【平安ステークス 2021】最終追い切り後の追い切り考察

 

平安ステークス2021出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来ない馬に付けている評価ですので、決して低い評価というわけではないという事をご理解頂ければと思います。

 

最終追い切り後の追い切り考察

アメリカンシード

最終前:2ヶ月 A+ ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗CW 稍重 単走 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、併用で良く乗り込まれていますし、出来は前走以上とみます。1週前追い切りではC.ルメール騎手とコンタクトも取れていますし、その内容も上々ですので、このひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。前走ほど負ける馬ではないような気はしていますので。その最終追い切りですが、前走以上の出来にあると感じますし、動きはなかなかに良かったです。その前走は落鉄か、ペースか、敗因は鞍上も不明とのことでしたが、あれほど負ける馬ではないでしょうし、出来も上向きの今回は改めて見直せる1頭だと感じます。




アルドーレ

最終前:中4週 A+
最終:栗CW 稍重 併せ遅れ 強め A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、併用で乗り込まれ、質の高い内容が目立ちます。攻めは元々動けるタイプではありますが、中4週でこれだけ質の高い内容が並んでいるという点には好感が持てますし、出来も近走の中では1番だと思っているくらいですから、最後のひと追いまで要注目の1頭です。その最終追い切りですが、手応えは併走馬よりも劣勢に映りましたが、前への推進力は感じさせましたし、出来は良好と判断します。近走の中では1番期待を持てる仕上がりにあると感じますので、3走前惜しい競馬をした同舞台で巻き返しを期待しています。

ヴェルテックス

最終前:中2週 F
最終:栗坂 稍重 併せ同入 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、大きく変わってきた様子はないものの、引き続き具合は良さそうでし、多少の上積みはありそうです。攻めは地味でもしっかり実戦で走れるタイプですから、こんなもんでも十分だと思いますし、初めての重賞でどれだけやれるのか注目です。




オーヴェルニュ

最終前:3ヶ月 A+
最終:栗CW 稍重 単走 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、併用で良く乗れていますし、こなしている内容も上々です。時計的にはそこまで目立ちませんが、1週前追い切りの動きは攻め動くタイプらしく抜群に映りました。前走を踏まえて、この馬は2ターンの方が合っている印象ですし、最終追い切り次第では見直せる1頭だと思います。その最終追い切りですが、終い重視の割には終いはそこまで弾けずという印象です。状態は悪くないと思いますが、最終追い切りではもう少し動けても良かったと感じていますので、この点が実戦にどう影響するでしょうか。




ケンシンコウ

最終前:中4週 A
最終:美坂 稍重 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、そこまで大きく変わってきた様子はないものの、そもそも坂路ではそこまで目立つタイプではありませんので、こんなもんで十分なのかなとは思っています。ただ、まだ良くなる余地は秘めていると感じていますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、坂路ではムラのある方なのですが、今回はこの馬なりにしっかり動けました。前走を1度使った効果もあると思いますし、パフォーマンスの向上に期待が持てると思います。

サクラアリュール 

最終前:中1週 F
最終:栗CW 稍重 単走 一杯 B
最終追い切り前の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、良い時はもっと楽に動ける馬ですし、今回の動きにはいくらか物足りなさを感じますので、その中で今回どういった競馬が出来るのか注目です。

サトノギャロス

最終前:中2週 F
最終:栗坂 稍重 単走 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、大幅に変わってきた様子はありませんが、引き続き体調キープという印象です。近走は安定感がありますし、好メンバー相手になかなかの競馬を繰り広げていますので、ここでも楽しみを持って挑める1頭だと思います。




スワーヴアラミス

最終前:2ヶ月 A+
最終:栗坂 稍重 単走 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、併用でしっかり乗り込まれ、レベルの高い併せ馬も消化出来ています。1週前追い切りではダービー出走予定馬相手に手応えでは劣勢だったものの、最後まで食らい付きましたし、しっかり追われたこのひと追いで上向きそうですから、最後のひと追いにも注目したいです。その最終追い切りですが、大きく変わってきた様子はありませんが、引き続き出来は維持出来ていると感じます。先週しっかり追われた効果も出ていると思いますし、力は出せると思いますから、1度使われた効果にも期待したいです。

デルマルーヴル

最終前:2ヶ月 C
最終:美南P 良 併せ同入 馬也 B
最終追い切り前の内容からみていきますと、中間一頓挫あったようですし、攻め動くタイプということを考慮すると、いくらか物足りない内容が並んでいる印象です。動く時はもっと動ける馬ですし、まだ良化途上という印象を受けますので、あともうひと追いでどれだけ良くなってくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、下がポリトラックコースですので、動きはまずまず良いです。ただ、グンと変わってきたかと言われると疑問ですし、まだまだ奥はありそうですから、その中でどういった競馬が出来るのか注目です。




ドスハーツ

最終前:2ヶ月 A+
最終:栗CW 稍重 併せ遅れ 強め A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、近走の充実ぶりと並行して、攻め内容もグンと良くなってきた印象です。前走もなかなか良い内容が並んでいましたが、引き続き今回も具合は良さそうで、本格化の気配すら感じますから、あともうひと追いによる良化度合いにも注目したいです。その最終追い切りですが、併せた相手に遅れはしたものの、動きは全く悪くないです。先週もかなりしっかりやれていますし、上昇気配を感じますので、初重賞挑戦でも楽しみを持って挑める1頭だと思います。




ぺオース

最終前:3ヶ月 A+ ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗CW 稍重 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、併用で乗り込まれ、攻め動くタイプらしく良い内容が並んでいる印象です。先週辺りから段々と良くなってきた感じで、ここに向けてしっかり攻め込まれていますので、意欲的に追われている効果があともうひと追いで少しでも出てくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、近走の中では間違いなく1番の出来にあると感じますし、復調の気配を感じています。先週しっかりやった効果が最終追い切りにも出ていますし、見た目も十分見映えしますので、レースぶりも楽しみです。本命候補の1頭です。

マスターフェンサー

最終前:2ヶ月 A
最終:栗CW 稍重 併せ遅れ 一杯 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、攻めは地味な方ではあるので、判断が難しい馬ではあるのですが、動く時はもっと動くというイメージもありますので、個人的にはまだ良化の余地が残されているような気がしています。あともうひと追いありますので、どれだけ上向いてくるのか注目したい1頭です。その最終追い切りですが、先着経験のあるパートナー相手に遅れはしたものの、実戦向きの馬ですので、こんなもんで十分だと思います。中央のダートだとどうかも、実績は十分ですし、善戦は可能な1頭だと思います。

マリオマッハー

最終前:2ヶ月半 B
最終:栗坂 稍重 単走 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、坂路中心の内容をこなしており、本数もしっかり積めていますが、まだトーンは上がってこない印象です。現状としてはそこまで変わってきていないと感じていますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、そこまで変わってきた様子はないですが、動きは悪くありません。まだ全体的に良化の余地は残されていると思いますが、初重賞でどれだけ走れるのか注目です。




マルシュロレーヌ

最終前:2ヶ月半 A+ ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗坂 稍重 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、併用で乗り込まれ、こなしている内容も凄く良いので、ここに向けて状態は上がってきている印象です。1週前追い切りも好時計で併入と、質の高い内容でしたし、このひと追いで更に上向いてくると思いますので、最後のひと追いまで注目したい1頭です。その最終追い切りですが、坂路で良く動けています。今回の攻め過程は全体的に良いですし、上昇気配を感じますので、楽しみを持って挑める1頭だと思います。

ミヤジコクオウ

最終前:中4週 B
最終:栗坂 良 単走 馬也 B
最終追い切り前の内容からみていきますと、坂路主体で乗り込まれていますが、まだ良化の余地が残されてそうな印象ですし、良い時と比べると物足りません。近走の状態からそこまで大きな変動はないと思っていますので、1週前追い切りでしっかり追われた効果が最終追い切りで少しでも見られればと思います。その最終追い切りですが、いくらか軽い最終調整となりました。2走前も同じような感じで走りませんでしたから、全体的に良化も感じない今回はどうでしょうか。

ロードブレス

最終前:中4週 A
最終:栗CW 稍重 併せ同入 馬也 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、1週前追い切りの内容は悪くないですし、引き続き良い状態は保てている印象です。ただ、個人的に良い時はもっと動けるイメージもありますので、まだ良くなる余地は残している段階でもあると思います。あともうひと追いありますので、どれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、決して動きは悪くないのですが、内容はいくらか軽い印象です。軽くても好走歴はあるのですが、個人的にはもっと良くなってきて良い馬だと思っていますので、今回その中でどれだけ走れるのか注目したいです。




各追い切りピック4

【最終追い切り前】※五十音順

☑︎アメリカンシード

☑︎アルドーレ

☑︎ドスハーツ

☑︎ぺオース

【最終追い切り】※五十音順

☑︎アルドーレ

☑︎ドスハーツ

☑︎ぺオース

☑︎マルシュロレーヌ

【最終追い切り後】※五十音順

☑︎アルドーレ

☑︎ドスハーツ

☑︎ぺオース

☑︎マルシュロレーヌ




調子指数

 

※無断転載禁止

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE