【マイルCS 2021】最終追い切り後の追い切り考察

当記事ではマイルCS2021出走予定馬の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切り含む中間全体の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り後の追い切り考察

インディチャンプ
最終前:5ヶ月 B
最終:栗坂 良 併せ同入 強め B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路でまずまずの時計は掲示出来ているものの、この馬としてはいくらか物足りない攻め内容が並んでいるという印象です。個人的には昨年あたりから下降の段階に入ってきたのではないかと感じていて、それは年齢を重ねれば必ず訪れることなので仕方ないとは思うものの、ピーク時の動きを見てきているだけに、より物足りなく感じてしまうというのが正直なところです。あともうひと追いありますので、どこまで上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、坂路でまずまずの内容は消化してきたものの、絶好時との比較では見劣る印象です。個人的にはいくらか物足りないと感じていますので、この出来でどれだけのパフォーマンスが出来るのか注目したいです。
カテドラル
終前:2ヶ月半 B
最終:栗坂 良 単走 馬也 A ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻めはかなり動けるタイプという認識ですので、その点を考慮するといくらか物足りない攻め内容が並んでいるイメージです。1週前追い切りの動きからもまだ良くなる余地は残されていると感じましたし、好調時との比較では現状一枚落ちという印象ですので、あともうひと追いでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく良い動きでしたし、自己ベストも更新してきました。好調時との比較でも遜色ないとみていますし、安定感も出てきましたから、現状でどれだけ走れるのか注目したいです。
グランアレグリア
最終前:中2週 F
最終:美南W 良 併せ先着 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で本数は乗れているものの、中2週のため軽めの調整程度の内容が並んでいます。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、前回も仕上がっていたという認識ですので、そう大きな変化は感じていませんが、中2週でもウッドチップコースの長めを追えたという点は評価したいです。動きも変わらず良いですし、状態は保てていると思いますので、得意のマイルに戻って力を発揮出来れば、当然巻き返しに期待が持てる存在だと思います。
クリノガウディー
最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 強め B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしくまずまずの内容は消化してきたものの、絶好時との比較ではいくらか見劣るイメージです。個人的にはもっと動けて良い馬だと思っていますし、セントウルステークスからコンスタントに使われているため、上積みもないと思っていますので、その中でどういった走りが出来るのか注目したいです。
クリノプレミアム ※回避
最終前:2ヶ月半 B
最終:美南W 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、間隔が空いている割には攻め切れていない印象ですし、まだ良化の余地は残されているように感じています。1週前追い切りも強調材料には欠ける動きでしたので、このひと追いでどれだけ良くなってくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い内容を積んできましたし、出来はここに向けて上向きと判断しています。ただ、絶好時との比較ではどうかなとも思っていますので、現状でどれだけやれるのか注目したいです。
グレナディアガーズ
最終前:2ヶ月半 S
最終:栗坂 良 併せ同入 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、1週前追い切りの動きは良く映りましたし、攻め過程全体を眺めても評価出来る内容が並んでいると思っています。現状でも絶好時と比較して遜色ないと思っていますし、それでいてまだあともうひと追いありますので、更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、現状ここまでオール馬券内できている坂路締め。1週前追い切りでしっかりやりましたから、当週の動きももちろん良かったですし、ここまで理想的な攻め過程を歩めたと思っています。この馬はテンションが鍵ということですから、前走時は気持ちの面を高ぶらせないようなソフトな攻め過程でしたが、今回は1週前追い切りでかなりしっかり負荷を掛けており、前走時とは一味異なる強気の仕上げに。その分最終追い切りでのテンションがどうなのかという心配はありましたが、馬は終始リラックスして走れていたと思いますし、強気の攻めもプラスに働きそうなイメージがあります。既にG1で実績を残しているように、まともに走ればここでも足りる器だと思っていますし、攻め通りならチャンスある存在だと思っています。
ケイデンスコール
最終前:中5週 B
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく坂路で悪くない内容はこなせていると思いますし、引き続き状態は維持出来ていると思っています。ただ、1週前追い切りの動きからはまだ良化の余地があるように感じましたので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、前回からそこまで変わってきたという様子はないものの、引き続き良い状態は保てているというイメージです。個人的に前回もかなりの出来にあったと思っていますので、大幅上昇はどうかなと思いつつも、マイルに戻ってどこまでやれるか楽しみではあります。
サウンドカナロア
最終前:中1週 F
最終:栗CW 良 併せ同入 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中1週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、そう大きく変わってきた様子はないものの、この馬なりに良い内容はこなせていると思います。ただ、G1で勝負になるかと言われると疑問ですし、現状でどれだけやれるのか注目したいです。
サウンドキアラ
最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、追い切り党の軸馬に指名させて頂いた前走時との比較ではどうかも、その出来は何とか保てているかなというイメージはあります。ただ、買い時は前走時だったかなとも思っていますので、今回の仕上がりでどれだけ走れるのか注目はしたいです。
サリオス
最終前:5ヶ月 S
最終:美南W 良 併せ同入 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく良い内容を積めていますし、しっかりと立て直されて春先よりも格段に良化しているイメージです。1週前追い切りではしっかり手前も替えていましたし、松山騎手が追い切りのために美浦へ駆け付けたという点にも好感が持てます。週を追うごとに良くなってきている印象で、1週前追い切りを終えた段階である程度仕上がったかなという印象を受けましたので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、馬也でも攻め動くタイプらしくら良い動きだったと思いますし、近走の中では1番良い攻め過程を歩めたと思っているくらいです。復調の気配も感じさせてくれていますし、まともに走れば足りるだけの馬だとも思っていますので、状態の良さそうな今回は楽しみがあって良い1頭なのではないでしょうか。
シュネルマイスター
最終前:中5週 A+
最終:美南W 良 併せ先着 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、前走を使っての良化は見込めると思いますし、1週前追い切りの動きも上々でした。2週続けて充実した攻め内容を消化出来ていると思いますし、このひと追い、ふた追いで更に良くなる可能性もあると思っていますので、最後のひと追いまで注目したいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い動きでしたし、前回と同じか、それ以上の仕上がりにあるという認識です。マイルに戻るのも良いでしょうし、春の時点で古馬と張り合えていましたから、成長の見込める今回は更に前進した姿を披露してくれる可能性もあるのではないでしょうか。それでいてまだ成長途上というコメントも出ていますが、未完成の中でも既に素晴らしいパフォーマンスを披露してくれていますので、ここでも楽しみがあって良い存在だと思います。
ダーリントンホール
最終前:中3週 B
最終:美南W 良 併せ先着 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく今回も良い内容を積めていると思いますし、状態はキープ出来ていると思っています。ただ、大きく変わってきたという様子はありませんので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い内容を積んできましたし、前走時の良い出来をしっかりと保てている印象です。個人的にまだ良くなる余地は残されているとは思うものの、過去の攻め過程からポテンシャルの高さは感じていましたので、穴で警戒すべき存在かなとは思っています。
ダノンザキッド
最終前:中3週 B
最終:栗CW 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく今回も良い内容を積めていると思いますし、状態はキープ出来ていると思っています。ただ、前回もかなり動けていましたし、良い時との比較でも現状やや見劣るイメージですので、あともうひと追いでどこまで上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、終い重点も攻め動くタイプらしく良い動きだったと思います。前回を使っての大幅な上積みはどうかも、この舞台替わりは個人的に良いイメージを持っていますから、人気が少しでも落ちるようであれば抑えたい1頭かなと思っています。
ホウオウアマゾン
最終前:中2週 F ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容から見ていきますと、1週前追い切りでは好時計をマークしてきましたし、順調に仕上がりは進んでいるという印象です。まだ良化の余地は残されていると思いつつも、前回を使っての上積みは見込めると思っていますので、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく良い動きだったと思いますし、前回からの上積みも見込めると思っています。この馬も力のある3歳馬だと思いますし、上昇気配も感じていますので、人気薄であれば買ってみたい存在かなと思っています。
リプレーザ
最終前:中2週 F ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗坂 良 単走 強め B
最終追い切り前の内容から見ていきますと、坂路で自己ベストを塗り替えてきましたし、具合は良いように感じています。ただ、絶好時との比較ではまだ見劣るイメージですし、良化の余地も残されていると思っていますので、あともうひと追いでどこまで上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしくまずまずの内容を消化してきました。ただ、まだ個人的には奥がある馬だと思っていますし、ダートで2勝を挙げている現状から、芝の初重賞挑戦がG1というのはなかなかハードルが高いのではないかと思っています。
レインボーフラッグ
最終前:中6週 B
最終:栗CW 良 単走 強め B ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしく良い内容を消化出来ていますし、状態は良いように感じています。ただ、良い時との比較では現状まだ見劣りするイメージですので、あともうひと追いでどこまで上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、自己ベストは塗り替えてきたものの、終いの甘さは気になりますし、回ったのもいくらか内め。使い詰めですし、そこまで大きな変わり身も見込めないと考えていますので、その中でどれだけの走りが出来るのか注目したいです。
ロータスランド
最終前:中3週 B
最終:栗坂 良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容から見ていきますと、攻め動くタイプらしくまずまず良い動きを披露出来ていますし、引き続き状態はキープ出来ていると思っています。ただ、絶好時との比較ではどうかなとも思っていますし、欲を言えばまだ良くなる余地を残している段階にあると思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく良い内容を積んできましたし、1週前追い切りを終えてからグンと良くなってきた印象です。終い重点の減速ラップでも動きは良いですし、好調時との比較でも遜色ないとみていますので、現状でどれだけやれるのか注目したいです。




各追い切りピック4

⑴最終追い切り前ピック4(※五十音順)

☑︎グレナディアガーズ

☑︎サリオス

☑︎シュネルマイスター

☑︎ホウオウアマゾン

⑵最終追い切りピック4(※五十音順)

☑︎グレナディアガーズ

☑︎サリオス

☑︎シュネルマイスター

☑︎ロータスランド

⑶最終追い切り後ピック4(※五十音順)

☑︎グレナディアガーズ

☑︎サウンドキアラ

☑︎サリオス

☑︎シュネルマイスター




調子指数




また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE