ 一杯 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻めは動くタイプという認識ですので、その点を踏まえると物足りません。まだ良くなる余地を残している段階にあるとみていますから、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、この馬なりに動けていると思いますし、1週前追い切りでしっかりと追われたことにより変わってきたかなとは思います。ただ、まだ良くなる余地は残している段階にあるかなと思っていますので、現状でどれだけ走れるのか注目です。
トラストケンシン
最終前:中4週 A
最終:美坂 稍重 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく良い内容を積めていますし、ここに向けて順調に仕上がりは進んでいる印象です。1週前追い切りでは坂路で良い内容をこなせていますし、このひと追いで更に良くなってきそうな雰囲気もありますので、最後のひと追いまで注目したいです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく最後まで良い内容をこなしてきましたし、前回よりも気配は上向いていると感じます。絶好時との比較ではどうかも、楽しみはあって良い状況下にあると思いますし、穴で注目したい1頭です。
フライライクバード
最終前:2ヶ月半 A
最終:栗CW 良 併せ先着 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用でしっかり乗り込まれていますし、ここに向けて仕上がりは良好と判断しています。ただ、まだ良くなってきても良い段階にあるのかなと思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い内容をこなしてきましたし、前回と同じくらいの出来にあるとみています。絶好時との比較ではどうかも、力は十分に出せる状態にあるとみていますから、相性の良いこの舞台でどれだけ走れるのか注目です。
プレシャスブルー
最終前:中4週 A
最終:美南W 良 併せ先着 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、順調に本数は積めているものの、こなしている追い切り内容は良くもなく悪くもないという印象です。個人的にはまだギアの上がる余地を残している段階にあると思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、この馬なりに動けていると思いますし、出来は保てていると思います。ただ、絶好時との比較では一枚落ちるかなとも思いますし、展開面の後押しも必要でしょうから、ガチっとハマればという存在でしょうか。
マイネルウィルトス
最終前:中5週 A+
最終:栗坂 稍重 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、1週前追い切りでこなした内容は、時計面、動きともに文句ないと思いますし、最終追い切り前時点では十分と言える状態にあるとみています。1週前追い切りのひと追いで更に上向きそうなイメージもありますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、先週の時点であらかた仕上がっていたとは思うものの、最終追い切りも坂路で良い動きでしたし、これで態勢は整ったのではないかとみています。前走時よりもレース質は合いそうなイメージですし、噛み合えばやれるだけの存在かなと思っていますので、状態の良さを生かして見せ場のある競馬を期待したいです。
マイネルフラップ
最終前:中5週 B
最終:栗坂 良 単走 強め B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、除外続きも併用でしっかりと乗り込まれており、仕上がりに関しては問題ないかなと思っています。ただ、良い時との比較ではいくらか見劣りするイメージですので、あともうひと追いでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、変わってきた様子はありません。まだ奥はあると思いますし、現状でどれだけやれるのか注目です。
モズナガレボシ
最終前:中5週 A
最終:栗坂 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、トラックと坂路併用でしっかりと乗れてはいるものの、追い切り内容はそこまで目立ちません。個人的にはまだ良化の余地が残されている段階にあると思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、この馬なりに良く動けている方かなとは思いますし、状態は悪くないように映ります。ただ、本調子かと言われると疑問ですし、良い時との比較ではいくらか見劣りしますので、その中でどれだけの走りが出来るのか注目です。
ヤシャマル
最終前:中4週 B
最終:美坂 良 併せ先着 一杯 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で本数は乗れているものの、内容は目立ってきません。まだまだ良くなる馬だと思いますし、物足りなさが残る現状かなとも思いますので、最終追い切りでどれだけ変わってくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、このひと追いで上向いてきた印象ですし、前回と同じくらいか、それ以上の出来にはあるかなと思っています。その前走は状態面に不安を残しながらも負けて強い競馬だったと思いますし、今回も引き続き人気しないようであれば抑えるべき1頭かなとみています。
ヨーホーレイク
最終前:7ヶ月 A
最終:栗CW 良 併せ同入 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用でしっかりと乗り込まれていますし、こなしている追い切り内容も良いです。絶好時との比較ではどうかも、現状でも良い仕上がりにあると思っていますので、最終追い切りによる良化度合いにも注目したいです。その最終追い切りですが、長期休養明けですし、かなり良いとまではいきませんが、それなりの出来には仕上がったという印象です。力は出せる状態だとは思いますが、使えば更に良くなる状態だと思っていますので、良くなった先々で狙いたい存在かなとみています。
ロードマイウェイ
最終前:中6週 A
最終:栗CW 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用でしっかりと乗れていますし、1週前追い切りでは良い内容もこなしてきました。まだ本調子にはないかなという印象ですが、1週前追い切りのひと追いで更に上向いてくるイメージもありますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、先週にしっかりとやった分、最後は折り合いに比重を置いた内容にはなりましたが、前回よりは良い出来にあると思っています。ただ、絶好時との比較ではどうかなとも思いますし、まだ奥はあるかなという印象ですので、その中でどういった競馬が出来るのか注目です。




各追い切りピック4

⑴最終追い切り前ピック4(※五十音順)

☑︎マイネルウィルトス

☑︎モズナガレボシ

☑︎ヨーホーレイク

☑︎ロードマイウェイ

⑵最終追い切りピック4(※五十音順)

☑︎クラヴェル

☑︎ショウナンバルディ

☑︎ステラヴェローチェ

☑︎トラストケンシン

⑶最終追い切り後ピック4(※五十音順)

☑︎ショウナンバルディ

☑︎ステラヴェローチェ

☑︎トラストケンシン

☑︎マイネルウィルトス




調子指数




また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE