【中山牝馬ステークス 2021】本命馬

現在ブログ運営に勤しむために休止中ですが、いつかは再開したいと考えていますので、良ければチャンネル登録の方お願い致します。

▶︎チャンネル登録はこちらから

「YouTube バナー」の画像検索結果

 

私自身の本命馬について記載しています。

良ければ参考にしてみて下さい。

 

 

本命馬について

◎3.アルーシャ 調子指数100
最終前:A
最終後:A+
最終前BEST4:-
最終BEST4:1位
最終後BEST4:1位

クラブの規定でここが引退レースのようですが、馬自体はまだまだ若々しく充実期にあるとみていますので、具合の良さそうなここは狙ってみたいです。追い切りも併用でしっかり乗り込まれていますし、攻め動く併走馬と併せて互角以上の動きを披露出来ている点にも好感が持てます。また、この厩舎にしてはしっかり攻め込んできたなという印象ですし、ここに向けての勝負気配も追い切り内容からは感じ取れます。年齢を重ねて穏やかになったということもあり、映像からは折り合いも問題なく映りますし、非常にゆったりと走るタイプですので、ごりごりマイル以下でというタイプではないような気もしています。実際に昨年のニューイヤーステークスでは終始外外を回され、マイルよりいくらか長い距離を走っての3着でしたから、1800mくらいなら十分守備範囲だと思っていますし、テンを急かすとあまり良くないという点からも、ペースの落ち着きそうなこの舞台はこなせるのではないでしょうか。週末天気が崩れる予報も出ていますが、道悪もそこまで苦にするような馬ではありませんし、どんな展開、競馬場でもある程度崩れず走れているように、この産駒にしては割とバランスの取れたタイプの馬だと認識しています。前走も牝馬ながらトップハンデを背負いミッキーブリランテとハナ差ですから、斤量2kg減という点もプラスでしょうし、コーナー4つをロスなく立ち回れるこの枠も好材料だと思います。相手はそこそこ揃った印象ですが、立ち回り次第ではこの馬も引けは取らないと思いますし、是非有終の美を飾って欲しいところです。

 

 

無断転載禁止

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE