【キーンランドカップ 2021】最終追い切り前の追い切り考察

どうも、優太です。

当記事ではキーンランドカップ2021出走予定馬の最終追い切り前の全頭追い切り考察をしていきたいと思っています。

最終追い切りを事前に情報を持った上で見ることが出来れば、また違った見え方が可能になると思いますので、是非最後までご覧していって下さい。

最終追い切り前の内容を過去と比較したりして独自の視点で考察をしていますので、追い切りは重要だと感じられている方、追い切りに少しでも興味があるという方にはオススメの記事となっています。

毎回良いものをご提供出来るとは限りませんが、少しでも楽しんで頂けるよう努めていますので、もし良ければ参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

また、Twitterでは最新情報(ツイートコンテンツやブログの更新等)をいち早くお届けしていますので、もし当ブログの内容を少しでも気に入って頂けましたら併せてフォローの方もお願い致します。

フォローする




※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来なかった馬に仮で付けている評価ですので、低い評価というわけではないということをご理解頂ければと思います。その場合は最終追い切りと前走時の調整過程を加味した上で評価します。

最終追い切り前の追い切り考察

アストラエンブレム
併用で良く乗れていますし、仕上がりは順調というイメージです。ただ、攻めはもっと動けるタイプという認識ですし、まだ良くなってきて良い馬だと思っていますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。
エイティーンガール
中1週のため時計は出せていません。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。
カイザーメランジェ
中1週のため時計は出せていません。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。
カツジ
攻めはほとんど毎回良く動いてくるタイプではあるものの、函館滞在で良い内容をこなせていますし、仕上がりは順調というイメージです。ただ、過剰に評価はしたくない1頭でもありますし、まだ奥はありそうに感じていますから、最後のひと追いによる良化度合いには注目したいです。
シュウジ
攻めは動くタイプですので過剰に評価はしませんが、こなしている攻め内容は悪くないですし、休み明けでも順番と言えそうです。ただ、もっと動けて良い馬だとも思いますし、良化の余地はあると思いますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。
ジョーアラビカ
中1週のため時計は出せていません。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。
セイウンコウセイ
攻めは毎回抜群に良く動いてくる馬ですので、過剰に評価はしないものの、1週前追い切りの内容はとても良いですし、仕上がり自体は順調と言えそうです。1週前追い切りのこのひと追いで更に仕上がりは進みそうですし、最終追い切りの内容にも注目したいです。
ソロユニット
坂路で乗れてはいるものの、特に強調したい点はなくというイメージです。まだ全体的に良くなると思いますし、相手が相手ですので、最終追い切りでの上昇度合いによるかなと思います。
ダイアトニック
坂路で動くタイプらしく良い内容を積めていますし、久々でも仕上がりは順調と言えそうです。ただ、個人的にはまだ良くなってきて良い馬だと思っていますし、絶好時との比較では見劣ると思っていますので、最終追い切りによる上昇度合いには注目したいです。
タイセイアベニール
中1週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。
ビリーバー
間隔は詰まりますが、意欲的な攻め内容が目立ちますし、時計面も上々です。1週前追い切りはハードに追われたようですし、このひと追いで更に仕上がりは進むと思われますので、最終追い切りによる良化度合いには注目したいです。
ヒロイックアゲン
中1週のため時計は出せていません。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。
マイネルアルケミー
中1週のため時計は出せていません。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。
ミッキーブリランテ
札幌滞在で調整が進められていますが、こなしている内容は良いですし、引き続き状態は良好と判断しています。前走と同じくらいか、それ以上の仕上がりにあると判断していますので、最終追い切りにも引き続き注目したいです。
メイケイエール
攻め動くタイプらしく良い内容を積めていますし、久々でも力は出せる出来に仕上がりつつあるのかなという印象です。1週前追い切りではジョッキーを背に追い切りを消化出来ていますし、この馬にとっては待望の1200m戦だと思いますので、最終追い切り次第ではここでも主役を張れる1頭かなという認識です。
メイショウチタン
大きく変わってきたという様子はないものの、攻め動くタイプらしく良い内容を積めていますし、引き続き状態は保てているという印象です。攻めの良さが実戦に直結しないというのが現状どうかと思うのですが、素質は秘めていると思いますので、最後のひと追いまで注目して見ていきたいです。
レイハリア
この馬自身、これまでは毎回坂路主体の調整だったのですが、今回は初めてウッドチップコース主体の調整に。こなしている内容も良いですし、何よりウッドチップコースで攻められているという点には好感が持てます。1週前追い切りも馬場の悪い中で好内容をこなせていますし、このひと追いで更に上向いてくる可能性もあると思いますから、最後のひと追いまで注目したい1頭です。
ロードアクア
中1週のため軽めの調整程度です。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。




最終追い切り前の追い切り評価

 

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE