【大阪杯 2021】最終追い切り後の追い切り考察

現在ブログ運営に勤しむために休止中ですが、いつかは再開したいと考えていますので、良ければチャンネル登録の方お願い致します。

▶︎YouTubeのチャンネル登録はこちらから 

 

noteでも週数本程度限定記事を公開していますので、良ければフォローお願い致します。

▶︎noteフォローはこちらから

 

大阪杯2021出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来ない馬に付けている評価ですので、決して低い評価というわけではないという事をご理解頂ければと思います。

 

最終追い切り後の追い切り考察

アドマイヤビルゴ

最終前:2ヶ月半 A
最終:栗CW 良 併せ先着 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、攻め動くタイプらしく、動きは良く映ります。ここまで順調にきていると思いますし、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路で締めてくることが多い厩舎なのですが、今回はウッドチップコースで最後まで長めを追ってきました。動きは悪くないのですが、攻めは元々動くタイプですし、驚くほど良いというわけでもありませんでしたから、この仕上げでどこまで走れるのか注目したいです。

アーデントリー

最終前:中3週 A
最終:栗坂 良 単走 馬也 B
最終追い切り前の内容からみていきますと、この馬なりに坂路で良く動けていると思います。相手関係はグッと上がりますが、状態は良いと思いますので、あともうひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、いつも通り軽めの調整で締めてきました。ただ、いつも通りとはいえ、G1を使うにあたってこの内容だと少し物足りなく感じますし、相手のレベルもグンと上がりますから、その中でどれだけ走れるのか注目です。




カデナ

最終前:中5週 A
最終:栗坂 良 単走 強め A ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容からみていきますと、坂路で良く動けていますし、近走以上の出来にはあるとみています。近走はさっぱりですが、昨年4着と走っている舞台ですし、最終追い切り次第では今年も注目したいです。その最終追い切りですが、動きは相変わらず目立ちませんが、ここにきて自己ベストを塗り替えてきたという点は1つ評価したいです。具合は良いでしょうし、昨年も好メンバー相手に一脚使っていますから、今年も脚を溜めてどこまで伸びるかといったところでしょうか。展開利があれば今年も昨年同様走れて良い馬だと思います。




グランアレグリア

最終前:4ヶ月 A
最終:美南W 良 併せ同入 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、距離がグンと延びますので、折り合い重視のメニューとなっています。そのため攻め内容自体は目立ちませんが、その分中身は詰まっている調整メニューだと思いますから、最終追い切りまで引き続き注目して見ていきたい存在です。その最終追い切りですが、長めを2週続けて追うなど、中距離仕様の仕上げを施してきたと感じています。折り合いも問題なく、馬の後ろで我慢出来ていましたし、最終追い切りの内容としては良かったと思っています。絶好時と比べるとまだワントーン上がりそうなイメージを持っていますが、2000mも守備範囲だと思いますし、現状でもある程度力は出せると思っていますから、レースでの走りにも当然期待している1頭です。

クレッシェンドラヴ

最終前:3ヶ月 A
最終:美南W 良 併せ同入 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、攻め動くタイプらしく、良い内容が並んでいると思います。相手は引き続き強いですが、出来は良い時と比べても遜色ないとみていますので、あともうひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、絶好時と比べるとまだギアは上がりそうですが、近走の中では1番と言えるくらい動けていると思いますし、楽しみを持って挑める1頭だと思います。相手は引き続き揃っていますが、出来の良さでどこまで走れるのか注目したいです。




コントレイル

最終前:4ヶ月 A+ ◆中間自己ベスト(栗坂/栗CW6F)
最終:栗坂 良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、坂路でもウッドチップコースでも自己ベストを塗り替えてきたように、古馬になって更に成長を遂げていると感じます。3歳の頃から福永騎手は良くなるのは先と述べていたように、ここらで本格化のトリガーが引かれたかもわかりませんし、とにかく最終追い切り前でも素晴らしい出来にあるとみています。短距離やマイルでも通用しそうなハイスピードを兼ね備え、かつパワフルなピッチ走法ですので、高速馬場はもちろん、内回りコースであったり多少の道悪も楽々こなせると思いますから、現状隙という隙は見当たりません。あともうひと追いありますので、最後まで要注目して見ていきたい存在です。その最終追い切りですが、坂路でサラッと走っているように映りましたが、時計は素晴らしいものが出ています。休み明けではありますが、文句なしの出来に仕上がったと思っていますし、この馬の持つ力は出し切れる状態にあるとみています。スピードはかなりのモノがあると思いますので、高速馬場にはもちろん対応可能だと思いますし、多少の道悪も持ち前の力強いピッチ走法でこなせると思いますから、ここでも大崩れは考えにくい1頭かなと思っています。

サリオス

最終前:4ヶ月 A+
最終:美南W 良 併せ同入 馬也 A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、攻め動くタイプらしく、良い内容が並んでいます。1週前追い切りも松山騎手を背に良い動きを披露してきましたし、順調に仕上がりは進んでいる印象です。良い時と比べても遜色ありませんし、あともうひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、先週の時点である程度出来上がっていたとは思いますが、当週も意欲的に長めを追ってきた点に好感を持っています。折り合い重視のメニューではありましたが、折り合いも問題なく追えばいつでも弾ける感じに映りましたし、個人的には前走以上の出来にあるとみていますから、更に高いパフォーマンスを披露してくれるのではないかと思っています。コントレイルには2戦2敗ですが、立ち回り次第では好勝負になって良いと思っていますし、個人的に期待している1頭です。

ハッピーグリン

最終前:中6週 B ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗坂 良 単走 強め B
最終追い切り前の内容からみていきますと、坂路で乗れてはいるものの、イマイチ攻め不足という印象です。自己ベストは塗り替えていますが、時計的にはそこまで目立つものではないと思っていますので、あともうひと追いによる上昇度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、この馬なりに順調という印象ですが、大きく変わってきた様子はありません。相手も強いですし、この仕上がりでどこまで走れるでしょうか。

ブラヴァス

最終前:中2週 F
最終:栗CW 良 単走 一杯 B ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、中2週でも長めを意欲的に追ってきたという点は評価したいのですが、個人的には過去1番動けていない印象を受けました。全体時計は自己ベストを僅かに上回り優秀なのですが、終いがかなり甘くなってしまっていますし、こういった内容、ラップの踏み方を最終追い切りで見せるブラヴァスは初めてという見た印象で、やや戸惑い気味です。今後のサンプルを増やすという意味でも、今回の形でどれだけ走れるのか注目したいです。ただ、ビッシリ追ったこのひと追いでいくらか上向いてくる可能性も多少はあるとみていますので、当日の気配には注目したいです。

ペルシアンナイト

最終前:中2週 F
最終:栗CW 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく動きは良いですし、前走より上向いているとは思うのですが、絶好時と比較するといくらか物足りません。欲を言えばもっと動いてきても良い馬だと思っていますので、今回はその中でどれだけ走れるのか注目です。




モズベッロ

最終前:中6週 A+
最終:栗坂 良 併せ先着 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、攻めはかなりムラがあり、地味なタイプなのですが、今回は併用で凄く良い内容を消化出来ていると思います。昨年好走していた春頃と比較しても遜色ないか、もしくはそれ以上だと踏んでいますので、高い評価となっています。あともうひと追い残されていますので、もう1段階ギアを上げてこれるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、この馬なりに坂路で乗れてはいるものの、先週あたりまでの方が良い動きを見せていたかなという印象です。1週延ばしたことがプラスにはなっていないかなとも思いますし、条件も日経賞向きだったという認識ですから、この条件でどれだけ走れるかでしょう。土砂降りにでもなって馬場が悪化すれば少し善戦のチャンスは出てくると思いますが、高速馬場だとどうでしょうか。

レイパパレ

最終前:4ヶ月 A
最終:栗坂 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、仕上がり早なタイプなのでいつも通りと言えばいつも通りなのですが、G1を使うにあたってこの本数はやや少ない印象を持っています。ただ、1週前追い切りの動きは良かったですし、仕上がり自体は順調だと思っていますので、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、絶好時と比較するとまだ良くなりそうな雰囲気はありますが、スピードの乗りは良いですし、前走からの気配も上向きです。仕上がりもかなり早いタイプですので、久々の今回でも力は出せるとみていますから、この舞台でどれだけ走れるのか注目です。

ワグネリアン

最終前:中6週 A ◆中間自己ベスト(栗CW7F)
最終:栗CW 良 併せ先着 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、1週前追い切りでは約3年ぶりに自己ベストを塗り替えてきましたし、具合は良いと思っています。ただ、良い頃と比べるとまだ良くなる余地が残されていると感じますので、あともうひと追いによる上昇度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、最後まで長めをビッシリ追ってきました。動きは決して悪くないのですが、良い時と比べてまだ良くなる余地は残されているという印象ですし、現状でどれだけ走れるでしょうか。




追い切りBEST4

【最終追い切り前】

1位コントレイル

2位サリオス

3位モズベッロ 

3位グランアレグリア

【最終追い切り】

1位サリオス

2位コントレイル

3位レイパパレ

3位カデナ

【最終追い切り後】

1位サリオス

2位コントレイル

3位モズベッロ

3位ペルシアンナイト




調子指数

 

※無断転載禁止

 

▶︎YouTubeのチャンネル登録はこちらから 

 

▶︎noteフォローはこちらから

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE