【愛知杯 2022】最終追い切り後の追い切り考察

当記事では愛知杯2022出走予定馬の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切り含む中間全体の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り後の追い切り考察

アイコンテーラー
最終前:2ヶ月半 A
最終:栗坂 稍重 併せ先着 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗れていますし、こなしている攻め内容も悪くはないです。ただ、絶好時との比較だといくらか物足りなさがありますので、あともうひと追いでどれだけ良くなってくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、坂路でこの馬なりに動けていますし、状態は悪くないように映ります。ただ、変わってきて様子はないですし、まだ良くなりそうなイメージもありますので、現状でどれだけやれるのか注目です。
アナザーリリック
最終前:3ヶ月 B
最終:美南W 稍重 併せ先着 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻めは動くタイプという認識ですので、これくらいの内容はこなしてくるかなという印象です。個人的にはまだ良くなる余地を残している段階にあると思っていますし、良い時との比較でもいくらか見劣りしますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い内容をこなしてきましたし、1週前追い切りでしっかりやった効果も大きかったのではないでしょうか。このひと追いで態勢は整ったと思いますし、良い時との比較でも遜色ありませんから、穴で注目の存在です。
アンドヴァラナウト
最終前:3ヶ月 A+ ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗坂 稍重 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で素晴らしい内容を消化出来ていますし、久々でも動ける態勢にあると感じます。1週前追い切りのひと追いで更に上向いてきそうなイメージもありますから、最後のひと追いまで目が離せません。その最終追い切りですが、1週前追い切りでしっかりと追っている分、レース当該週は軽めの登坂にはなりましたが、坂路でこの馬らしい良い動きでした。休み明けでも態勢は整っているとみていますし、本当に良くなるのは古馬になってからとのことでしたので、明け4歳初戦でどういったレースを披露してくるのか注目です。
ウインアグライア
最終前:中3週 B
最終:美南W 稍重 併せ先着 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中3週でも意欲的に追えているという点は評価したいものの、追い切り内容は特に目立ちません。個人的にはまだ奥のある馬だと思っていますし、良くなる余地も残している段階にあると思っていますので、最後のひと追いでどれだけ変わってくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、この馬なりに動けていますし、時計もそれなりのものが出ましたが、変わってきたという様子はありません。引き続き状態維持というイメージですので、その中でどれだけやれるのか注目です。
カセドラルベル
最終前:2ヶ月半 A
最終:栗坂 稍重 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で意欲的に追えている点は良いですし、こなしている追い切り内容も悪くはありません。ただ、個人的にはまだ良化の余地を残している段階にあると思っていますので、あともうひと追いでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく良い動きだったと思いますし、出来は保てているという印象です。ただ、絶好時との比較では見劣りするのが現状かなと思いますので、その中でどれだけの走りが出来るのか注目です。
クールキャット
最終前:3ヶ月 A
最終:美南W 稍重 併せ同入 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく良い内容をこなせていますし、久々でも仕上がりは良好と判断しています。ただ、良い時との比較ではいくらか見劣りするのが現状かなとも思いますし、休ませてグンと良くなってきた様子も現時点では見受けられていませんので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い動きでしたし、良い時との比較でも遜色ない状態にあるとみています。攻め動いても案外という面はあるものの、出来は凄く良いと思っていますから、状態の良さがフルに生きれば楽しみがあっても良い存在かなとみています。
シゲルピンクダイヤ
最終前:中4週 A
最終:栗CW 稍重 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく良い内容をこなせていますし、引き続き具合は凄く良さそうに映っています。ただ、ここに向けてグンと上向いてきた様子はありませんし、個人的にはまだ良くなってきても良いかなと思っていますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、最後のひと追いまで抜かりなくという印象で、動き自体も凄く良かったと思います。中4週でこれだけ攻め切れれば十分ですし、力は出せる態勢にあるとみていますから、牝馬同士であれば楽しみがあっても良いと思っています。
スライリー
最終前:中6週 A
最終:美南W 稍重 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく良い内容はこなせていますし、状態は悪くないと感じます。ただ、ここに向けてグンと変わってきた様子はありませんので、あともうひと追いでどこまで良くなってくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い動きではありましたし、状態は良いと思っています。ただ、近走からそう大きく変わってきたという様子はありませんので、その中でどういった競馬が出来るのか注目です。
ソフトフルート
最終前:2ヶ月 A
最終:栗CW 良 併せ先着 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく良い内容をこなせていますし、引き続き出来は良好と判断しています。ただ、個人的にはまだ良くなってきて良い段階にあると思っていますので、最終追い切りで更に良化を感じられるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、どうやら週頭に行われた追い切りが最終追い切りのようで、金杯からの3日間開催という変則日程により、調整過程にもズレが生じている馬もいるようです。こなした内容は悪くないものの、変わってきたという印象はなく、引き続き状態維持に努めているというイメージですので、その中でどれだけの走りを披露出来るのか注目です。
デゼル
最終前:2ヶ月 A
最終:栗CW 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込み十分ですし、追うごとに良化してきている印象です。ただ、絶好時との比較ではいくらか見劣りしますし、まだ良くなってきて良い段階にあるとみていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、攻めは動くタイプという認識ですので、その点を考慮するといくらか物足りないかなと思います。まだ良化の余地を残している段階にあると思いますし、休み明け感が残っているかなと思いますので、その中でどういった競馬が出来るのか注目です。
ホウオウエミーズ
最終前:中4週 A
最終:美南W 良 併せ先着 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく良い内容は積めていますし、引き続き出来はキープ出来ているという印象です。ただ、個人的にはまだ良化の余地を残している段階にあると思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、どうやら週頭に行われた追い切りが最終追い切りのようで、金杯からの3日間開催という変則日程により、調整過程にもズレが生じている馬もいるようです。こなした内容は悪くないものの、変わってきたという印象はなく、引き続き状態維持に努めているというイメージですので、その中でどれだけの走りを披露出来るのか注目です。
マジックキャッスル
最終前:3ヶ月 A
最終:美南W 稍重 併せ同入 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく良い内容を積めていますし、久々でも状態は悪くないように感じます。ただ、まだ良くなる余地を残している段階にあるような気もしていますし、ここから更にギアが変わりそうな印象もありますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、前回は坂路オンリーの仕上げだったのに対し、今回はウッドチップコースで意欲的に追えているという点に好感が持てます。まだ良化の余地を残している段階にあるとみていますが、復調の気配は感じていますので、現状でどれくらい走れるのか注目です。
マリアエレーナ
最終前:2ヶ月半 A
最終:栗CW 稍重 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込み十分ですし、好時計もしっかり叩けています。まだ良化の余地は残されてそうなものの、1週前追い切りでビッシリと追われた効果はあると思いますので、最終追い切りでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、どうやら週頭に行われた追い切りが最終追い切りのようで、金杯からの3日間開催という変則日程により、調整過程にもズレが生じている馬もいるようです。こなした内容は悪くないものの、変わってきたという印象はなく、引き続き状態維持に努めているというイメージですので、その中でどれだけの走りを披露出来るのか注目です。
ラヴユーライヴ
最終前:中6週 A+
最終:栗坂 稍重 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で良い内容をこなせていますし、引き続き状態は良いように感じています。坂路では動くタイプとはいえ、これだけの内容をこなせていれば十分だと思いますし、坂井瑠星騎手が付きっ切りという点にも好感が持てます。あともうひと追いありますから、更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路で良い動きでしたし、勝った前回よりは確実に良い出来にあると感じます。近走の中ではピークの出来にあると感じますし、楽しみを持てる状況下にあると思いますので、現状でどこまでやれるのか注目です。
ラルナブリラーレ
最終前:2ヶ月 A+
最終:栗坂 稍重 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で良い内容をこなせていますし、引き続き状態は良好と判断しています。良い時との比較でも遜色ありませんし、現状でも十分力は発揮出来ると思っていますから、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく良い動きでしたし、引き続き状態は良いように感じています。個人的には前走時よりも気配は上向きとみていますし、楽しみがあって良い状況下にあると思っていますので、どれだけの走りを見せてくれるのか注目です。
ルビーカサブランカ
最終前:中4週 A ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗CW 稍重 併せ先着 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で自己ベストを塗り替えているように、引き続き状態は良いと思っています。ただ、終いがいくらか甘くなっている点は気になりますし、軽めの馬場だと対応出来ない可能性もある攻め過程かなと思っていますので、もう少し軽快さが増してきて欲しいというのが本音です。あともうひと追いありますから、その点が改善されてくるか否かに注目したいです。その最終追い切りですが、1週前追い切りでしっかりやった効果は大きいと思いますし、このひと追いで変わってきたと感じます。これなら力を出せると思いますし、良い時との比較でも遜色ないと感じますから、現状でどれだけやれるのか注目です。




各追い切りピック4

⑴最終追い切り前ピック4(※五十音順)

☑︎アンドヴァラナウト

☑︎ホウオウエミーズ

☑︎ラヴユーライヴ

☑︎ラルナブリラーレ

⑵最終追い切りピック4(※五十音順)

☑︎アナザーリリック

☑︎クールキャット

☑︎ラルナブリラーレ

☑︎ルビーカサブランカ

⑶最終追い切り後ピック4(※五十音順)

☑︎アンドヴァラナウト

☑︎クールキャット

☑︎ラヴユーライヴ

☑︎ラルナブリラーレ




調子指数




また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE