【大阪杯2022】最終追い切り後の追い切り考察

当記事では大阪杯2022出走予定馬の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切り含む中間全体の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも競馬予想を楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り後の追い切り考察

アカイイト
最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週と間隔は詰まるものの、坂路で意欲的に追えているという点は良いと思います。個人的には現状でも前回と同じくらいの気配を感じていますので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路でこの馬なりに良く動けていると思いますし、引き続き力は出せる仕上がりにあるとみています。ひと叩きしての良化も見込めますし、阪神コースも合っていますので、展開次第では楽しみのある存在とみています。
アフリカンゴールド
最終前:中6週 A
最終:栗CW 良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、ここに向けてグンと上向いてきたという印象はないものの、引き続き好状態は維持出来ているとみています。ただ、G1ともなるともう1段階ギアを上げてきて欲しいというのが本音ですので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、近走の中では1番動けているようにも感じますし、引き続き良い状態にあるとみています。ただ、絶好時の出来にはまだ及ばないかなという印象ですし、相手も一気に強化されますので、その中でどういった競馬が出来るのか注目です。
アリーヴォ
最終前:中5週 A
最終:栗坂 良 単走 強め A ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容から見ていきますと、いつも通り併用でしっかりと乗れていますし、こなしている内容も悪くありません。1週前追い切りでは意欲的に追えましたし、このひと追いで更に上向いてくる可能性も秘めていると思いますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、坂路で自己ベストを塗り替えてきましたし、状態は良好と判断しています。下が合わなかった新馬戦と、距離が合わなかった菊花賞以外は大崩れしていませんし、ハマれば見せ場は作れても良い存在とみていますので、現状でどれだけの走りが出来るのか注目です。
ウインマリリン
最終前:4ヶ月 A+ ◆中間自己ベスト(美南W6F)
最終:美南W 稍重 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込み十分ですし、こなしている追い切り内容の質も高いものが並んでいると思っています。久々でもこれだけ乗れていれば態勢は整うとみていますし、2週前追い切りでは自己ベストも塗り替えていますので、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、先週までにしっかりと各週追われてきましたので、この最後のひと追いでキッチリ上向いてきたと感じます。単走の割には最後までしっかり動けた最終追い切りだったと感じますし、力は出せる状態にあるとみていますので、上手く立ち回れればやれて良い存在なのではないでしょうか。
エフフォーリア
最終前:3ヶ月 A+
最終:美南W 稍重 併せ同入 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、有馬記念以来の実戦にはなりますが、しっかりと乗り込めていますし、追うごとに態勢は整いつつあるとみています。まだ1週前追い切りを終えた時点では物足りなさが残っている印象でしたが、しっかりと追われたこのひと追いによって馬は変わってくると思いますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、素晴らしい動きでまとめてきたと思いますし、1週前追い切りからの良化もしっかりと感じ取れました。これなら久々でも力は出せそうですし、十分勝負になる仕上がりにあるとみていますので、今年初戦でどのようなパフォーマンスを披露してくれるのか、今から楽しみです。
キングオブコージ
最終前:2ヶ月半 A+
最終:栗CW 良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗り込み十分ですし、こなしている追い切り内容も好内容が目立っています。追い切りは動くタイプですので、大きく上向いてきたという印象ではないですが、高いレベルで出来は安定していると思いますし、ここも力は出せるのではないかとみています。あともうひと追い残されていますので、更に上向いた姿を披露してくれるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、追い切りで動くタイプらしく良い内容を最後まで積んできましたし、状態は前回よりも良いくらいに感じています。良い時との比較でも遜色ありませんし、楽しみを持って挑める存在だと思っていますので、この相手にどれだけの走りが出来るのか注目です。
ジャックドール
最終前:中2週 F
最終:栗CW 良 併せ先着 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週と間隔は詰まるものの、坂路で意欲的に追えているという点は良いと思います。個人的には現状でも前回と同じくらいの気配を感じていますので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、中2週と間隔は詰まるものの、動きはかなり良かったですし、上積みもあるように感じます。その前走は大阪杯を見越して、強い追い切りを1本少なくしていたようですし、それでいてあのハイパフォーマンスですから、ここでも当然有力になってくるとみています。良い時との比較でも遜色ありませんし、自分の競馬が出来れば当然クラスが上がろうと楽しみのある馬だと思っていますので、初の大舞台でどれだけの走りが出来るのか注目です。
ショウナンバルディ
最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週と間隔は詰まるものの、坂路で意欲的に追えているという点は良いと思います。個人的には現状でも前回と同じくらいの気配を感じていますので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路でこの馬なりに良く動いていますし、状態はアップしているとみています。ただ、まだ奥はありそうに感じていますし、相手も強化されますので、その中でどういった走りが出来るのか注目です。
スカーフェイス
最終前:中5週 B
最終:栗坂 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、いつも通り坂路で良く乗れているとは思うものの、まだ物足りなさは残るかなというイメージです。1週前追い切りではしっかり追われましたので、このひと追いで更に上向いてくるかどうかに注目したいです。その最終追い切りですが、坂路でこの馬なりに良く動けていると思いますし、出来はキープしているか、やや上向きというイメージです。絶好時との比較ではどうかも、力は出せると思いますので、相手のレベルが上がってどれだけ走れるのか注目です。
ステラリア
最終前:中2週 F
最終:栗CW 良 併せ同入 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週と間隔は詰まるものの、ウッドチップコースで長めを意欲的に追えているという点は良いと思います。個人的には現状でも前回と同じくらいの気配を感じていますので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、動きは良いですし、休み明けの前走を使ってこ上積みはあるとみています。ただ、絶好時との比較ではいくらか見劣りするイメージですし、まだ良くなってきても良い雰囲気を感じますので、その中でどれだけのパフォーマンスを披露してくれるのか注目です。
ヒシイグアス
最終前:3ヶ月 A+
最終:美南W 稍重 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、乗り出しから日は浅いものの、併用で良く乗れていますし、仕上がりは順調に進んでいるというイメージです。ただ、まだ奥はありそうに映っていますし、1週前追い切りでしっかりとやったことで、ここから更に変わってきそうな雰囲気もありますので、最後のひと追いまで注目したいです。その最終追い切りですが、動きは良いですし、久々でもあらかた態勢は整っているように感じます。ただ、まだ良くなってきそうなイメージもありますし、絶好時との比較だとまだ見劣りする面もありますので、現状でどれだけの走りが出来るのか注目です。
ヒュミドール
最終前:中4週 B
最終:美南W 稍重 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、いつも通りウッドチップコース主体で良く乗れていますし、こなしている追い切り内容も悪くありません。まだ途上という印象はありますが、追うごとに仕上がりは進んでいると思っていますので、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、大きく変わってきたという印象はないものの、引き続き出来は維持しているとみていますし、今回も力は出せるのではないでしょうか。ただ、絶好時との比較では見劣りすると思っていますし、まだ奥のある馬だと思っていますので、その中でどれだけの走りが出来るのか注目です。
ポタジェ
最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週と間隔は詰まるものの、坂路で意欲的に追えているという点は良いと思います。個人的には現状でも前回と同じくらいの気配を感じていますので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、2週続けて坂路での調整に。動きは悪くないですし、出来は維持していると思うのですが、良い時ほど攻め切れていないかなとは思っています。個人的にはまだ奥のある馬だと思っていますので、現状でどれだけの走りが出来るのか注目です。
マカヒキ
最終前:中6週 C
最終:栗坂 良 併せ同入 強め B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で乗れてはいるものの、個人的にはかなり物足りなく感じています。この厩舎にしては全く乗り込めていませんし、追い切り内容も強調材料に欠けるものばかりですので、あともうひと追いでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、特に強調したい点は見当たらずというイメージです。良い時との比較でも見劣りすると思っていますし、まだ上がってきても良いのではないかと個人的には思っていますので、その中でどういった走りを披露してくれるのか注目です。
レイパパレ
最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週と間隔は詰まるものの、坂路で意欲的に追えているという点は良いと思います。個人的には現状でも前回と同じくらいの気配を感じていますので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく良い内容を積んでいますし、中2週でも元気一杯なのは何よりです。今回も力は出してくるでしょうし、能力的には十分通用の器だと思いますので、この相手にどれだけの走りが出来るのか注目です。
レッドジェネシス
最終前:中6週 A
最終:栗坂 良 単走 一杯 A ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容から見ていきますと、併用で良く乗れていますし、追うごとに状態は上がってきていると思っています。ただ、まだ奥はあるように映っていますし、良い時との比較でもやや見劣りするイメージですので、あともうひと追いでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、坂路で自己ベストを塗り替えてきましたし、状態は良いように映ります。動きも良く、引き続き出来は維持出来ているとみていますので、休み明け2戦目でパフォーマンスが上がってくれば楽しみもあって良いのではないかと思っています。




各追い切りピック4

⑴最終追い切り前ピック4(※五十音順)

☑︎ウインマリリン

☑︎エフフォーリア

☑︎キングオブコージ

☑︎ヒシイグアス

⑵最終追い切りピック4(※五十音順)

☑︎ウインマリリン

☑︎エフフォーリア

☑︎キングオブコージ

☑︎ジャックドール

⑶最終追い切り後ピック4(※五十音順)

☑︎ウインマリリン

☑︎エフフォーリア

☑︎キングオブコージ

☑︎ジャックドール




調子指数




また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE