【安田記念 2021】追い切りから導いた軸馬

私自身の本命馬について記載しています。

良ければ参考にしてみて下さい。

 

 

※追い切りに特化した新聞のようなものをご自身のお手元の端末で

私自身、毎週全レース全馬の追い切り内容をチェックしていますので、その過程を元に1本の記事を作成しています。個人的に買いだと思った馬には☆、★印を打たせていただき、そうでない馬には空白と、シンプルな構成ですが、人気の記事となっています。その日の中央競馬終了後というルールは設けているものの、返金申請も受け付けていますので、もし良ければこの際にご利用してみて下さい。

▶︎〈追い切り専門紙はこちらから〉

 

 

本命馬について

12.ケイデンスコール 調子指数100
最終前:A+
最終後:A+
最終前ピック:☑︎
最終ピック:☑︎
最終後ピック:☑

2019年のNHKマイルカップ2着して以降、昨年までの8戦は掲示板が最高着順と長らく低迷していましたが、2021年は京都金杯から3戦連続重賞で好走中と波に乗っています。これを本格化と言って良いのか、ただ単に馬が走るスイッチを入れてくれただけなのかは分かりませんが、とにかく馬はすごく良い状態にあり、充実期にあるとみています。昨年はリステッドですら全く結果を出せていなかった馬が、再び重賞で走れるようになったのですから不思議なものです。それはそうと、やはり2歳時に新潟2歳ステークスを勝っていたり、3歳時にマイルG1で2着しているだけあって、マイル適性はかなり高そうです。前走のマイラーズカップでは急遽のテン乗り、高速決着、右回りにそれぞれしっかり対応しましたから、勝利以上の価値があったと思っていますし、良い形でここへ向かえるのではないでしょうか。今回は得意の左回りに舞台が替わりますし、引き続き出来も良さそうなので、今ならこのメンバーが相手でも楽しみを持って挑めると感じています。この中間は終い重視の内容が並んでいますが、動きは良いですし、終い1Fのラップも自己ベストを2週に渡り塗り替えていますから、この点が実戦で生きてくれば良いなと思っています。先行する形でも近走は結果が出るようになっていますが、個人的にはNHKマイルカップのような控える競馬をしてくれないかなと思っていますし、そういった競馬が攻めの良さを生かすのに良いのではないかと勝手ながら思っていますので、何はともあれこの馬の今出せる力を全て発揮して来て欲しいなと思っています。

 

※追い切りに特化した新聞のようなものをご自身のお手元の端末で

 

 

 

無断転載、盗作厳禁

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE