【セントウルステークス 2021】最終追い切り前の追い切り考察

どうも、優太です。

当記事ではセントウルステークス2021出走予定馬の最終追い切り前の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切りを事前に情報を持った上で見ることが出来れば、また違った見え方が可能になると思いますので、是非最後までご覧していって下さい。

最終追い切り前の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り前の追い切り考察

カレンモエ
坂路で抜群に動くタイプらしく良い内容を積めていますし、久々でも文句のない仕上がりにあるとみています。1週前追い切りを終えた時点であらかた出来上がったとは思いますが、あともうひと追い残されていますので、最終追い切りまで要注目したい1頭です。
クリノガウディー
坂路で動くタイプらしく良い内容を積めていますし、ここまで順調という印象です。1週前追い切りの内容は案外も、このひと追いでかなりピリッとした感じがしますし、全体的に良くなっていると思いますので、最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。
コンパウンダー
絶好時との比較ではどうかも、中2週でも意欲的に追われているという点には好感が持てます。個人的には前走よりも良くなってくる可能性もあると思っていますので、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。
シゲルピンクルビー
中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。
シャインガーネット
攻め動くタイプらしく併用で良い内容をこなせていますし、順調に仕上がりは進んでいるという印象です。ただ、個人的にはまだ良くなってきて良い馬だと思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。
ジャスティン
坂路で好時計は出たものの、終いはパッタリ止まっています。これだと少し評価しにくいですし、まだ良くなってきて良いとも思いますので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。
ジャンダルム
中2週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。
シャンデリアムーン
中3週でも併用でしっかり乗り込まれていますし、出来は引き続き保てていると思います。攻め過程にパンチがないので、その辺りが最終追い切りで出てくればなと思っています。
タイセイビジョン
長めをハードに追われまして、自己ベストも塗り替えてきました。まだ良くなる余地はありそうなものの、現時点でも出来はここに向けて良いと思っていますし、1週前追い切りのひと追いで更に良くなりそうなイメージもありますので、最後のひと追いまで注目したい存在です。
ナランフレグ
中1週のため時計は出せていません。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。
ピクシーナイト
坂路で乗り込み十分ですし、1週前追い切りでは素晴らしい内容を消化しています。このひと追いで更に良くなってくると思いますし、そうなれば前走以上に前進可能だと思いますので、最後のひと追いまで注目したい存在です。
ベストアクター
前走久々を使われた効果は大して感じられず、引き続き平行線という印象です。もっと良くなってきて良い馬だと思いますし、現状だと物足りませんので、最終追い切りでどれだけ良くなってくるのか注目したいです。
ボンボヤージ
中2週でも意欲的に調整されていますし、前走よりも良くなっている可能性まであるのかなと思っています。それでいてまだあともうひと追いありますので、最後のひと追いまで注目したい存在です。
メイショウチタン
除外があり、思うような過程を送れていないとは思いますが、出来は悪くないとみています。とはいえ、まだ良くなってきて良い馬だと思っていますし、良化の余地はありそうですから、最終追い切りでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。
ラヴィングアンサー
併用で乗り込まれており、攻め動くタイプらしくこなしている内容も素晴らしいものが並んでいると思います。1週前追い切りの動きも良く映りましたし、このひと追いでまた更に上向いてくる可能性もあるとみていますので、最後のひと追いまで注目したい存在です。
ラウダシオン
併用で乗り込み量は十分ですし、こなしている内容も良いです。特に1週前追い切りはビッシリとハードに追われまして、それでいて終いまでしっかりと頑張れていましたので高い評価となっています。このひと追いで更に良くなりそうですし、あともうひと追いありますので最後まで注目していきたい存在です。
レシステンシア
坂路で乗り込まれていますし、休み明けとしてはこれで良いのかなとは思いますが、個人的には先を見据えた仕上げに映っていますし、同じトライアルレースという位置付けである阪急杯の時とは悪い意味で別物だと思っています。もっと動けて良い馬ですし、ここまで攻め切れていないレシステンシアは初めてかなと思いますので、最終追い切りではどういった内容をこなしてくるのか要注目したいです。
レッドアンシェル
グンと変わってきた印象はないものの、中2週でもしっかりやれているという点は評価したいです。あともうひと追いありますので、更に上向いてくるようなら楽しみです。




⑴最終追い切り前ピック4

⑴最終追い切り前ピック4 

☑︎カレンモエ

☑︎クリノガウディー

☑︎ラヴィングアンサー

☑︎ラウダシオン




最終追い切り前の追い切り評価

 

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE