【天皇賞(秋) 2021】最終追い切り後の追い切り考察

当記事では天皇賞(秋)2021出走予定馬の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切り含む中間全体の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り後の追い切り考察

エフフォーリア
最終前:5ヶ月 A+
最終:美南W 稍重 併せ同入 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込み十分ですし、こなしている内容も評価出来ます。ダービー以来も問題なくきていると思いますし、1週前追い切りの動きもこの馬なりに良く映りましたから、このひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、この馬なりに良く動けていますし、前走時と同じくらい良い出来にあると感じています。攻め過程全体を眺めても質の高い内容が目立っていますし、久々でも力を出せる状態にあるとみていますから、3歳でも古馬相手に良い競馬をしてくれるのではないでしょうか。
カイザーミノル
最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、絶好時の出来にはないと感じるものの、前回よりは上向きとみます。ただ、距離は更に伸びますし、相手も強くなりますので、大幅なパフォーマンス向上はどうでしょうか。
カデナ
最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週と間隔は詰まるものの、1週前追い切りは意欲的に追えましたし、ひと叩きしての良化も見込めるかなと思っています。ただ、まだ良くなってきても良い馬だと思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、前回よりは上向いていると思うものの、まだ奥はありそうなイメージです。最終追い切りではこの馬なりに動けてはいますが、まだ良くなる余地は残されている印象ですので、その中でどういった競馬が出来るのか注目したいです。
カレンブーケドール
最終前:4ヶ月 A+
最終:美坂 良 併せ同入 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、近走と同様坂路メインの仕上げにはなっていますが、動きは非常に良く映りましたし、ここに向けて順調に仕上がっているという印象です。国枝厩舎はウッドチップコースで追い切りを消化している馬が買いという話題も最近では有名になりましたが、一部同意としつつも、この馬に限って言えば坂路メインの仕上げでも走れるタイプですし、個人的にはそこまで気にしていません。あともうひと追いありますので、動きそのものに注目して見ていきたい1頭かなと思っています。その最終追い切りですが、大きく変わってきた様子はないものの、今回も良い状態でレースに向かえると思っています。ただ、秋1番の目標は実績のあるジャパンカップだと思いますし、陣営もそう公言していますので、前哨戦扱いのここでどれだけ走れるのか注目したいです。
グランアレグリア
最終前:5ヶ月 A+ ◆中間自己ベスト(美坂)
最終:美南W 稍重 併せ同入 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中間は坂路で自己ベストを塗り替えていますし、ウッドチップコースで長めも追えているように、この厩舎にしてはかなり意欲的な攻め過程が目立っている印象です。1週前追い切りではC.ルメール騎手を背に良い動きを披露してきましたし、ここまで最終追い切り前の段階としては十分過ぎるくらいやれているイメージですので、あともうひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、ウッドチップコースで最後まで攻め切れましたし、この厩舎にしてはかなり意欲的に追っている方だと思いますので、久々でも態勢は整っているとみています。中2週で挑んだ安田記念とは出来が異なると思いますし、綺麗な馬場の東京2000mなら守備範囲内だと思っていますので、3回級制覇も視野に入っている1頭かなと思っています。
コントレイル
最終前:7ヶ月 A+
最終:栗坂 良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、2週前追い切り、1週前追い切りと良い内容を消化出来ていますし、ここまでは特に文句のない攻め過程を送れていると思っています。このひと追い、ふた追いで更にシェイプアップされて良くなってくると思いますので、最終追い切りまで注目したい存在です。その最終追い切りですが、先週先々週としっかりやっていますので、当週は軽めになると思っていましたが、坂路でとても良い内容をこなしてきました。サラッとでこの時計が出ていれば十分ですし、久々でも力を出せる態勢にあるとみていますので、楽しみを持って挑める1頭かなと思っています。
サンレイポケット
最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 併せ先着 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週と間隔は詰まるものの、1週前追い切りは意欲的に追えましたし、ひと叩きしての良化も見込めるかなと思っています。ただ、このレベルのG1ともなるともう1段階上向いてきて欲しいと思っていますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、前回もあらかた出来ていたという認識ですので、そう大きく変わってきたという様子はありませんが、引き続き良い出来を保てていると感じています。坂路での動きも良かったですし、中2週でも攻め切れていますので、ここでどこまでやれるのか注目したいです。
トーセンスーリヤ
最終前:2ヶ月 B
最終:美南W 稍重 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、ここに向けて大きく変わってきた様子はないものの、引き続き状態は維持しているという印象です。ただ、中間に一頓挫あるというのは気になりますし、しっかり時計を出しているのは1本だけという点にも引っかかっています。絶好時との比較でもまだ物足りなさが残るイメージですので、あともうひと追いでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、先週よりは良くなってきたと思うものの、絶好時との比較ではまだ見劣るイメージです。中間の攻め量も不足気味かなと思っていますし、全体的に良い時との比較で見劣りしますので、その中でどういった競馬が出来るのか注目したいです。
ヒシイグアス
最終前:8ヶ月 A
最終:美南W 稍重 併せ同入 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、休ませてグンと上向いてきた感じはしないものの、動きは悪くないですし、順調に仕上がりは進んでいる印象です。ただ、個人的にはまだ良くなってきても良い段階にあるとみていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、この馬なりに動けていると思いますし、久々にしては悪くない出来にあるとみています。ただ、良い時との比較では見劣りしますし、まだ良くなってきて良い段階にあるとみていますので、現状でどれだけ走れるのか注目したいです。
ペルシアンナイト
最終前:2ヶ月半 A
最終:栗CW 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく良い内容を積めていますし、良い状態は保てているというイメージです。ただ、攻め動くのはいつものことですし、過剰に評価し過ぎるのは禁物だと思いますから、その点に注意しながら最終追い切りまで見ていきたいです。その最終追い切りですが、動きは良いものの、攻めは毎回良く動くタイプですので過剰に評価しません。今回もそこまで大きく変わってきたという印象はないですし、引き続き状態維持に努めているという感じですから、その中でどういった競馬が出来るのか注目したいです。
ポタジェ
最終前:中2週 F
最終:栗P 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週と間隔は詰まるものの、1週前追い切りは意欲的に追えましたし、ひと叩きしての良化も見込めるかなと思っています。ただ、まだ良くなってきても良い馬だと思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、先週もある程度やっていますし、中2週ということまあり最後はポリトラックコースでの追い切りに。これはこの馬の攻めパターンの1つでもありますし、結果を出してきている調整パターンですので、そこまで気にする必要はないかなとみています。動きも良いですし、引き続き力は出してくるとみていますので、G1でどこまでやれるのか注目したいです。未だに馬券内率100%ですし、前走内容や相手なりに走れるという点からも、ある程度はやれても良いのではないかと感じています。
ムイトオブリガード
最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 一杯 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週と間隔は詰まるものの、1週前追い切りは意欲的に追えましたし、ひと叩きしての良化も見込めるかなと思っています。ただ、まだ良くなってきても良い馬だと思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、攻めは動くタイプですので、ここに向けてそこまで大きく変わってきたという印象はないものの、中2週でもある程度攻めてこれているという点は評価したいです。攻めで動いても近走はさっぱり走りませんが、出来は引き続き良いと思っていますので、どれだけ走れるのか注目したいです。
モズベッロ
最終前:中2週 F
最終:栗CW 良 併せ先着 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週でも意欲的に追えましたが、そこまで変わってきたという様子はありません。あともうひと追いありますので、最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、中2週でも攻め切れている点は評価したいです。ただ、前回もある程度仕上がっていたという認識ですし、個人的にはまだ良くなってきても良い段階にあるとみていますので、その中でどれだけの走りが出来るのか注目したいです。一雨降れば。
ユーキャンスマイル
最終前:2ヶ月半 A
最終:栗芝 重 単走 強め A ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込み十分ですし、前回よりも具合は良いように感じています。1週前追い切りの動きも良かったですし、このひと追いで更に良くなりそうなイメージもありますので、最後のひと追いまで注目したいです。その最終追い切りですが、先週までにしっかりやっているため、最終追い切りは本馬場で。本馬場とはいえ、走破時計はかなり速いですし、最後までしっかりやってきたという点は高く評価したいです。2000mはやや短いかもしれませんが、左回りは良いでしょうし、2年前には4着という実績もありますので、先週同様差しが効く馬場であれば楽しみがあっても良い1頭なのかなとみています。
ラストドラフト
最終前:中2週 F
最終:美南W 稍重 併せ先着 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週と間隔は詰まるものの、1週前追い切りは意欲的に追えましたし、ひと叩きしての良化も見込めるかなと思っています。ただ、まだ良くなってきても良い馬だと思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い内容を積んできましたし、ここに向けて出来は上向きと判断しています。中2週でもしっかり攻め切れましたし、個人的には近走の中では1番良いくらいに思っていますので、人気薄であれば抑えたい存在かなとみています。
ワールドプレミア
最終前:6ヶ月 A
最終:栗坂 良 併せ先着 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用でしっかりと乗れていますし、追うごとに良化してきている印象です。1週前追い切りでもこの馬なりには動けましたし、状態は悪くないとは思うものの、まだ良くなってきて良い段階にはあると思いますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、坂路でまずまずの内容はこなしてきたものの、まだ良化の余地は残されているように感じています。天皇賞(春)以来久々の実戦になりますし、ひと叩きした方が良いのではないかと個人的には思っていますので、現状でどれだけ走れるのか注目したいです。




各追い切りピック4

⑴最終追い切り前ピック4(※五十音順)

☑︎エフフォーリア

☑︎カレンブーケドール

☑︎グランアレグリア

☑︎コントレイル

⑵最終追い切りピック4(※五十音順)

☑︎エフフォーリア

☑︎カレンブーケドール

☑︎グランアレグリア

☑︎コントレイル

⑶最終追い切り後ピック4(※五十音順)

☑︎エフフォーリア

☑︎カレンブーケドール

☑︎グランアレグリア

☑︎コントレイル




調子指数




また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE