【小倉大賞典2022】最終追い切り前の追い切り考察

当記事では小倉大賞典2022出走予定馬の最終追い切り前の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切りを事前に情報を持った上で見ることが出来れば、また違った見え方が可能になると思いますので、是非最後までご覧していって下さい。

最終追い切り前の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り前の追い切り考察

アールスター ※除外対象
アイスバブル
中1週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。
アリーヴォ
追い切りで動くタイプらしく良い内容を積めていますし、良い状態を保てていると思います。ただ、絶好時との比較では一枚落ちるイメージですので、最後のひと追いでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。
ヴァイスメテオール
併用で乗り込み十分ですし、追うごとに良くなってきていると感じます。絶好時との比較ではどうかも、小倉競馬場との中間地点である栗東へ前乗りして調整されている点は工夫されていて良いなと思っていますし、あともうひと追いでしっかり攻め切って、更に上向いてくれば良いなと思っています。
ヴェロックス
中1週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。
エブリワンブラック
中1週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。
カデナ
いつも通り坂路で乗れてはいるものの、大きく変わってきたという印象はありません。良い時との比較をしてもまだ良化途上という気がしていますので、最終追い切りでグンと上向いてくるようなら注目したいです。
クリノプレミアム
大きく変わってきた様子はないものの、引き続き一連の出来は保てているかなという印象です。絶好時との比較ではまだ物足りなく感じるものの、ポテンシャルは感じている馬ですので、最終追い切りによる上昇度合いには注目したいです。
サトノアーサー
元々坂路では良く動くタイプという認識ではいたのものの、1週前追い切りの内容は目を惹くものでした。復調の気配を感じさせますし、近走の中では1番良いくらいにも映っていますので、最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。
ジェネラーレウーノ
追い切りで動くタイプらしくまずまずの内容は積めていますし、出来は悪くないように映っています。ただ、まだ良化途上の段階にあるという印象ですし、良い時との比較でも見劣りしますので、あともうひと追いでどれだけ良くなってくるのか注目したいです。
ジュランビル ※除外対象
スーパーフェザー
併用でしっかりと乗り込まれていますし、追うごとに良化してきている印象です。まだ奥はあるように映っているものの、2週続けて長めを追っている効果はあると思いますので、最終追い切りで少しでも良化した姿を披露してくれるようなら楽しみです。
スカーフェイス
坂路でこの馬なりに良く乗れていると思いますし、引き続き一連の好状態は保てているとみています。まだ良くなってきそうな雰囲気はあるものの、現状でも力は出せる仕上がりにあるとみていますので、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。
ソッサスブレイ ※除外対象
ダブルシャープ
中1週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。
トップウイナー
中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。
ノルカソルカ ※除外対象
ブラヴァス
ポリトラックコースとはいえ好時計を掲示出来ていますし、ここに向けて状態は良好と判断しています。西村淳也騎手が3週続けて追い切りに跨っているという点も良いと思っていますし、1週前追い切りはかなりハードにやりましたから、このひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。
メイショウテンモン ※除外対象
ランブリングアレー
追い切りは動けるタイプという認識ですので、その点を踏まえるといくらか物足りないかなという印象です。まだ仕上がり途上とみていますので、最終追い切りでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。
レッドフラヴィア
坂路では動けるタイプという認識ですので、その点を踏まえるといくらか物足りないかなという印象です。まだ良くなってくる馬だと思いますし、1週前追い切りでしっかりと追われた効果が最終追い切りで少しでも見られれば良いなと思っています。
ワールドウインズ ※除外対象
ワールドリバイバル ※除外対象




また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




最新情報をチェックしよう!